江戸川乱歩賞受賞作リスト

第1回(1955年)

中島河太郎「探偵小説辞典」

第2回(1956年)

早川書房「ポケット・ミステリ」の出版

第3回(1957年)

仁木悦子「猫は知っていた」

第4回(1958年)

多岐川恭「濡れた心」

第5回(1959年)

新章文子「危険な関係」

第6回(1960年)

受賞作なし

第7回(1961年)

陳舜臣「枯草の根」

第8回(1962年)

戸川昌子「大いなる幻影」

佐賀潜「華やかな死体」

第9回(1963年)

藤村正太「孤独なアスファルト」

第10回(1964年)

西東登「蟻の木の下で」

第11回(1965年)

西村京太郎「天使の傷痕」

天使の傷痕 (講談社文庫 に 1-1)

講談社 1965/…/講談社文庫 1976
武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇した。瀕死の被害者は「テン」とつぶやいて息をひきとった。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、直接事件を目撃した田島は新聞記者らしい関心から周辺を洗う。「テン」とは天使と分ったが、事件の背景には意外な事実が隠れていた。第11回乱歩賞受賞。
西村京太郎著作リスト

第12回(1966年)

斎藤栄「殺人の棋譜」

第13回(1967年)

海渡英祐「伯林−一八八八年」

第14回(1968年)

受賞作なし

第15回(1969年)

森村誠一「高層の死角」

第16回(1970年)

大谷羊太郎「殺意の演奏」

第17回(1971年)

受賞作なし

第18回(1972年)

和久峻三「仮面法廷」

第19回(1973年)

小峰元「アルキメデスは手を汚さない」

第20回(1974年)

小林久三「暗黒告知」

第21回(1975年)

日下圭介「蝶たちは今…」

第22回(1976年)

伴野朗「五十万年の死角」

第23回(1977年)

藤本泉「時をきざむ潮」

梶龍雄「透明な季節」

第24回(1978年)

栗本薫「ぼくらの時代」

第25回(1979年)

高柳芳夫「プラハからの道化たち」

第26回(1980年)

井沢元彦「猿丸幻視行」

第27回(1981年)

長井彬「原子炉の蟹」

第28回(1982年)

岡嶋二人「焦茶色のパステル」

焦茶色のパステル (講談社文庫)

講談社ノベルズ 1982/講談社文庫 1984
東北の牧場で,牧場長と競馬評論家・大友隆一が殺され,サラブレッドの母子,モンパレットとパステルも撃たれた。競馬の知識のない隆一の妻・香苗を怪事件が次々に襲う。一連の事件の裏には,競馬会を揺るがす恐るべき事実が隠されていた。注目の共作作家の傑作競馬ミステリー。
岡嶋二人著作リスト

中津文彦「黄金流砂」

第29回(1983年)

高橋克彦「写楽殺人事件」

第30回(1984年)

鳥井加南子「天女の末裔」

第31回(1985年)

東野圭吾「放課後」

cover

講談社 1985/講談社文庫 1988
校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将――犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が……。乱歩賞受賞の青春推理。
東野圭吾『私が彼を殺した』+著作リスト

森雅裕「モーツァルトは子守唄を歌わない」

cover

講談社 1985/講談社文庫 1988/KKベストセラーズ「森雅裕幻コレクション1」 1997/ブッキング 2005
モーツァルトの子守唄が世に出た時、“魔笛”作家が幽閉され、楽譜屋は奇怪な死を遂げる――。その陰に策動するウィーン宮廷、フリーメーソンの脅しにもめげず、ベートーヴェン、チェルニー師弟は子守唄に秘められたメッセージを解読。1791年の楽聖の死にまつわる陰謀は明らかとなるか。
森雅裕『椿姫を見ませんか』+著作リスト

第32回(1986年)

山崎洋子「花園の迷宮」

第33回(1987年)

石井敏弘「風のターンロード」

第34回(1988年)

坂本光一「白色の残像」

第35回(1989年)

長坂秀佳「浅草エノケン一座の嵐」

第36回(1990年)

鳥羽亮「剣の道殺人事件」

阿部陽一「フェニックスの弔鐘」

第37回(1991年)

鳴海章「ナイトダンサー」

真保裕一「連鎖」

cover

講談社 1991/講談社文庫 1994
チェルノブイリ原発事故による放射能汚染食品がヨーロッパから検査対象外の別の国経由で輸入されていた。厚生省の元食品衛生監視員として、汚染食品の横流しの真相究明に乗りだした羽川にやがて死の脅迫が……。重量感にあふれた、意外性豊かな、第37回江戸川乱歩賞受賞のハードボイルド・ミステリー。
真保裕一『奪取』+著作リスト

第38回(1992年)

川田弥一郎「白く長い廊下」

第39回(1993年)

桐野夏生「顔に降りかかる雨」

第40回(1994年)

中嶋博行「検察捜査」

第41回(1995年)

藤原伊織「テロリストのパラソル」

第42回(1996年)

渡辺容子「左手に告げるなかれ」

第43回(1997年)

野沢尚「破線のマリス」

第44回(1998年)

池井戸潤「果つる底なき」

福井晴敏「Twelve Y. O.」

Twelve Y.O. (講談社文庫)

講談社 1998/講談社文庫 2001
沖縄から米海兵隊が撤退した。それは米国防総省が、たった一人のテロリストに屈服した瞬間だった。テロリストの名は「12」。最強のコンピュータウィルス「アポトーシス2」と謎の兵器「ウルマ」を使い、米国防総省を脅迫しつづける「12」の正体は?真の目的は?圧倒的スケールの江戸川乱歩賞受賞作。
福井晴敏『テアトル東向島アカデミー賞』+著作リスト

第45回(1999年)

新野剛志「八月のマルクス」

第46回(2000年)

首藤瓜於「脳男」

第47回(2001年)

高野和明「13階段」

第48回(2002年)

三浦明博「滅びのモノクローム」(受賞時「亡兆のモノクローム」)

第49回(2003年)

不知火京介「マッチメイク」

赤井三尋「翳りゆく夏」(受賞時「二十年目の恩讐」)

第50回(2004年)

神山裕右「カタコンベ」

第51回(2005年)

薬丸岳「天使のナイフ」

第52回(2006年)

鏑木蓮「東京ダモイ」

早瀬乱「三年坂 火の夢」

第53回(2007年)

曽根圭介「沈底魚」

第54回(2008年)

翔田寛「誘拐児」

末浦広海「訣別の森」(受賞時「猛き咆哮の果て」)

第55回(2009年)

遠藤武文「プリズン・トリック」(受賞時「三十九条の過失」)

第56回(2010年)

横関大「再会」(受賞時「再会のタイムカプセル」)

第57回(2011年)

川瀬七緒「よろずのことに気をつけよ」

玖村まゆみ「完盗オンサイト」(受賞時「クライミング ハイ」)

第58回(2012年)

高野史緒「カラマーゾフの兄妹」