二階堂黎人著作リスト

1992

地獄の奇術師

cover

講談社/講談社ノベルス 1994/講談社文庫 1995
十字架屋敷と呼ばれる実業家の邸宅に、ミイラのような男が出没した。顔中に包帯を巻いた、異様な恰好である。自らを「地獄の奇術師」と名乗り、復讐のためにこの実業家一族を皆殺しにすると予告をしたのだ。「地獄の奇術師」の目的は何なのか。女子高生で名探偵、二階堂蘭子の推理が冴え渡る、本格探偵小説。


吸血の家

cover

立風書房/立風ノベルス 1995/講談社文庫 1999
江戸時代から遊廓を営んでいた旧家にもたらされた殺人予告。かつて狂死した遊女の怨霊祓いの夜、果たして起きた二つの殺人事件。折しも乱舞する雪は、二十四年前の惨劇にも似て……。名探偵・二階堂蘭子が解きあかす「密室」そして「足跡なき殺人」の謎。美しき三姉妹を弄ぶ滅びの運命とは!? 本格長編推理。


1993

聖アウスラ修道院の惨劇

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 1996
野尻湖畔にある修道院の塔で起こった二つの密室殺人。満開の桜の枝に、裸で逆さに吊るされた神父の首なし死体。ヨハネ黙示録に見たてた連続殺人。そして、不可解な暗号文も発見されたのだ。神秘の領域で惨劇が繰り返される。名探偵・二階堂蘭子の推理が、ついに暴き出した地下文書庫に隠された驚愕の真実。


1994

悪霊の館

cover

立風書房/立風ノベルス 1996/講談社文庫 2000
不気味な逆五芒星の中央に捧げられた二重鍵密室の首なし死体。邸内を徘徊する西洋甲胄姿の亡霊。資産家一族の住む大邸宅で、黒魔術のミサを思わせる血みどろの惨劇が続く。当主はなぜ警察の介入を拒むのか。そして、「呪われた遺言」に隠された真実を追う名探偵・二階堂蘭子にもついに殺人者の魔の手が迫る。

1995

ユリ迷宮

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 1998
バイカル湖近くの豪壮な館が吹雪の中で忽然と消えてしまうトリックの見事な「ロシア館の謎」。コントラクトブリッジのパーティーという衆人環視の中で殺人が行われる「劇薬」。誰も入れない密閉状態の新築高級マンションで殺人事件が起きる「密室のユリ」の計三篇。名探偵・二階堂蘭子の推理が冴える初の短篇集。
「ロシア館の謎」「密室のユリ」「劇薬」


軽井沢マジック

軽井沢マジック (講談社文庫)

トクマ・ノベルズ/徳間文庫 1997/講談社文庫 2008
ファッションもクルマも超一流のイケメンなのに、なぜか周囲から変人扱い。そんな上司の水乃サトルをひそかに慕う美並由加理は、出張帰りに軽井沢で途中下車しようと誘われてドキドキ。ところが二人が降りた特急から血塗れの死体が見つかって…。名探偵水乃サトルが誕生した記念すべき長編ミステリー。


1996

人狼城の恐怖 第1部ドイツ編

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 2001
独仏国境の険しい渓谷の上に屹立する双子の古城・人狼城。ドイツ側“銀の狼城”に招かれた十人の客に用意されていたのは、凄惨な殺しの宴であった。二重に閉ざされた密室での首切り、中世の石弓による射殺……。謎と伝説に彩られた古城に隠された秘密とは何か?全四部、四千枚を超える本格推理小説の大傑作。


私が捜した少年

cover

双葉社/双葉ノベルス 1998/講談社文庫 2000
渋柿信介、独身。ライセンスを持たない私立探偵。日常のしがらみに追われながらも、鋭敏な頭脳と大胆な行動力とで、次々に舞い込む事件を解決へと導く。友人の弟が失踪し、行方を追った渋柿は、一見無関係と思われた殺人事件の鍵を握った。本格推理の騎手が放つ傑作ハードボイルド・ミステリー。全五編収録。
「私が捜した少年」「アリバイのア」「キリタンポ村から消えた男」「センチメンタル・ハートブレイク」「渋柿とマックスの山」
cover コミック 「渋柿信介の事件簿―歯なしの探偵」
河内実加/作画 秋田コミックスサスペリア 2002

奇跡島の不思議

cover

角川書店/角川文庫 2001
孤島、“奇跡島”。昭和初期、名家の娘の手により享楽の館が築かれたが、彼女の不可解な死以来封印されてきた魔島。そこに眠る膨大な美術品を鑑定するために島を訪れた美大の芸術サークル。彼らを出迎えたのは凄惨な連続殺人だった。脱出不可能のパニックのなか、メンバーは自ら犯人を探し始める……。これぞ、本格推理小説!著者が全霊を込めて取り組んだ“フーダニット 犯人探し”。厳密な論理と巧妙な道具立てで読者に挑戦する意欲作。


1997

バラ迷宮

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 2000
人間大砲の轟音とともに、舞台にバラバラ死体が降り注ぐ「サーカスの怪人」。被害者は必ず顔面の皮をはがされ、頭部を持ち去られる「喰顔鬼」。火の気のない密室で、人間が突如発火し、焼死する「火炎の魔」。複雑怪奇な6つの殺人事件を、名探偵・二階堂蘭子が鮮やかに解き明かす、趣向に満ちた本格推理傑作集。
「変装の家」「サーカスの怪人」「薔薇の家の殺人」
cover コミック 「薔薇の家の殺人」
秋田コミックスサスペリア 2001

人狼城の恐怖 第2部フランス編

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 2001
幽玄なる山岳地帯、独仏国境の深い渓谷を挟んで対峙する双子の古城・人狼城。フランス側“青の狼城”を訪れた社交サロンのメンバーは、酸鼻極まる連続殺人の犠牲となっていく。恐るべき殺戮を繰り返す神出鬼没の殺人鬼「人狼」の正体は?名探偵・二階堂蘭子の登場を待たずして、あなたは真相に迫れるか。


1998

人狼城の恐怖 第3部探偵編

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 2001
合計二十人もの死者を数える人狼城殺人事件解決のため、名探偵・二階堂蘭子は欧州へ飛んだ。だが、人狼城からの唯一の生還者は人格を破壊され、有力な証人は何者かによって命を絶たれていた。蘭子が鋭敏な推理力から看破した犠牲者たちをつなぐ“失われた環”とは?空前絶後の謎と恐怖、いよいよ佳境へ。


人狼城の恐怖 第4部完結編

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 2001
人狼城殺人事件の怪異に満ちた謎のすべてが、名探偵・二階堂蘭子の冷徹な論理によってついに解き明かされる。死屍累々たる惨劇の舞台“人狼城”で、蘭子を迎えた真犯人とは?その想像を絶する殺人動機とは?そして不可能を可能ならしめた驚天動地の大トリックとは!? 本格推理小説の金字塔、華麗なる完結。


名探偵水乃紗杜留の大冒険

cover

実業之日本社/トクマ・ノベルズ 2000
《改題》『名探偵水乃サトルの大冒険」講談社文庫 2002
長身、美形の水乃サトルは旅行会社課長代理。だが、度を越した多趣味と奇行から社内では変人の烙印を押されている。部下の新人OLと共に出張した岡山の村で、横溝正史の名作を模した殺人事件に巻き込まれる「『本陣殺人事件』の殺人」他、ミステリー初心者からディープなファンまで楽しめる本格推理小説集。
「ビールの家の冒険」「ヘルマフロディトス」「『本陣殺人事件』の殺人」「空より来たる怪物」


1999

名探偵の肖像

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 2002
探偵としてもすぐれた才能を発揮した怪盗アルセーヌ・ルパン。アリバイ崩しの鬼貫警部。密室殺人を解くヘンリー・メリヴェール卿。往年の名探偵の華麗な推理に挑戦した贋作を含む短編五作、敬愛するJ・D・カーについての芦辺拓氏との対談、随筆を一挙収録。本格推理を愛するすべての人に捧ぐ必読の一冊。

クロへの長い道

cover

双葉社/講談社文庫 2003
私の名は渋柿。一匹狼の私立探偵。独身で六歳の、ちょっとシャイな黄色人種。母親や知人たちは、私のことを気安く“しんちゃん”と呼ぶ―。ライセンスを持たない幼児探偵が難事件を次々と解決していくハードボイルド感漂う表題作、「見えない人」をテーマに描いた『八百屋の死にざま』など四編を収録。
スマイルは遠すぎる―渋柿信介の事件簿2 (秋田コミックスサスペリア) コミック 「スマイルは遠すぎる―渋柿信介の事件簿2」
河内実加/作画 秋田コミックスサスペリア 2004

諏訪湖マジック

諏訪湖マジック (徳間文庫)

トクマ・ノベルズ/徳間文庫 2002
JR大宮駅北側の陸橋から、高崎線上り列車めがけて投げ落とされた、身元不明の死体。警視庁捜査一課の馬田権之介刑事は、二ヶ月前にも同じ場所で主婦の投身自殺があったことを聞き、その関連性に首を捻った。一方、“日本アンタレス旅行社”に勤務する水乃サトルは出張先の諏訪で、かつての同僚安場今日子から、行方不明の父親昭一の捜索を依頼される。昭一は郷土史研究家として有名で、武田信玄の墓を探索中であったという…。稀代の美形かつ変人名探偵・水乃サトルが挑む、驚天動地のアリバイトリックの真相は。


白銀荘の殺人鬼

白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)

愛川晶との合作
カッパノベルス/光文社文庫 2004
スキー客で賑わうペンション「白銀荘」。そこに血腥い殺人鬼の匂いを纏った客が紛れ込んだ。多重人格症に悩む彼女は、ある目的を果たすため、連続殺人をもくろんでいた。おりしも、豪雪により白銀荘は外界と遮断された密室状態に!そして、相次ぐ殺人―。さらなる悪夢が。今、血の惨劇の幕が開く!本格推理の鬼才二人によるサイコ・ミステリーの傑作、登場。

2001

悪魔のラビリンス

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 2004
三重密室殺人と人体消失。寝台特急「あさかぜ」の個室で起こった、世にも怪奇な事件。さらに、若い男性の全裸死体が氷柱の中に陳列されたガラス御殿の謎。悪夢、混沌、泥沼……。「殺人の美学」を纒った魔王ラビリンスの企てに、蘭子は「純粋論理」を楯に推理の槍を突きつける。怪人対名探偵の対決は、果たして……。

Killer X

Killer X キラー・エックス (光文社文庫)

黒田研二との合作
カッパノベルス/光文社文庫 2006
大雪に閉ざされた山荘に招かれた6人の男女。同窓会と思いやって来た彼らを待っていたのは、変わり果てた恩師の姿だった。下半身の自由を失い、大きな傷を負った顔は、不気味な仮面に覆われていたのだ。頻発する“突き落とし魔”事件との関係は―。外界から隔絶された世界で、謎の殺人鬼が牙を剥く!実力派作家2人がタッグを組んだ、超絶的本格ミステリ。

2002

宇宙捜査艦「ギガンテス」

宇宙捜査艦「ギガンテス」 (徳間デュアル文庫)

徳間デュアル文庫
殺人現場は密室―!? 汎用小型宇宙惑星「SV998」の地球環境居住区で発見されたのは、地球人の親善大使の死体だった。事件の担当を命じられたのは、乗組員すべてが宇宙軍諜報部所属の特別捜査官である、捜査艦「ギガンテス」菜葉樹人のリコッロブ艦長、地球人のシュトルム副長たちは、亜空間ワープ航法で現場へと急行する。ザルルン帝国の和平のために派遣されていた大使は、なぜ、無惨な死を迎えたのか?本格推理小説の旗手が初挑戦する長篇SFミステリー意欲作。デュアル文庫オリジナル。


宇宙神の不思議

cover

角川書店/角川文庫 2005
水乃サトル、21歳の大学3年生。185センチの長身にモデルのように整った顔立ち。しかし、事件とあれば何にでも首を突っ込んでは推理したがる自称「名探偵」だ。ある日、サトルは「幼い頃に宇宙人に誘拐され、宇宙船に連れ込まれた」という驚くべき記憶を持つ少女・宣子と出会う。宣子の過去に興味を持ち、さっそく調査を始めたサトル。だが、彼の行く先々に「宇宙人の存在を信じる」という奇妙な教義を持つ宗教団体が現れて――。宇宙規模の謎をサトルは解き明かせるのか?『奇跡島の不思議』に続く長編本格推理。


増加博士と目減卿

cover

原書房/講談社文庫 2006
山賊髭を生やした赤ら顔の名探偵・増加博士が華麗に(?)謎を解き明かす! 作品の登場人物が、自分が推理小説の中のキャラクターであること、これから事件が起きることなどを知っているという設定のメタ・ミステリー。「『Y』の悲劇―『Y』がふえる」「最高にして最良の密室」「雷鳴の轟く塔の秘密」を収録。


千年岳の殺人鬼

千年岳の殺人鬼 (光文社文庫)

黒田研二との合作
カッパノベルス/光文社文庫 2007
千年岳スキー場では、奇妙なタイムスリップ現象が噂されていた。そこへ、オーストラリアの日本語学校のグループが訪れる。ヘリスキーに興じる一行は、ある人物の企みでコースを外れてしまう。突然一人が不可解な死を遂げ、さらに一行の凄惨な最期を記した“未来手帳”が出現。殺人鬼はこの中にいるのか?本格推理の雄、二人による超絶的スキー・ミステリの逸品。

2003

猪苗代マジック

猪苗代マジック (文春文庫)

文藝春秋/文春文庫 2006
猪苗代の高級スキー・リゾートで凄惨な連続殺人事件が発生した。死体のかたわらには“処刑魔”の署名が入った犯行声明文が。それは十年前の“処刑魔連続殺人事件”と同じ手口だったが、“処刑魔”はすでに逮捕され、死刑に処せられていた。狡猾な模倣犯を追い、鉄壁のアリバイと密室殺人の謎に挑む水乃サトル。


2004

ドアの向こう側

ドアの向こう側 (講談社文庫)

双葉社/講談社文庫 2007
「私の名は渋柿。悪ガキではない」幼稚園の同級生であるカオルコちゃんのウサギが失踪した。捜査で浮かび上がったのは近所でも偏屈で有名な老人、木佐権左衛門―。元アイドルでスピード狂のママとハンサムな刑事のパパを従えて、シンちゃんの推理がクールに冴える本格ハードボイルド・シリーズ最新作。

魔術王事件

魔術王事件 上 (講談社文庫 に 22-20)

講談社ノベルス/講談社文庫 2007
時は昭和40年代、所は北海道・函館。呪われた家宝として、名家・宝生家に伝わる《炎の目》《白い牙》《黒の心》。この妖美な宝石の奪略を目論み、宝生家の人間たちを執拗なまでに恐怖へと引き摺り込む、世紀の大犯罪者《魔術王》。密室殺人、死体消失、大量猟奇殺人……。名探偵・二階堂蘭子が、冷静沈着かつ美的な推理で偽りの黄金仮面に隠された真犯人に挑む!

永遠の館の殺人

永遠の館の殺人 (光文社文庫)

黒田研二との合作
カッパノベルス/光文社文庫 2009
I県竜飛岳スキー場。コースを外れた俺とヒカルは、吹雪の中、死の瀬戸際に立たされていた。そこに忽然と現れた屋敷。主人は高名な作家で、妻子と使用人とともにひっそりと暮らしていた。まるで何かを隠しているかのような、怪しげな行動…。そして、他の滞在者たちも巻き込んだ連続殺人の幕が開く―。次々と消える死体の謎とは?驚天動地の超合作ミステリー。

2005

稀覯人の不思議

稀覯人の不思議 (光文社文庫)

カッパノベルス/光文社文庫 2008
手塚治虫愛好会の会長が自宅の離れで殺され、貴重な手塚マンガの古書が盗まれた。しかも、その部屋は完璧なる密室に仕立てられていた。犯人は、やはり手塚マニアなのか?また、どんな方法で密室を創り出したのか?愛好会の一員である大学生・水乃サトルは、持ち前の頭脳と博識で、真犯人を追いつめてゆく、鮮やかな論理とトリック!スリリングな傑作長編。

カーの復讐

カーの復讐 (講談社文庫)

◇講談社ミステリーランド/講談社文庫 2010
古代エジプトの発掘品がパリで一般公開されるのを機に、王家の秘宝“ホルスの眼”を狙うルパン。しかし発掘者のボーバン博士の城館にミイラ男が出没し、展覧会をやめろという脅迫状が届く。そしてついに博士の一族が殺され、新聞社編集長に扮したルパンは連続密室殺人の謎に挑むことに。傑作ミステリー長編。

2006

聖域の殺戮

聖域の殺戮 (講談社文庫)

講談社ノベルス/講談社文庫 2010
24世紀、氷電人によって聖域と呼ばれる惑星バルガに上陸した恒星連邦の調査団が全員殺害された。発見されたのは着衣のまま胴体が消失した多くの死体と、ただ一人密室で撲殺された地球人女性の死体。この不可解な殺戮は未だ知られざる怪物の仕業なのか?SFにして本格ミステリの醍醐味に溢れた意欲作。

僕らが愛した手塚治虫

僕らが愛した手塚治虫

小学館

2007

小説 鉄腕アトム 火星のガロン

小説 鉄腕アトム 火星のガロン (KCノベルス)

講談社KCノベルス
火星の北極基地が何者かに襲撃された!かつて火星探検隊隊長を務めたことがあるアトムは、調査隊として、お茶の水博士たちとロボット宇宙艇と共に、火星に向かうことに。クイーン博士の調査結果から、この数ヵ月の宇宙空間での事件は魔神ガロンが関係しているのではないかとの疑念が持ち上がった。ガロンは人類に脅威をもたらす巨大ロボット。もしまだこの宇宙に存在しているとしたら大変だ。地球を飛び出した宇宙艇は、宇宙海賊王・金三角に狙われ、更に驚くべき事件に遭遇する…。はたして、アトムはみんなを無事救出できるのか―。二階堂黎人が『鉄腕アトム』のノベルスに挑む。あの魔神ガロンとアトムがふたたび対決。

双面獣事件

双面獣事件(上) (講談社文庫)

講談社ノベルス/講談社文庫 2011
2つの顔と4本の手を持ち、目から殺人光線を出し、口からは毒ガスを吐く、途轍もなく醜い化け物が島民全員を虐殺した―。地図にも載っていない南海の孤島で第二次大戦末期に起きた凄惨な事件を語る女性の話は本当なのか?旧日本軍の密命によって生み出された魔獣によって今再び悪夢が繰り返される。

ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子

ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子 (講談社文庫)

千澤のり子との合作・宗形キメラ名義
講談社ノベルス/講談社文庫 2011
警視庁を辞めて私立探偵になった桐山真紀子は、埼玉県初の女性知事に警護を依頼されて銃弾を受けた。そのリハビリ中に、姪の早麻理からネットで見つけたルームメイトがいなくなったので探してほしいと頼まれる。彼女の部屋に入ると、ポスターに隠された壁一面に罵倒や呪詛の言葉が書き殴られていた―。

2008

鬼蟻村マジック

鬼蟻村マジック (文春文庫)

原書房/文春文庫 2012
会社の先輩・臼田竹美に、実家で婚約者のふりをしてほしいと頼まれた水乃サトルは、長野県の北端にある寒村・鬼蟻村を訪れ、連続殺人事件に巻き込まれる。村に残る鬼伝説と昭和13年に起きた不可思議な密室からの犯人消失事件の謎も含め、すべての真相を明らかにすべく、サトルの頭脳はフル回転を始める。

僕らが愛した手塚治虫2

僕らが愛した手塚治虫〈2〉

小学館

2009

智天使(ケルビム)の不思議

智天使の不思議 (光文社文庫)

光文社/光文社文庫 2012
昭和二十八年、一人の金貸しが殺された。警察は没落華族の若い女とその家の元使用人を犯人と断定。だが、二人には難攻不落のアリバイがあり、事件は迷宮入りしてしまう。女は後に、一躍、人気マンガ家となるが、三十四年後、今度は彼女の元夫が不審死を遂げる―。二つの事件を追う名探偵・水乃サトルは、悪魔的な完全犯罪計画を見破れるのか?究極の本格推理。

レクイエム 私立探偵・桐山真紀子

レクイエム 私立探偵・桐山真紀子 (講談社ノベルス)

千澤のり子との合作
講談社ノベルス
26名もの命を奪った「幼稚園バス爆破事件」被告人・相沢光則、裁判で犯行を否認!探偵・桐山真紀子は真相究明にあたるが、警察見解、目撃者証言ともに相沢犯人説を裏付けるものばかり。新証言も得られず、調査が難航する中、事件関係者が殺害された。少女の霊の祟りだと都市伝説を持ち出す者も…。殺人事件の真相とは?爆破事件に真犯人は存在するのか。

2010

誘拐犯の不思議

誘拐犯の不思議

光文社
写真を見た二之宮彩子は、十ヶ月ほど前に自らが被害者となった、身代金目的の誘拐事件の顛末を語り始める。彼女は無事救出され、事態は収束しているが、犯人はみつからず、未解決のまま。捜査に乗り出した水乃サトルは、真犯人によって完璧に構築されたアリバイの前に立ち尽くすことになる…。名探偵と誘拐犯の、緊迫感に満たち対決!迫真の本格推理長編。

2011

東尋坊マジック

東尋坊マジック

実業之日本社
1996年、旅行代理店勤務の名探偵・水乃サトルは、部下の由加理と東尋坊で銃殺事件に遭遇。被害者は海に転落、犯人は姿をくらます。饒舌な犯罪知識が地元警察に怪しまれ、サトルは連行されてしまう。サトルが照会を求めたのは警視庁の馬田刑事。馬田は釈放されたサトルに猟奇事件への助力を求める。それは76年から日本海各地で発生、鬘や化粧を施した上で女性を惨殺するという手口だった。東尋坊事件の数日前に、第四の犠牲者が発見されたばかりだったのだ。サトルたちは第一の事件現場から検証を開始、過去と現在にまたがる事件解決に乗り出すが、猟奇的な犯行にはさらなる意図が隠されていた―。本格推理とトラベル・ミステリーの融合。

2012

僕らが愛した手塚治虫《激動編》

僕らが愛した手塚治虫≪激動編≫

原書房

覇王の死 二階堂蘭子の帰還

覇王の死 二階堂蘭子の帰還 (講談社ノベルス)

講談社ノベルス
資産家・邑知家の血を受け継ぐ尾崎智仁と瓜二つの極貧青年・青木俊治。莫大な財産を求めて、智仁になりすました彼は能登半島の眞塊村へと向かう。だが待ちうけていたのは青年の命を脅かす惨劇!村を襲う怪物、狂気にかられる村人、猟奇殺人、魔王ラビリンスからの殺人予告、密室殺人…。外界から閉ざされ、多くの因習が残る村で、名探偵・二階堂蘭子は真相に辿りつけるのか?そして“蘭子vs.ラビリンス”最後の戦いへ。

増加博士の事件簿

増加博士の事件簿 (講談社ノベルス)

講談社ノベルス
半分に千切られたトランプ、血染めの五芒星、手に握られた釣り餌、口の中の割れた茶碗、鼻の穴に突っ込まれた指……凶悪事件現場に遺されたあまりに不可解なダイイング・メッセージ。その真相に巨漢の名探偵・増加博士と痩身の羽鳥警部の凸凹コンビが挑む!不可能犯罪、トリック、ユーモア、そしてウンチクがたっぷりと詰まった“頭脳刺激”系ミステリー誕生!