J.R.R.トールキン『指輪物語』

My favorite 99 books

『指輪物語』評論社 1972-75/評論社文庫 1977
恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ。―世界中のヤングを熱狂させた、不滅の傑作ファンタジー。旧版の訳にさらに推敲を加え、新たに『追補編』を収録した「新版」です。トールキン生誕100年記念出版。


指輪物語 第1部 旅の仲間

『指輪物語 旅の仲間』
新版 指輪物語〈1〉/旅の仲間〈上〉 新版 指輪物語〈2〉/旅の仲間〈下〉 新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫) 新版 指輪物語〈2〉旅の仲間 上2 (評論社文庫) 新版 指輪物語〈3〉旅の仲間 下1 (評論社文庫) 新版 指輪物語〈4〉旅の仲間 下2 (評論社文庫)

指輪物語 第2部 二つの塔

『指輪物語 二つの塔』
新版 指輪物語〈3〉/二つの塔〈上〉 新版 指輪物語〈4〉/二つの塔〈下〉 新版 指輪物語〈5〉二つの塔 上1 (評論社文庫) 新版 指輪物語〈6〉二つの塔 上2 (評論社文庫) 新版 指輪物語〈7〉二つの塔 下 (評論社文庫)

指輪物語 第3部 王の帰還

『指輪物語 王の帰還』
新版 指輪物語〈5〉/王の帰還〈上〉 新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉 新版 指輪物語〈8〉王の帰還 上 (評論社文庫) 新版 指輪物語〈9〉王の帰還 下 (評論社文庫) * 新版 指輪物語〈追補編〉 指輪物語 (10)  新版 追補編

映画版

ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語 [DVD]

「指輪物語」 THE LORD OF THE RINGS, 1978(米)
監督:ラルフ・バクシ、脚本:クリス・コンクリング、ピーター・S・ビーグル
出演(声):クリストファー・ガード、ウィリアム・スクワイアー、マイケル・スコールズ、ジョン・ハート、サイモン・チャンドラー

ロード・オブ・ザ・リング [Blu-ray]

「ロード・オブ・ザ・リング」 THE LORD OF THE RINGS: THE FELLOWSHIP OF THE RING, 2001(米/NZ)
監督・脚本:ピーター・ジャクソン、脚本:フラン・ウォルシュほか、撮影:アンドリュー・レスニー
出演:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、リヴ・タイラー、ヴィゴ・モーテンセン、ショーン・アスティン、ケイト・ブランシェット、ジョン・リス=デイヴィス、ビリー・ボイド、ドミニク・モナハン、オーランド・ブルーム、クリストファー・リー、ショーン・ビーン、アンディ・サーキス、イアン・ホルム


ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 【Blu-ray】

「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」 THE LORD OF THE RINGS: THE TWO TOWERS, 2002(米/NZ)
監督・脚本:ピーター・ジャクソン、脚本:フラン・ウォルシュほか、撮影:アンドリュー・レスニー
出演:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、リヴ・タイラー、ヴィゴ・モーテンセン、ショーン・アスティン、ケイト・ブランシェット、ジョン・リス=デイヴィス、バーナード・ヒル、ビリー・ボイド、ドミニク・モナハン、オーランド・ブルーム、クリストファー・リー、アンディ・サーキス


ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 【Blu-ray】

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING, 2003(米/NZ)
監督・脚本:ピーター・ジャクソン、脚本:フラン・ウォルシュほか、撮影:アンドリュー・レスニー
出演:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、リヴ・タイラー、ヴィゴ・モーテンセン、ショーン・アスティン、ケイト・ブランシェット、ジョン・リス=デイヴィス、バーナード・ヒル、ビリー・ボイド、ドミニク・モナハン、オーランド・ブルーム、アンディ・サーキス




主な著作

The Hobbit, 1937

ホビットの冒険 改版

「ホビットの冒険」瀬田貞二訳 岩波書店 1965/岩波少年文庫 1979/岩波少年文庫(特装版) 1990/岩波書店(岩波世界児童文学集6) 1993/岩波書店(物語コレクション) 1999
「ホビット ゆきてかえりし物語」山本史郎訳 原書房 1997
ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫) ホビットの冒険〈下〉 (岩波少年文庫) ホビットの冒険 (上) (物語コレクション) ホビットの冒険 (下) (物語コレクション) ホビット―ゆきてかえりし物語 [第四版・注釈版]

Bilbo's Last Song, 1974

ビルボの別れの歌―灰色港にて (大型絵本)

「ビルボの別れの歌」脇明子訳 岩波書店 1991

The Father Christmas Letters, 1976

ファーザー・クリスマス―サンタ・クロースからの手紙

「サンタ・クロースからの手紙」瀬田貞二訳 評論社 1976
「ファーザー・クリスマス―サンタ・クロースからの手紙」瀬田貞二ほか訳 評論社 2006
本書では、絵本版で採録されていなかった1920年から1924年までの5年分、そして1939年から1943年までの4年分が新たに加えられ、前回は割愛されていた部分を含め、手紙の全文が紹介されています。サンタのふるえ文字や装飾文字、行間、余白に施された飾りやイラスト、手作り北極切手や封筒、興趣尽きない水彩画の数々、北極グマの折れくぎ文字など絵本版になかったものも含め多く紹介されています。


The Silmarillion, 1977

新版 シルマリルの物語

「シルマリルの物語」田中明子訳 評論社 1981/82
「新版 シルマリルの物語」田中明子訳 評論社 2003
傑作ファンタジー『指輪物語』に先立つ、壮大な神話世界の集大成。従来〈上下巻〉だったものを一冊にまとめ、エルフ語の表記も発音に即し一部改訂。トールキンの手紙も収録。わかりやすく、読みやすくなった待望の〈新版〉。
ローカス賞ファンタジイ長篇部門(1978年)受賞

Unfinished Tales, 1980

終わらざりし物語 上

「終わらざりし物語」脇明子訳 岩波書店 1991
エアレンディルの父であり、アラゴルンへと続くヌーメノール王家の祖である、トゥオルのエルフの隠れ王国へといたる、苦難と不思議の旅路。冥王モルゴスの憎しみを一身に受けた不屈なるフーリンと、その子、竜退治のトゥーリン・トゥランバールに降りかかった過酷な運命。中つ国のギル=ガラドと親交を結び、サウロンの危機に対処し港を創建した、ヌーメノールの王とその妻の物語。魔法の森ローリエンの奥方ガラドリエルとケレボルンをめぐるいくつもの伝説。

---

農夫ジャイルズの冒険―トールキン小品集

「農夫ジャイルズの冒険」吉田新一訳 都市出版社 1972/評論社(てのり文庫) 1991/研究社出版(英米児童文学選集) 1990/評論社 2002
よく晴れた、のどかなハム村の夜のこと。道に迷った、まぬけな巨人がやってきた。そこで火を噴く、農夫ジャイルズのらっぱ銃。武勇をかわれたジャイルズは、竜退治に出かけるはめに…。粋で軽快な、明るい笑いにあふれた物語「農夫ジャイルズの冒険」。子どもの祭りのケーキには、妖精の星が入っていた。それを飲んだかじやの息子は、やがてかじやとなり、美しく、機能的な品々を作り出す…。妖精の国と現実世界とのかかわりを描く「星をのんだかじや」。へっぽこ画家のニグルは、「木」の絵の完成を急いでいる。しかし、完成しないまま、定められた旅(死)に出ることに…。人生における芸術的創造の意味と、魂の本質的な救済について語られる「ニグルの木の葉」。『指輪物語』でおなじみのトム・ボンバディルの詩ほか16篇が収められた「トム・ボンバディルの冒険」。



Web Links

  1. The Encyclopedia of Arda
  2. The Tolkien Society
  3. ウィキペディア
  4. Internet Speculative Fiction Database