フィリップ・ホセ・ファーマー著作リスト

Bibliography

1957

The Green Odyssey

緑の星のオデッセイ (ハヤカワ文庫 SF 5)

「緑の星のオデッセイ」矢野徹訳 ハヤカワ文庫SF 1970

1960

Flesh

太陽神降臨 (ハヤカワ文庫 SF 279)

「太陽神降臨」山高昭訳 ハヤカワSFシリーズ 1972/ハヤカワ文庫SF 1978

A Woman a Day / The Day of Timestop
Strange Relations*

奇妙な関係 (創元推理文庫 670-1)

「奇妙な関係」大滝啓裕訳 創元推理文庫 1981

1961

The Lovers

恋人たち (ハヤカワ文庫 SF 378)

「恋人たち」伊藤典夫訳 ハヤカワSFシリーズ 1966/早川書房(世界SF全集) 1971/ハヤカワ文庫SF 1980
地球からおよそ40光年離れた惑星オザゲンの調査におもむいたハル・ヤロウは美しい女と恋におちた。だが,前回の調査では,昆虫から進化した奇怪な生物しかいないはず……彼女はいったい何者? 厳格な宗教社会に育った青年と謎の女との恋を通してそれまでタブーとされた“性”を描き,一大旋風を起こした秀作。
野田昌宏『SFを極めろ! この50冊』

1962

Cache from Outer Space
Fire and the Night
The Alley God*
The Celestial Blueprint: and Other Stories*

1964

Inside Outside
Tongues of the Moon

1965

The Maker of Universes

階層宇宙の創造者 (ハヤカワ文庫SF)

「階層宇宙の創造者〈階層宇宙1〉」浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF 1973

Dare

1966

The Gates of Creation

異世界の門―階層宇宙シリーズ〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)

「異世界の門〈階層宇宙2〉」浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF 1974

Night of Light
The Gate of Time
Un amore a Siddo*

1968

Image of the Beast

淫獣の幻影 (CR文庫)

「淫獣の幻影」朝松健訳 光文社CR文庫 1986

A Private Cosmos

階層宇宙の危機 (ハヤカワ文庫 SF 159 階層宇宙シリーズ 3)

「階層宇宙の危機〈階層宇宙3〉」浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF 1975

1969

Blown / Sketches Among the Ruins of My Mind

淫獣の妖宴 (CR文庫)

「淫獣の妖宴」江津公訳 光文社CR文庫 1986

A Feast Unknown

1970

Behind the Walls of Terra

地球の壁の裏に 階層宇宙シリーズ4 (ハヤカワ文庫SF)

「地球の壁の裏に〈階層宇宙4〉」浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF 1975

Lord Tyger
Lord of the Trees
Love Song
The Mad Goblin
The Stone God Awakens

1971

To Your Scattered Bodies Go

果しなき河よ我を誘え (ハヤカワ文庫 SF 289 リバーワールド 1)

「果しなき河よ我を誘え〈リバーワールド1〉」岡部宏之訳 ハヤカワ文庫SF 1978
青い空が上にあった。英国の探険家リチャード・バートンが死の眠りから目覚めた時最初に目に入ったのがそれだった。次に、緑の草原と、幅一マイルはある〈河〉。この大河の両岸に、ネアンデルタール人から21世紀人にいたる、すべての地球人類が復活していたのだ! だれがこのリバーワールドを創りあげたのか? その目的は? またなぜ21世紀初頭に人類は滅亡してしまったのか? 様々な疑問を胸に、ネアンデルタール人のカズ、くじら座タウ星人、ビクトリア朝の淑女アリスらと共に、バートンは果てしなき河を溯る探索の旅にでたが……1972年度ヒューゴー賞受賞に輝く傑作長篇。
ヒューゴー賞長篇部門(1972年)受賞

The Fabulous Riverboat

わが夢のリバーボート (ハヤカワ文庫 SF 331 リバーワールド 2)

「わが夢のリバーボート〈リバーワールド2〉」岡部宏之訳 ハヤカワ文庫SF 1979

The Wind Whales of Ishmael
Down in the Black Gang*

1972

Tarzan Alive: A Definitive Biography of Lord Greystoke
Time's Last Gift

1973

The Other Log of Phileas Fogg
Doc Savage: His Apocalyptic Life
Traitor to the Living
The Book of Philip José Farmer*

1974

Hadon of Ancient Opar
The Adventures of the Peerless Peer

1975

Venus on the Half-Shell

1976

Ironcastle
Flight to Opar

1977

The Dark Design

飛翔せよ、遥かなる空へ 上 (ハヤカワ文庫 SF 516―リバーワールド3)

「飛翔せよ、遙かなる空へ〈リバーワールド3〉」岡部宏之訳 ハヤカワ文庫SF 1983

The Lavalite World

1979

Jesus on Mars
Dark Is the Sun
Riverworld and Other Stories*

1980

The Magic Labyrinth

魔法の迷宮 (上) (ハヤカワ文庫 SF―リバーワールド (621))

「魔法の迷宮〈リバーワールド4〉」岡部宏之訳 ハヤカワ文庫SF 1985

Riverworld War: The Suppressed Fiction of Philip José Farmer*

1981

The Unreasoning Mask

気まぐれな仮面 (ハヤカワ文庫 SF (645))

「気まぐれな仮面」宇佐川晶子訳 ハヤカワ文庫SF 1985

The Cache*
Father to the Stars*

1982

A Barnstormer in Oz
Stations of the Nightmare*
Greatheart Silver*
The Purple Book*

1983

River of Eternity
Gods of Riverworld

1984

The Grand Adventure*
The Classic Philip José Farmer, 1952-1964*
The Classic Philip José Farmer, 1964-1973*

1985

Dayworld

デイワールド (ハヤカワ文庫SF)

「デイワールド」大西憲訳 ハヤカワ文庫SF 1987
限界まで達した人口過密に、窮極の解決策がもたらされた。だれもが1週間に1日しか生きられず、残りの6日は“固定器”のなかで過ごすことが義務づけられたのだ。かくして、曜日ごとに、まったくちがう世界が展開されることになった。だが、厳しい監視の目をかいくぐって、曜日の壁をすり抜ける〈曜日破り〉があとを絶たない。火曜世界の警官ジェフ・ゲアードは、その捜査を命じられたが、皮肉なことにケアード自身が〈曜日破り〉の一員だったのだ!大担なアイデアと、天馬空を行くイマジネーションで定評ある鬼才ファーマーが、緻密な構成で織りあげた傑作SFサスペンス。

1987

Dayworld Rebel

1988

Philip Jose Farmer's the Dungeon Book 1: the Black Tower**
*リチャード・A・ルポフとの共著
「ダンジョン・ワールド 1 暗黒の塔」上村修訳 角川文庫 1989

1989

Philip Jose Farmer's the Dungeon Book 2: the Dark Abyss**
*ブルース・コーヴィルとの共著
「ダンジョン・ワールド 2 天空の穴」上村修訳 角川文庫 1990

Philip Jose Farmer's the Dungeon Book 3: the Valley of Thunder**
*チャールズ・デ・リントとの共著
「ダンジョン・ワールド 3 雷鳴の谷」上村修訳 角川文庫 1990

1990

Dayworld Breakup

1991

Escape From Loki
Red Orc's Rage

1992

The Caterpillar's Question
Riders of the Purple Wage*

1993

More Than Fire

1998

Nothing Burns in Hell
Naked Came The Farmer

1999

The Dark Heart of Time

2006

The Best of Philip José Farmer*
Pearls from Peoria*

2007

Up From the Bottomless Pit*

2008

Venus on the Half-Shell and Others*

2009

The Evil in Pemberley House

2011

Up the Bright River*


Web Links

  1. オフィシャルサイト
  2. ウィキペディア
  3. Internet Speculative Fiction Database