ジャック・フィニイ『ゲイルズバーグの春を愛す』

My favorite 99 books

ゲイルズバーグの春を愛す  ハヤカワ文庫 FT 26

『ゲイルズバーグの春を愛す』
福島正実訳 ハヤカワ文庫FT 1980
由緒ある静かな街ゲイルズバーグ。この街に近代化の波が押し寄せる時、奇妙な事件が起こる……表題作他、現代人の青年とヴィクトリア朝時代の乙女とのラヴ・ロマンスを綴る「愛の手紙」など、甘く、せつなく、ホロ苦い物語の数々をファンタジイ界の第一人者がノスタルジックな旋律にのせて贈る魅惑の幻想世界。
  • I Love Galesburg in the Spring-Time「ゲイルズバーグの春を愛す」
  • Love, Your Magic Spell is Everwhere「悪の魔力」
  • Where the Cluetts Are「クルーエット夫妻の家」
  • Hey, Look At Me!「おい、こっちをむけ!」
  • A Possible Candidate for the Presidency「もう一人の大統領候補」
  • Prison Legend「独房ファンタジア」
  • Time Has No Boundaries「時に境界なし」
  • The Intrepid Aeronaut「大胆不敵な気球乗り」
  • The Coin Collector 「コイン・コレクション」
  • The Love Letter「愛の手紙」


Bibliography

1954

Five Against the House

五人対賭博場 (1977年) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

「五人対賭博場」伊東守男訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1966/ハヤカワ・ミステリ文庫 1977
Movie Five Against the House, 1955(米)
監督:フィル・カールソン

1955

The Body Snatchers

盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)

「盗まれた街」福島正実訳 ハヤカワ・ファンタジィ 1957/ハヤカワ文庫SF 1979
アメリカ西海岸沿いの小都市サンタ・マイラで、奇妙な現象が蔓延しつつあった。夫が妻を妻でないといい、子が親を、友人が友人を偽物だと思いはじめる。はじめ心理学者は、時おり発生するマス・ヒステリー現象と考えていた。だがある日、開業医のマイルズは友人の家で奇怪な物体を見せられた。それは人間そっくりに変貌しつつある謎の生命体―宇宙からの侵略者の姿だったのだ!奇才フィニィが放つ侵略テーマSFの名作。
Movie
ボディ・スナッチャー/恐怖の街 [DVD] 「ボディ・スナッチャー 恐怖の街」Invasion of the Body Snatchers, 1956(米)
監督:ドン・シーゲル
出演:ケビン・マカーシー、ダナ・ウィンター、キャロリン・ジョーンズ
SF/ボディ・スナッチャー [DVD] 「SFボディ・スナッチャー」Invasion of the Body Snatchers, 1978(米)
監督:フィリップ・カウフマン
出演:ドナルド・サザーランド、ブルック・アダムス、レナード・ニモイ
ボディ・スナッチャーズ [DVD] 「ボディ・スナッチャーズ」Body Snatchers, 1993(米)
監督:アベル・フェラーラ
出演:ガブリエル・アンウォー、テリー・キンニー、メグ・ティリー
インベージョン 特別版 [DVD] 「インベージョン」Invasion, 2007(米)
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル、脚本:デヴィッド・カイガニック
出演:ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、ジェレミー・ノーサム

1957

The Third Level*

レベル3 (異色作家短篇集)

「レベル3」福島正実訳 早川書房 1961/2006
たまたま行き着いた、その駅に存在しないはずの地下3階は、異世界への入口だったのか?名作の誉れ高い表題作をはじめ、独特の温かさ、優しさ、ユーモアを内包するファンタジックな短篇群を収録。
  • The Third Level「レベル3」
  • Such Interesting Neighbors「おかしな隣人」
  • I'm Scared「こわい」
  • Of Missing Persons「失踪人名簿」
  • Something in a Cloud ss「雲のなかにいるもの」
  • There Is a Tide...「潮時」
  • Behind the News「ニュウズの蔭に」
  • Quit Zoomin' Those Hands Through the Air「世界最初のパイロット」
  • A Dash of Spring「青春一滴」
  • Second Chance「第二のチャンス」
  • Contents of the Dead Man's Pockets「死人のポケットの中には」


The House of Numbers

完全脱獄 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

「完全脱獄」宇野輝雄訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1961/ハヤカワ・ミステリ文庫 1980
ボートの先にオレンジ色の光が見えた。奇妙な建物を照らす、巨大な投光照明。そう、厳重な警備で知られるサンクエンティン刑務所だ。ベンは考えた。四日以内に兄を脱出させなければ。なんとしても…房内でアーニーは、ただ一つのセリフを頭の中で繰り返していた。このままでは処刑される。弟の手を借りて脱獄しなければ。なんとしても…脱獄不可能の巨大刑務所からの脱獄計画を描く、異色作家の奇想天外なサスペンス。
Movie「0番号の家」House of Numbers, 1957(米)
監督・脚本:ラッセル・ラウズ
出演:ジャック・パランス、バーバラ・ラング、ハロルド・J・ストーン

1959

Assault on a Queen

クイーン・メリー号襲撃 (ハヤカワ・ミステリ 1009)

「クイーン・メリー号襲撃」伊藤哲訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1967
世界一の豪華客船クイーン・メリー号を襲うには、尋常な手段では不可能だ。フランクが考え出した方法はまさに奇抜だった。第一次大戦中に沈没したUボートを使おうというのだ。フランクはじめ6人の一味は沈没船のありかを探し当て、それを引き上げて修復する困難な仕事に挑戦した。異色作家フィニイが贈る傑作犯罪小説
Movie「クイーン・メリー号襲撃』Assault on a Queen, 1966(米)
監督:ジャック・ドノヒュー、脚本:ロッド・サーリング
出演:フランク・シナトラ、ヴィルナ・リージ、トニー・フランシオサ

1963

Good Neighbor Sam
I Love Galesburg in the Springtime*

ゲイルズバーグの春を愛す  ハヤカワ文庫 FT 26

「ゲイルズバーグの春を愛す」福島正実訳 早川書房 1972/ハヤカワ文庫FT 1980
由緒ある静かな街ゲイルズバーグ。この街に近代化の波が押し寄せる時、奇妙な事件が起こる……表題作他、現代人の青年とヴィクトリア朝時代の乙女とのラヴ・ロマンスを綴る「愛の手紙」など、甘く、せつなく、ホロ苦い物語の数々をファンタジイ界の第一人者がノスタルジックな旋律にのせて贈る魅惑の幻想世界。
野田昌宏『SFを極めろ! この50冊』
⇒“My favorite 99 books”

1968

The Woodrow Wilson Dime

夢の10セント銀貨 (ハヤカワ文庫 FT 2)

「夢の10セント銀貨」山田順子訳 ハヤカワ文庫FT 1979
さえないサラリーマン、ベンはもうひとつの世界へ行ける魔法のコインを手に入れた。もうひとつの世界――見かけはこの世界とあまり変わらないが、人々はもっとやさしく、街は美しく、そして――妻は別人。ベンは幸せになれたと思ったが……。『ゲイルズバークの春を愛す』の著者が贈るユーモア・ファンタジイ!


1970

Time And Again

ふりだしに戻る〈上〉 (角川文庫)

「ふりだしに戻る」福島正実訳 角川書店 1973/角川文庫 1991
女ともだちの養父の自殺現場に残された一通の青い手紙。その謎の手紙は90年前、ニューヨークで投函されたものだった。ぼく、サイモン・モーリーはニューヨーク暮らしにすこしうんざりしはじめていた。そんなある昼下がり、政府の秘密プロジェクトの一員だと名のる男が、ぼくを訪ねてきた。プロジェクトの目論みは、選ばれた現代人を、「過去」のある時代に送りこむことであり、ぼくがその候補にあげられているというのだ。ぼくは青い手紙に秘められた謎を解きたくて「過去」へ旅立つ。鬼才ジャック・フィニイが描く幻の名作。20年の歳月を越えて、ふたたび蘇る。

1973

Marion's Wall

マリオンの壁 (角川文庫)

「マリオンの壁」福島正実訳 角川書店 1975/角川文庫 1993
“マリオン・マーシュここに住めり…”ニックと妻のジャンが、移り住んだ古い家の壁紙の下に見つけた口紅のなぐり書き。その落書きは、かつてこの部屋に住んだ無名の女優マリオンが残したものだった。彼女は才能を認められ、いよいよハリウッドへという前夜に、自動車事故で急死していた。落書きを見つけた数日後、偶然にもニックとジャンは、マリオンが最後に出演した映画をTVで見た。ほんの端役だったが、マリオンの印象は鮮やかだった。そのとき、ほの暗い部屋のどこかからニックに囁く声がした。ジャンの体にマリオンが憑依している……。映画を愛する人すべてに贈るノスタルジック・ファンタジー。
Movie「マキシー/素敵な幽霊」Maxie, 1985(米)
監督:ポール・アーロン、脚本:ジル・ゴードンほか
出演:グレン・クローズ、マンディ・パティンキン、ルース・ゴードン

1977

The Night People

夜の冒険者たち (1980年) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

「夜の冒険者たち」山田順子訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1980

1978

Invasion of the Body Snatchers

1983

Forgotten News

1986

About Time*

1995

From Time to Time

フロム・タイム・トゥ・タイム―時の旅人 (角川文庫)

「時の旅人」浅倉久志訳 角川書店 1996
「フロム・タイム・トゥ・タイム」浅倉久志訳 角川文庫 1999
過去のある場所にいると思い込むことによって時間旅行を行う能力を持つサイモン。彼の使命は、アメリカ大統領の命を受けてヨーロッパへと向かったまま、行方不明になっている「Z」という男の正体を探り出すことだった。Zはタイタニック号に乗船していた可能性があり、彼が任務を果たしていれば、第一次大戦は起こらなかったかもしれないのだ。かくして、サイモンは1912年のニューヨークへと旅立つ。果たしてサイモンはZの正体を突き止め、歴史を変えることができるのだろうか……。『ふりだしに戻る』に続く、フィニイの最後にして最高の傑作。



Web Links

  1. ウィキペディア
  2. Internet Speculative Fiction Database