R.A.ラファティ著作リスト

Bibliography

1968

Past Master

トマス・モアの大冒険―パスト・マスター

「トマス・モアの大冒険 パスト・マスター」井上央訳 青心社文庫 1993

Space Chantey

宇宙舟歌 (未来の文学)

「宇宙舟歌」柳下毅一郎訳 国書刊行会(未来の文学) 2005
かのホメロス「オデュッセイア」の舞台を宇宙におきかえ、われらがロードストラム船長とその乗組員たちが繰り広げる大冒険を綴ったラファティ版英雄叙事詩。一行が向かうのは、快楽を貪る世界、巨人たちが毎日死ぬまで戦う世界、時間が異様に速く過ぎる世界、そして人喰い世界。世界のすべてを支える男の替わりを務めたり、はたまた動物に変身させられたり。危機また危機!故郷ビッグ・タルサにたどりつくのはいつの日か…奇想天外なアイデアの連続、どす黒いユーモアと幻想的ロマンティシズムに彩られた奇妙奇天烈な豊饒世界。偉大なるほら話の語り手、ラファティによる傑作長篇がついに登場。

The Reefs of Earth

地球礁

「地球礁」柳下毅一郎訳 河出書房新社 2002
アイルランドの大ボラ吹きの血と頑迷なまでのカソリックの信仰が生み出した奇想天外な語り部ラファティのマジック・リアリズムの世界。

1969

Fourth Mansions

1970

Nine Hundred Grandmothers*

九百人のお祖母さん (ハヤカワ文庫SF)

「九百人のお祖母さん」浅倉久志訳 早川書房(海外SFノヴェルズ) 1981/ハヤカワ文庫SF 1988
不老長寿といわれる九百人のお祖母さんをめぐって繰り広げられる悪夢と笑いにみちた表題作ほか、世界最高の科学者たちがおかしな実験をくりかえしては右往左往する「われらかくシャルルマーニュを悩ませり」「その町の名は」など21篇を収録。愛すべきホラ吹きおじさんラファティが贈る抱腹絶倒の傑作短篇集!
野田昌宏『SFを極めろ! この50冊』

1971

The Flame is Green
The Devil is Dead

悪魔は死んだ (サンリオSF文庫)

「悪魔は死んだ」井上央訳 サンリオSF文庫 1986
ここにはラファティがいる―「ここには、今まで決して明かされなかった“地上の楽園”のありかが、その正確な経緯度の読みで、最後の秒単位まではっきりとしるされている。」「さあ、悪夢をひとつに織り上げていただきたい。もしでき上がったときにひと声の絶叫とともに夢から醒めなかったら、どこかで織り方を間違えたのだ」と、まあこんな具合で、突拍子もないお話である。読者の健闘を祈る。

Arrive At Easterwine

イースターワインに到着 (サンリオSF文庫)

「イースターワインに到着」越智道雄訳 サンリオSF文庫 1986

The Fall of Rome

1972

Strange Doings*

つぎの岩につづく (ハヤカワ文庫SF)

「つぎの岩につづく」伊藤典夫・浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF 1996
時間の堆積した石灰岩の台地に、年老いた煙突岩がひとつ。そこでは奇妙な絵文字の刻まれた石がつぎつぎに発見され、学者の論議を呼んでいた。絵文字はいつも「つづく」で終わり、そのとおりまた次の石が発見される。そして最後の石が見つかった時、調査隊に何が起こったのか…?悪夢と笑いに溢れた表題作をはじめ、16篇を収録。SF界のホラ吹きおじさんラファティが語る、底抜けにおかしくて風変わりな物語の数々。

Okla Hannali

1974

Does Anyone Else Have Something Further to Add?*

1976

Not to Mention Camels
Funnyfingers & Cabrito

1977

Where Have You Been, Sandaliotis?
The Three Armageddons of Enniscorthy Sweeney

1979

Archipelago

1982

Aurelia
Golden Gate and Other Stories*

1983

Annals of Klepsis
Four Stories*
Heart of Stone, Dear and Other Stories*
Snake in His Bosom and Other Stories*
Through Elegant Eyes*
Laughing Kelly and Other Verses*

1984

Half a Sky
Ringing Changes*
The Man Who Made Models and Other Stories*

1985

Slippery and Other Stories*

1986

My Heart Leaps Up

1987

Serpent's Egg

1988

East of Laughter
The Early Lafferty*

1989

How Many Miles to Babylon
The Elliptical Grave

1990

Dotty
The Early Lafferty II*
Episodes of the Argo*

1991

Lafferty in Orbit*
Mischief Malicious*

1992

Tales of Midnight
Tales of Chicago
More Than Melchisedech
Argo
Iron Tears*
Iron Tears

1999

Sindbad: The 13th Voyage

日本オリジナル

A Lafferty Reader

どろぼう熊の惑星 (ハヤカワ文庫SF)

「どろぼう熊の惑星」浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF 1993
盗みの天才エイリアン〈どろぼう熊〉。着陸直後から宇宙船に侵入したこの奇怪な生物は、文字どおり“あらゆるもの”を盗みはじめた…。惑星調査隊が直面した血も凍る悪夢をブラックに描く表題作はじめ、世界を支配する秘密結社の苦悩をつづる「秘密の鰐について」、大空に浮かぶ巨大な島の物語「また、石灰岩の島々も」などなど、SF界のホラ吹きおじさんラファティの魅力をたっぷりと詰めこんだ日本版オリジナル傑作集。

Among the Hairly Earthmen

子供たちの午後 (Seishinsha SF Series)

「子供たちの午後」井上央訳 青心社SFシリーズ 1982/2006
地球に降り立った異星の子供たちが見つけたすばらしい遊びとは…表題作「子供たちの午後」をはじめ、世界で一番みすぼらしい男が宇宙一の美女と出会い愛しあうさまを描いた「究極の被造物」。“働かない種族”レックで一番の娘の結婚とその後の顛末を語る「アダムには三人の兄弟がいた」など、処女短編「氷河来たる」を含む11短編を収録。シニカルなユーモアとペーソスで人気のラファティが贈る異色SF短編集。



Web Links

  1. ウィキペディア
  2. Internet Speculative Fiction Database