フリッツ・ライバー著作リスト

Bibliography

1945

Destiny Times Three

1947

Night's Black Agents*

1950

Gather, Darkness!

闇よ、つどえ!

「闇よ、つどえ!」川口正吉訳 ハヤカワSFシリーズ 1965
「闇よ、つどえ!」風見潤訳 ハヤカワ文庫 1981

1952

Conjure Wife

妻という名の魔女たち (創元SF文庫)

「妻という名の魔女たち」大瀧啓裕訳 サンリオSF文庫 1978/創元推理文庫 2003
大学で文化人類学を教えるノーマンは、最愛の妻の部屋で奇妙な品々を見つけた。いずれも魔術の道具である。彼は妻を叱って、すべて捨てさせたのだが…。そのときから、順風満帆かと思われていた彼の教員生活は、一転して不運にさらされる。あの品々は、本当に彼の身を守ってくれていたのだろうか。鬼才作家ライバーが魔術を斬新な観点からとらえたモダン・クラシックの名作。

1953

The Green Millennium
You're All Alone / The Sinful Ones

1957

Two Sought Adventure*

1958

The Big Time

「ビッグ・タイム」青木日出夫訳 サンリオSF文庫 1978
この宇宙の時間と空間、生と死の彼方で改良戦争(チェンジ・ウォー)と呼ばれる果てしない暗闘がつづけられている。この過去と未来が混在する大いなる時間(ビッグ・タイム)のなかで、あらゆる場所が融合した場所(プレイス)で、スパイダー軍とスネーク軍が闘うこの宇宙戦争に窮極の勝利などはない。この見えない闘いそのものがわれわれの宇宙の歴史の原動力なのだ。スパイダー軍のグレタは、この戦いに傷ついた戦士たちをなぐさめるエンターテイナーと呼ばれる看護婦である。死から再生された戦士たち……月世界人と半人半獣が原子爆弾の函を《場所》に持ちこんだ。それをめぐる味方同志の対立、そして《場所》を制御するメインテナーの消失、やがて《場所》は漂流し、原子爆弾の爆発まで30分と迫る。宇宙戦争にとって平和とは? 真実の現在とは? 過去の改良は、未来をどう形成するか? 饒舌で眩惑的な文体を駆使し、壮大な歴史観を展開するプラスチック・タイム・オペラの傑作! 1958年度ヒューゴー賞受賞。
ヒューゴー賞長篇部門(1958年)受賞

1961

The Mind Spider and Other Stories*

1962

The Silver Eggheads
Shadows With Eyes*

1964

The Wanderer

放浪惑星 (創元SF文庫)

「放浪惑星」永井淳訳 創元推理文庫 1973
突如、月の近くに出現した未知の惑星が、その巨大な重力によって月を捕捉、粉砕し、地球にも影響を及ぼしはじめた。人々はこの惑星を《放浪者》と名付けた。やがて、《放浪者》の宇宙船に拉致された地球人の目に明らかになったのは、超空間を永遠にさまよい続けるこの惑星の悲劇的な運命であった。ヒューゴー賞に輝く巨編!
ヒューゴー賞長篇部門(1965年)受賞

Ships to the Stars*
A Pail of Air*

バケツ一杯の空気 (1980年) (サンリオSF文庫)

「バケツ一杯の空気」山下論一/深町眞理子訳 サンリオSF文庫 1980

1966

Tarzan and the Valley of Gold
The Night of the Wolf*

1968

A Specter is Haunting Texas
Swords in the Mist*

霧の中の二剣士 (創元推理文庫)

〈ファファード&グレイ・マウザー〉シリーズ
「霧の中の二剣士」大谷圭二訳 創元推理文庫 1982
「霧の中の二剣士」浅倉久志訳 創元推理文庫 2005
さまざまな敵と戦ってきた血盟の二剣士、ファファードとグレイ・マウザー。二人は誰も予想しえなかった新たな冒険に踏み出した。ランクマーの都の闇に忽然と姿を現す邪悪の化身、“内海”で呼びこまれた海中の隧道での怪異、さらに次元と時間の扉を越え、魔道士の呪いを解くため“霧という名の城”探索にのりだした二人を待ち受ける宇宙の脅威とは?剣と魔法の連作、第3弾。

Swords Against Wizardry*

妖魔と二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー4> (創元推理文庫)

〈ファファード&グレイ・マウザー〉シリーズ
「妖魔と二剣士」浅倉久志訳 創元推理文庫 2005
ネーウォン世界の最高峰、スタードック。その頂上に眠る宝石を求め、ファファードとグレイ・マウザーは前人未踏の雪山に挑む。だが、二人を待ち受けていたのは苛酷な自然の脅威ばかりでなく、透明飛行魚の襲撃をはじめとする妖異の連続だった!さらに、迷路のごとき地底王国の兄弟王子に、個々に用心棒剣士として雇われてしまった二人の冒険を描く、剣と魔法のシリーズ第4弾。

The Swords of Lankhmar

ランクマーの二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー5>

〈ファファード&グレイ・マウザー〉シリーズ
「ランクマーの二剣士」浅倉久志訳 創元推理文庫 2005
ファファードとグレイ・マウザーは君主の命を受け、他国への贈り物を積んだ船団の警護につく。異界からの侵入者の助けを借りて、からくも使命を果たしたのだが…復命のため戻ったマウザーを待っていたのは、ランクマー全都を震撼させる大陰謀だった。マウザーの窮地を知って、戦乱の地を抜け風雲急を告げる古の都へと馳せるファファード。シリーズ初にして唯一の長編登場。

The Secret Songs*

1969

Night Monsters*
The Demons of the Upper Air*

1970

Swords and Deviltry*

魔の都の二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー1> (創元推理文庫)

〈ファファード&グレイ・マウザー〉シリーズ
「魔の都の二剣士」大谷圭二訳 創元推理文庫 1977
「魔の都の二剣士」浅倉久志訳 創元推理文庫 2004
北国生まれの大男ファファードと南国生まれの小男グレイ・マウザー。本巻ではこの二人の英雄が、名高い古の首都ランクマーで運命的に出会い、まんまと“海賊結社”の上前をはねたものの妖術によって互いに愛する者を喪い、復讐に燃えて大殺陣を繰り広げる顛末までが語られる。最も優れたヒロイック・ファンタジーの連作にしてヒューゴー・ネビュラ両賞を受賞したシリーズ開幕編。

Swords Against Death*

死神と二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー2> (創元推理文庫)

〈ファファード&グレイ・マウザー〉シリーズ
「死神と二剣士」大谷圭二訳 創元推理文庫 1978
「死神と二剣士」浅倉久志訳 創元推理文庫 2004
最愛の恋人を失ったファファードとグレイ・マウザーは、忌わしい過去の忘却と新たな明日を求め、さい果ての地へと旅を続ける。だが奇怪な魔法使いの予言どおり、ふたたび彼らは、あの呪われたいにしえの都ランクマーへ舞い戻ってゆくのだった。夜の闇を裂いて凶鳥が飛び、失われた古代大陸を探して幻のガレー船が大海をさまよう。めくるめく剣と魔法の世界を描くシリーズ第2弾。

1972

You're All Alone*

1974

The Book of Fritz Leiber*
The Best of Fritz Leiber*

1975

The Second Book of Fritz Leiber*

1976

The Worlds of Fritz Leiber

1977

Swords and Ice Magic*
Our Lady of Darkness

闇の聖母 (ハヤカワ文庫 SF 361)

「闇の聖母」深町眞理子訳 ハヤカワ文庫 1979

Rime Isle*

1978

Heroes and Horrors*
Bazaar of the Bizarre*
Sonnets to Jonquil and All*
The Change War*

1979

Ship of Shadows

1983

Changewar
The Ghost Light*

1988

The Knight and Knave of Swords*

1990

The Leiber Chronicles*

1992

Gummitch and Friends*
Kreativity for Kats and Other Feline Fantasies*

1997

The Best of Fritz Leiber*

2000

Lankhmar: Tales of Fafhrd and the Gray Mouser*

2001

The Black Gondolier*

2002

Smoke Ghost and Other Apparitions*
Day Dark, Night Bright

2004

Horrible Imaginings*

日本オリジナル

A Bit of the Dark World

闇の世界 夜と闇のファンタジー (ソノラマ文庫海外シリーズ)

「闇の世界」竹生淑子訳 朝日ソノラマ文庫海外シリーズ 1986
「なぜか、『星々の間の黒い空間』という言葉が僕にとってきわめつけの恐怖なのだ」―そして、その暗闇が地上におりて来る…!?鏡と鏡の間で命を絶った女が入りこんだ世界は!?核戦争の後、残されたシェルターを訪れた男。彼の語る甘美な世界に魅せられる女…!?遺伝子と環境が揃えば、はたして失われた恋人は再生するか!?夜と闇、超自然と魔法を愛したライバーの怪奇ファンタジーより傑作短編11編を収録。

Space-Time for Springers

跳躍者の時空 (奇想コレクション)

「跳躍者の時空」中村融訳 河出書房新社 2010
まずは、SF史上最高の猫ガミッチが活躍する物語から。天才仔猫が大人の階段上る過程の、おかしくも痛々しい事件を描いた表題作から、本邦初訳の「三倍ぶち猫」まで、シリーズ全5作を一挙収録。ほかに、死神との一世一代の大勝負に出た男を描いてヒューゴー賞、ネビュラ賞の二冠に輝いた傑作「骨のダイスを転がそう」、家族の夢想が奇妙に交錯する「冬の蠅」、数をテーマにした特異なファンタジー「春の祝祭」など、全10篇を収録。



Web Links

  1. ウィキペディア
  2. Internet Speculative Fiction Database