田中芳樹『銀河英雄伝説』

My favorite 99 books

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

『銀河英雄伝説』
徳間文庫/徳間デュアル文庫/創元SF文庫
星雲賞日本長編部門(1988)受賞
時は“宇宙暦八世紀”だし、舞台は“銀河系”。 どこからどう見てもSFなんだけど、この“セレクト100冊”に「歴史小説」のカテゴリがあれば、そちらに分類するところである。 全10巻(現在刊行中のデュアル文庫では全20巻)という長尺で描かれるのは、まさに歴史の“うねり”そのものであるし、歴史を動かしていく者と歴史に翻弄されていく者との人間ドラマである。 世代を越えた意志の継続と人物の成長も描かれているし、“大河小説”といってもいいだろう。
 告白すると、アニメ作品やゲームの存在もあって長いこと“オタク”のものだと思って敬遠していた(まあ実際その方向での熱狂的なファンも多いみたいだけど)。 そして半信半疑で手にとって今度は登場人物一覧に唖然。 文庫版第2巻でいうと、巻頭の“登場人物”に記載されているのは40人を超える。 でもって人名が長い(笑)。 ラインハルト・フォン・ローエングラム、ジークフリード・キルヒアイス、アンネローゼ・フォン・グリューネワルト、パウル・フォン・オーベルシュタイン、ウォルフガング・ミッターマイヤー、エトセトラ、エトセトラ……。 「外国の小説は人の名前が覚えられんけん読めん」という故郷の母だったら、間違いなくここで本を閉じる。 でも大丈夫。 ここに名前が出てこない登場人物の名前も覚えてしまうくらい、各々の登場人物は個性的だし、その組み合わせも絶妙である。 “登場人物”覧に戻らなくても、いや、そんな余裕すら与えないほど、ストーリーに引きずり込まれることを保証する(でも故郷の母には無理かも……)。
 全10巻という長尺も気にならない。 2巻まで読ませてしまえば田中芳樹の勝ちである(さすがにビックリした)。 7巻に至ると、もう止まらない(田中芳樹は皆殺し)。 全10巻読み終えても、外伝が4冊もあるオマケつき。 読まないときっと損をする。

銀河英雄伝説 1 黎明編

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2007
銀河系に一大王朝を築きあげた帝国と、民主主義を掲げる自由惑星同盟が繰り広げる飽くなき闘争のなか、若き帝国の将“常勝の天才”ラインハルト・フォン・ローエングラムと、同盟が誇る不世出の軍略家“不敗の魔術師”ヤン・ウェンリーは相まみえた。この二人の智将の邂逅が、のちに銀河系の命運を大きく揺るがすことになる。日本SF史に名を刻む壮大な宇宙叙事詩、星雲賞受賞作。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 2 野望編

銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2007
自由惑星同盟でクーデター勃発。叛徒鎮圧の命令がヤンに下るが、首都を制圧したその首謀者は、彼が篤く信頼を寄せていた人物だった。一方帝国でも、皇帝崩御以降激化する貴族間の権力闘争の渦中に身を置くラインハルトに、新たな試練が課されようとしていた。不敗の魔術師と常勝の天才、二人の英雄の決断が、銀河史に新たな波瀾を呼ぶ。巻措く能わざるスペース・オペラ、第二巻。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 3 雌伏編

銀河英雄伝説〈3〉雌伏篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2007
亡き親友との銀河の覇者となる約束を果すべく決意を新たにしたラインハルトに、イゼルローン攻略のための大計が献じられた。その裏で暗躍する第三勢力フェザーンの狙いとは。一方、ユリアンの初陣からの帰還に安堵する間もなく、ヤンは査問会に召喚され、同盟首都に向かう。だがその隙を衝くようにイゼルローンの眼前に帝国軍要塞が出現。巨大要塞同士の戦いの火蓋が切られた。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 4 策謀編

銀河英雄伝説〈4〉策謀篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2007
第三勢力フェザーンに操られた門閥貴族の残党が七歳の皇帝を誘拐、自由惑星同盟の協力を得て帝国正統政府樹立を宣した。だが、フェザーン高官と密約を交わしていたラインハルトはこの状況を逆手に取り、フェザーン回廊を通って同盟へ大進攻することを目論む。その真意を見抜きながらもイゼルローン防衛から動けぬヤンと、帝国軍の双璧の一人ロイエンタールの死闘が幕を開けた。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 5 風雲編

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2007
フェザーンを制圧下に置いた帝国軍は、今や同盟首都の目前にまで迫っていた。ヤンはイゼルローン要塞放棄を決断、民間人を保護しつつ首都へ急行する。圧倒的な優勢を誇る敵軍に対し、ヤンは奇策を用いて帝国の智将たちを破っていくが、ラインハルトの大胆な行動により、彼との正面決戦を余儀なくされる。再び戦火を交える“常勝”と“不敗”。勝者となるのははたしてどちらか。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 6 飛翔編

銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2007
今や至尊の冠を戴く存在となったラインハルトを襲う暗殺事件。各処で暗躍する“地球教団”の差し金と知り、ラインハルトは彼らの聖地たる地球に軍を派遣する。一方、悠々自適の退役生活を楽しむヤンも、己の周囲に監視網が巡らされていることに気づく。やがてある日、彼の元を黒服に身を包んだ男たちが訪れた。一度は平穏の時を迎えた銀河は、再び動乱に呑まれようとしていた。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 7 怒濤編

銀河英雄伝説〈7〉怒涛篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2008
退役生活に別れを告げ、“不正規隊”を連れエル・ファシルの独立革命政府と合流したヤンは、二度目のイゼルローン攻略を目論む。一方、自由惑星同盟を完全に粉砕するべく、首都ハイネセンへ艦隊を差し向けたラインハルトに、同盟軍の宿将ビュコックが最後の抗戦を試みた。圧倒的劣勢のなか、護るべきもののために立ち上がった老将と若き皇帝の激戦は、英雄たちに何をもたらすのか。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 8 乱離編

銀河英雄伝説 8 乱離篇 (8)(創元SF文庫 た1-8)

創元SF文庫 2008
宿敵ヤン・ウェンリーと雌雄を決するべく、帝国軍の総力をイゼルローン回廊に結集させた皇帝ラインハルト。ついに“常勝”と“不敗”、最後の決戦の火蓋が切って落とされた。激戦に次ぐ激戦の中、帝国軍、不正規隊双方の名将が相次いで斃れる。ようやく停戦の契機が訪れたその時、予想し得ぬ「事件」が勃発し、両陣営に激しい衝撃を与えた。銀河英雄叙事詩の雄編、怒涛の急展開。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 9 回天編

銀河英雄伝説〈9〉回天篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2008
前指導者の遺志を継ぎ、共和政府を樹立した不正規隊の面々。司令官職を引き受けたユリアンは、周囲の助力を得て、責任を全うすべく奔走する。帝国では皇帝暗殺未遂事件が発生、暗殺者の正体を知ったラインハルトは過去に犯した罪業に直面し、苦悩する。そして新領土総督ロイエンタール謀叛の噂が流れるなか、敢えて彼の地に向かうラインハルトを、次なる衝撃が待ち受けていた。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説 10 落日編

銀河英雄伝説 〈10〉 落日篇 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2008
腹心の部下ヒルダを皇妃に迎え、世継ぎの誕生を待つばかりとなったラインハルト。旧同盟領に潜む地球教残党のテロ、元自治領主の暗躍、度重なる病の兆候など懸念は尽きないが、数々の苦難を経て、新王朝はようやく安泰を迎えたかに見えた。一方、“魔術師ヤン”の後継者ユリアンは、共和政府自らが仕掛ける最初にして最後の戦いを決断する。銀河英雄叙事詩の正伝、堂々の完結。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説外伝 1 星を砕く者

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2008
自由惑星同盟との不毛な戦闘を繰り返す銀河帝国。ラインハルト・フォン・ミューゼルは、皇帝に奪われた最愛の姉を取り戻すため、親友とともに現王朝打倒を誓う。二人は多くの敵に囲まれながら、時機をまっていた。そしてある夜、危機に瀕した僚友を救うため、金銀妖瞳の青年士官が彼らのもとを訪れる。正伝を溯ること一年、新帝国の枢軸を担った勇将たちの邂逅を描く外伝第一弾。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説外伝 2 ユリアンのイゼルローン日記

銀河英雄伝説外伝〈2〉ユリアンのイゼルローン日記 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2008
最前線イゼルローン要塞への引越を機に、日記をつけ始めた少年ユリアン。彼は師父ヤン・ウェンリーをはじめとする、個性豊かな同盟軍の面々と過ごす日々を綴ってゆく。その日常の裏で、銀河帝国を二分する権力闘争や同盟内の不穏分子の動向に目を向けるヤンは、次なる戦いに思いを馳せていた。そして、帝国との捕虜交換式がイゼルローンで行なわれる事になり…。外伝第二弾。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説外伝 3 千億の星、千億の光

銀河英雄伝説外伝〈3〉千億の星、千億の光 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2009
銀河帝国からの亡命者とその子孫で構成される“薔薇の騎士”連隊。副隊長のシェーンコップはある偵察任務のさなかに、かつて部下たちを見捨てて帝国に下った元上官リューネブルクの姿を敵軍の中に見出した。一方、弱冠一八歳にして少将の地位を得たラインハルトは、現在隊を共にする野心家のリューネブルクを警戒しつつも、彼を取り巻く複雑な事情に興味を抱く。外伝第三弾登場。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説外伝 4 螺旋迷宮

銀河英雄伝説外伝4 螺旋迷宮 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2009
惑星エル・ファシルからの民間人救出の功により、突如若き英雄となったヤン・ウェンリーに、新たな任務が課せられた。43年前に戦死した、同盟軍の勇将アッシュビーの死に対する謀殺疑惑を晴らすこと。彼が戦場で見せた神業のような用兵。ともに死線をくぐり抜けた戦友たちとの複雑な関係。死せる英雄の光と闇を追う探偵行は、若き智将を入り組んだ謎の迷宮へと導く。外伝第四弾。
徳間デュアル文庫 徳間デュアル文庫

銀河英雄伝説外伝 5 黄金の翼

銀河英雄伝説外伝5 黄金の翼 (創元SF文庫)

創元SF文庫 2009
腐敗した貴族制度を一掃し、最愛の姉を皇帝から取り戻す―ラインハルトとその親友キルヒアイスは、銀河帝国の現王朝打倒を誓い合った。二人に課される試練の日日を綴る「黄金の翼」他、自由惑星同盟の“古き良き時代”を飾った英雄たちの活躍を描く「ダゴン星域会戦記」など、多彩な魅力に溢れる五短篇を収める。著者が創作の舞台裏を明かす、貴重なロングインタビューを併録。
徳間デュアル文庫



コミック版

銀河英雄伝説

道原かつみ/作画 Animage chara comics
銀河英雄伝説 (1) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (2) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (3) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (4) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (5) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (6) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (7) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (8) (Animage chara comics) 銀河英雄伝説 (9) (Chara comics) 銀河英雄伝説 (10) (Chara comics) 銀河英雄伝説 (11) (Chara comics) 黄金の翼―銀河英雄伝説外伝 (Chara comics)
銀河英雄伝説 1 愛蔵版 (アニメージュコミックス) 銀河英雄伝説 2 愛蔵版 (アニメージュコミックス) 銀河英雄伝説 3 愛蔵版 (アニメージュコミックス) 銀河英雄伝説 4 愛蔵版 (アニメージュコミックス) 銀河英雄伝説 5 愛蔵版 (アニメージュコミックス) 銀河英雄伝説 6 愛蔵版 (アニメージュコミックス)

銀河英雄伝説 英雄たちの肖像

道原かつみ/作画 リュウコミックス
銀河英雄伝説~英雄たちの肖像~(1) (リュウコミックス) 銀河英雄伝説~英雄たちの肖像~(2) (リュウコミックス) 銀河英雄伝説~英雄たちの肖像 3(リュウコミックス)



OVA版

銀河英雄伝説

【主要スタッフ】総監督:石黒昇、シリーズ構成・脚本:河中志摩夫、総作画監督:清水恵蔵、キャラクターデザイン:奥田万つ里・久米一成・清水恵蔵、音響監督:明田川進
【主要キャスト】ラインハルト(堀川亮)、ヤン(富山敬)、キルヒアイス(広中雅志)、ユリアン(佐々木望)、ミッターマイヤー(森功至)、ロイエンタール(若本規夫)、フレデリカ(榊原良子)、キャゼルヌ(キートン山田)

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX1

Blu-ray BOX1
【収録内容】
本伝:Vol.1〜7
外伝:「わが征くは星の大海」「新たなる戦いの序曲」「黄金の翼」

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX2

Blu-ray BOX2
【収録内容】
本伝:Vol.8〜14
外伝:「螺旋迷宮」

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX3

Blu-ray BOX3
【収録内容】
本伝:Vol.15〜22
外伝:「白銀の谷」「叛乱者」「決闘者」「奪還者」

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX4

Blu-ray BOX4
【収録内容】
本伝:Vol.23〜28
外伝:「朝の夢、夜の歌」「千億の星、千億の光」「第三次ティアマト会戦」「汚名」