アリステア・マクリーン著作リスト

1955

HMS Ulysses

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))

「女王陛下のユリシーズ号」村上博基訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1967/ハヤカワ文庫NV 1972
海水が氷片となって男たちの顔をたたきつけた――が、大英帝国海軍の名誉にかけて、不撓不屈の男たちの海軍魂は火と燃えて、ドイツ軍のはげしい攻撃に立ち向かった! 『ナヴァロンの要塞』でイギリス冒険小説の第一人者となった作者がはなつ、英国軍艦ユリシーズ号の波瀾万丈の大冒険譚!

1957

The Guns of Navarone

ナヴァロンの要塞 (ハヤカワ文庫 NV 131)

「ナバロンの要塞」平井イサク訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1966
「ナヴァロンの要塞」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1971/ハヤカワ文庫 1977
エーゲ海にそびえたつ難攻不落のナチスの要塞、ナヴァロン! その巨砲のために連合軍が払った犠牲は測り知れない。身体きわまった司令部は、遂にマロリー大尉ら精鋭5人に特命を下した――ナヴァロンの要塞を爆破せよ! 頭脳と体力の限りを尽くして不可能に挑む男たちの姿を重厚な筆致で描いた、冒険小説の金字塔。
ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD] Movie「ナバロンの要塞」The Guns of Navarone, 1961(米)
監督:J・リー・トンプソン、出演:グレゴリー・ペック、デビット・ニーブン、アンソニー・クイン

South by Java Head

シンガポール脱出 (ハヤカワ文庫 NV 157)

「シンガポール脱出」伊藤哲訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1971/ハヤカワ文庫 1977

1959

The Last Frontier / The Secret Ways

最後の国境線 (ハヤカワ文庫 NV 132)

「最後の国境線」矢野徹訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1968/ハヤカワ文庫 1977
弾道学の世界的権威、ジェニングズ教授を救出せよ! 密命を帯びて、単身共産国ハンガリーへと潜入した英国特別工作員レナルズ大尉。襲いくる残虐非道な秘密警察AVOとの死闘は、極寒の大雪原を血に染めて展開する! 強烈なアクション、スピード、サスペンス――王者が放つ冒険ロマンの最高峰。
Movie「秘密諜報機関」The Secret Ways, 1961(米)
監督:フィル・カールソン、出演:リチャード・ウィドマーク、ソニア・ツィーマン、センタ・バーガー

Night Without End

北極戦線 (ハヤカワ文庫 NV 147)

「北極戦線」森崎潤一郎訳 ハヤカワ・ノヴェルズ/ハヤカワ文庫 1977

1961

Fear is the Key

恐怖の関門 (ハヤカワ文庫 NV 135)

「恐怖の関門」伊藤哲訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1968/ハヤカワ文庫 1977
Movie「爆走!」Fear is the Key, 1972(英)
監督:マイケル・タックナー、出演:バリー・ニューマン、スージー・ケンドール、ジョン・ヴァーノン

The Dark Crusader / The Black Shrike

黒い十字軍 (ハヤカワ文庫NV)

「黒い十字軍」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1975/ハヤカワ文庫NV 1987
航空力学、電子工学などの分野で世界をリードする科学者たちがつぎつぎと行方を絶った。彼らはみな、妻同伴でオーストラリアの新しい職場に向かう途中であった。真相究明を命じられた英国情報部員ベンタルとマリーは、科学者夫妻に変装して、オーストラリアに飛ぶ。だが、中継地フィジーで武装した謎の一団に拉致され、老朽貨物船の船倉に閉じこめられてしまった!いずことも知れぬ目的地に向かう船上から決死の脱出を試みる二人を待ちうけるものは?冒険小説の王者が、最新鋭ミサイルをめぐる陰謀と闘う情報部員の姿をスリリングに描く!

1962

The Golden Rendezvous

黄金のランデヴー (ハヤカワ文庫 NV 153)

「黄金のランデヴー」伊藤哲訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1969/ハヤカワ文庫 1977
Movie「黄金のランデブー」Golden Rendezvous, 1977(米=南ア)
監督:アシュレイ・ラザルス、出演:リチャード・ハリス、アン・ターケル、バージェス・メレディス

The Satan Bug as Ian Stuart

悪魔の兵器 (ハヤカワ文庫NV)

「悪魔の兵器」青木秀夫訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1969
「悪魔の兵器」平井イサク訳 ハヤカワ文庫NV 1989
生物兵器の開発では世界の最先端を行くイギリスのモードン研究所。その実験室に何者かが侵入し、所員を殺害した上、恐るべきウイルス、サタン・バグを奪い去った。このウイルスは微量で全世界を破滅させることができる。これを防ぐワクチンは発見されていない。前警備部長のキャヴェルは内部の犯行と見て、調査を開始。だが不敵な犯人は、研究所を閉鎖しなければ、奪った生物兵器をロンドンで撤くと通告してきた。果たしてキャヴェルは残された時間で犯人の正体を暴き、惨事を阻止できるか?冒険小説の王者が忍び寄る生物兵器の恐怖を描く。
Movie「サタンバグ」The Satan Bug, 1964(米)
監督:ジョン・スタージェス、出演:ジョージ・マハリス、リチャード・ベースハート、アン・フランシス

All about Lawrence of Arabia

1963

Ice Station Zebra

北極基地潜航作戦 (ハヤカワ文庫 NV 327)

「北極基地潜航作戦」高橋泰邦訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1973/ハヤカワ文庫NV 1983
北極の基地 潜航大作戦 [DVD] Movie「北極の基地 潜航大作戦」Ice Station Zebra, 1968(米)
監督:ジョン・スタージェス、出演:ロック・ハドソン、アーネスト・ボーグナイン、ジム・ブラウン

1966

When Eight Bells Toll

八点鐘が鳴る時 (ハヤカワ文庫 NV 218)

「八点鐘が鳴る時」矢野徹訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1968/ハヤカワ文庫 1980
Movie「八点鐘が鳴るとき」When Eight Bells Toll, 1971(米英)
監督:エティ・ペリエ、脚本:アリステア・マクリーン、出演:アンソニー・ホプキンス、ナタリー・ドロン、ジャック・ホーキンス

1967

Where Eagles Dare

荒鷲の要塞 (ハヤカワ文庫 NV 162)

「荒鷲の要塞」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1968/ハヤカワ文庫 1977
連合軍の一高官がドイツ軍に捕われた。監禁された場所はアルプス山中にそびえたつ鉄壁のゲシュタポ本部。英国情報部の精鋭スミス少佐ら8名は吹雪をついて決死の潜入をはかった。だが、彼らの中にはナチスの二重スパイが潜んでいた! 強烈なスリルとアクション、二重三重のどんでん返し――冒険小説の最高傑作。
荒鷲の要塞 [DVD] Movie「荒鷲の要塞」Where Eagles Dare, 1968(米)
監督:ブライアン・G・ハットン、脚本:アリステア・マクリーン、出演:リチャード・バートン、クリント・イーストウッド、メアリー・ユーア

1968

Force 10 From Navarone

ナヴァロンの嵐 (ハヤカワ文庫 NV 136)

「ナバロンの嵐」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1970
「ナヴァロンの嵐」平井イサク訳 ハヤカワ文庫 1977
ナヴァロンの巨砲爆破に成功したマロリー大尉ら3人を待っていたのは、新たな極秘任務だった。現在、ドイツ軍はユーゴ最大の要所ネレトヴァ渓谷に戦力を結集しつつある。が、そこには画かんな戦いを続ける7000名のパルチザン将兵がいるのだ。彼らの命を救え! マロリーたちは敵軍の真只中へと潜入していった!
ナバロンの嵐 [DVD] Movie「ナバロンの嵐」Force 10 from Navarone, 1978(米)
監督:ガイ・ハミルトン、出演:ハリソン・フォード、ロバート・ショウ、エドワード・フォックス

1969

Puppet on a Chain

麻薬運河 (ハヤカワ文庫 NV 139)

「麻薬運河」矢野徹訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1970/ハヤカワ文庫 1977
Movie「デンジャー・ポイント」Puppet on a Chain, 1972(英)
監督:ジョフリー・リーブ、脚本:アリステア・マクリーン、出演:スベン・バーティル・タウベ、バーバラ・パーキンス、アレクサンダー・ノックス

1970

Caravan to Vaccarès

巡礼のキャラバン隊 (1977年) (ハヤカワ文庫―NV)

「巡礼のキャラバン隊」高橋豊訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1971/ハヤカワ文庫 1977
Movie「地獄のキャラバン隊」Caravan to Vaccares, 1975(英=仏)
監督:ジョフリー・リーブ、出演:シャーロット・ランプリング、デビッド・バーニー、ミシェル・ロンデール

1971

Bear Island

北海の墓場 (ハヤカワ文庫 NV 214)

「北海の墓場」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1971/ハヤカワ文庫 1979
Movie「オーロラ殺人事件」Bear Island, 1979(英)
監督:ドン・シャープ、出演:リチャード・ウィドマーク、ドナルド・サザーランド、クリストファー・リー

1972

Alistair MacLean Introduces Scotland
Captain Cook

キャプテン・クックの航海

「キャプテン・クックの航海」越智道雄訳 早川書房 1982

1973

The Way to Dusty Death

歪んだサーキット (ハヤカワ文庫 NV (255))

「歪んだサーキット」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1977/ハヤカワ文庫NV 1981
Movie「デッドショット」The Way to Dusty Death, 1996(米)
監督:ジョフリィ・リーヴ、出演:リンダ・ハミルトン、サイモン・マコーキンデイル、アンソニー・バレンタイン

1974

Breakheart Pass

軍用列車 (ハヤカワ文庫 NV 242)

「軍用列車」矢野徹訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1975/ハヤカワ文庫 1981
漠たる雪原を、峻険な山岳地帯を疾駆する合衆国陸軍徴用の列車。その使命は、コレラに冒された砦へ救援物資を輸送することだった。乗り合わせたのは指揮官の大佐をはじめ、多数の騎兵隊員、ネヴァダ州知事と彼の姪、新任牧師、連邦保安官、それにお尋ね者のガンマン。彼らにとって、当面の敵は酷寒と獰猛なインディアンだけだけのはずだった――車内で姿なき殺人鬼の凶行が開始されるまでは!果たして誰が、何のために? そして砦に待ち受ける意外な事実とは? 本格冒険小説の王者が19世紀のアメリカ西部を舞台に描き上げた異色のアクション篇!
軍用列車 [DVD] Movie「軍用列車」Breakheart Pass, 1975(米)
監督:トム・グリース、脚本:アリステア・マクリーン、出演:チャールズ・ブロンソン、ベン・ジョンスン、リチャード・クレンナ

1975

Circus

地獄の綱渡り (ハヤカワ文庫 NV マ 1-15)

「地獄の綱渡り」矢野徹訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1976/ハヤカワ文庫 1981

1976

The Golden Gate

金門橋 (ハヤカワ文庫NV)

「金門橋」乾信一郎訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1978/ハヤカワ文庫NV 1988
アメリカ大統領とアラブ産油国の国王らを乗せた専用バスが金門橋上で強奪された。知能犯ブランソン率いる犯人グループは、橋の交通を遮断し、爆薬を設置する。彼らの目的は5億ドルの身代金。要求が受けいれられぬ場合には、橋を爆破するという。現場に駆けつけた政府首脳らもブランソンの完璧な計画に、なすすべもない。だが、さしもの知能犯も、大統領一行の中にFBIのリブソンが潜んでいるとは知るよしもなかった―。かくて史上空前の大犯罪をめぐり、熾烈な頭脳戦が開始される!風光明媚なカリフォルニアに展開する大型冒険アクション。

1977

Seawitch

魔女の海域 (ハヤカワ文庫NV)

「魔女の海域」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1979/ハヤカワ文庫NV 1990
メキシコ湾に浮かぶ巨大な石油採掘デッキ“シー・ウィッチ”。石油王ワース卿が最新の科学技術を駆使して建造したこの装置は安い石油の大量供給を可能にした。だがそれは石油市場を陰で支配する男たちには許すことのできない事態だった。石油価格の下落を防止するため、世界有数の爆破の戦門家クロンカイトにシー・ウィッチの破壊が依頼される。周到かつ巧妙な手段でワース卿を追いつめてゆくクロンカイト。シー・ウィッチ破壊のため、彼がとった驚異の作戦とは?巨大な海の魔物をめぐる息づまる攻防戦を王者マクリーンがスリリングに描く。

Goodbye California

さらばカリフォルニア (ハヤカワ文庫NV)

「さらばカリフォルニア」矢野徹訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1980/ハヤカワ文庫NV 1991
ロサンゼルス近郊の原子力発電所が、テロ集団に襲撃された。犯人たちは放射性物質を強奪し、さらに原子力物理学者と職員数名を誘拐―。そこにはライダー主任刑事の妻スーザンも含まれていた。愛する妻を救うべく、必死の捜査を続けるライダー。一方、盗んだ放射性物質から核爆弾を製造したテロ集団の首領モロは、これを使用してカリフォルニア州全域を壊滅させると通告してきた。核テロリズムの恐怖を描く冒険サスペンス。

1980

Athabasca

雪原の炎 (ハヤカワ文庫NV)

「雪原の炎」小倉多加志訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1983/ハヤカワ文庫NV 1992
最新設備を誇るアラスカの石油基地にパイプライン破壊の予告状が届き、次いでポンプ・ステーションが爆破された。油田事故調査員のダーモットは調査を開始、犯人が基地内部に潜んでいることを突き止める。だが、ほぼ同時にカナダの油田にも同じ内容の脅迫が届けられ、今度は誘拐事件が起きていた。二つの油田地帯を襲った黒い影を追って、ダーモットは極北の大雪原を駆ける。巨匠が男たちの息詰まる対決を描く冒険小説。

1981

River of Death

死の激流 (1984年) (Hayakawa novels)

「死の激流」平井イサク訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1984
TV「デス・リバー」River of Death, 1989(米)
監督:スティーブ・カーバー、出演:マイケル・ダディコフ、ロバート・ヴォーン、ドナルド・プレザンス

1982

Partisans

パルチザン (1984年) (Hayakawa novels)

「パルチザン」冬川亘訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1984

1983

Floodgate

防潮門 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

「防潮門」沢川進訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1985

1984

San Andreas

サン・アンドレアス号の脱出 (Hayakawa Novels)

「サン・アンドレアス号の脱出」後藤安彦訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1986

1985

The Lonely Sea

孤独の海 (ハヤカワ文庫NV)

「孤独の海」高津幸枝ほか訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1987/ハヤカワ文庫NV 1992
数多くの傑作を世に送り出し、冒険小説の王者と称されたマクリーン。彼の唯一の短篇集である本書は、『女王陛下のユリシーズ号』を生み出すきっかけとなった記念すべき処女短篇「ディリーズ号」や、ドイツ海軍の誇る巨艦が撃沈されるまでの数日間を克明に再現した「戦艦ビスマルクの最期」、軽妙なショート・ショート「金時計」など、さまざまな角度から海と人間のドラマを描いた珠玉の14篇を収録。冒険小説ファン必読。

1986

Santorini

サントリーニの牙 (Hayakawa Novels)

「サントリーニの牙」大熊栄訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1988