クレイグ・トーマス著作リスト

1976

Rat Trap

ラット・トラップ (ハヤカワ文庫NV)

「ラット・トラップ」広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫NV 1988
ヒースロー空港の上空で、着陸態勢に入った英国航空の旅客機が、過激派に乗っ取られた。同機は無事着陸したが、やがて犯人側から過酷な要求が突きつけられる―獄中にいる仲間のナスードを引き渡せ、さもなくば乗客もろとも機を爆破する!ハイジャック対策本部長のラティマーは、空港の警備を固める一方で、やむなくナスードを連れ出す命令を下した。だが連行する途中、思わぬ事故が発生、ナスードは逃亡してしまった。窮地に立たされたラティマーの打つ手は?ハイジャック機をめぐる熾烈な攻防を描くサスペンス長編。文庫オリジナル。

1977

Firefox

ファイアフォックス (ハヤカワ文庫NV)

「ファイアフォックス」中村定訳 パシフィカ 1977
「ファイアフォックス」広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫NV 1986
最高速度マッハ5以上、レーダーを無力化し、ミサイルを脳波で操るミグ31ファイアフォックス。ソ連が開発したこの最新鋭戦闘機は、西側に計り知れぬ脅威を与えた。かくてCIAとSISは、機の秘密を奪うべく大胆不敵な作戦を立案する。厳重な警戒網を突破して、ファイアフォックスを盗み出そうというのだ。任務に赴くのは、傑出した操縦技術を持つ米空軍のパイロット、ミッチェル・ガント。輸出業者に変装した彼は、単身モスクワへ潜入するが…!驚異の戦闘機をめぐって展開する白熱の攻防戦―サスペンス溢れる冒険小説の雄篇。
ファイヤーフォックス 特別版 [DVD] Movie「ファイヤーフォックス」Firefox, 1982(米)
監督:クリント・イーストウッド、脚本:アレックス・ラスカーほか
出演:クリント・イーストウッド、デビッド・ハフマン、フレディー・ジョーンズ、ウォーレン・クラーク

1978

Wolfsbane

狼殺し (河出文庫)

「狼殺し」竹内泰之訳 パシフィカ 1979/河出文庫 1986
1944年、解放直前のパリに潜入したイギリスの情報部員がゲシュタポに逮捕された。仲間を裏切って敵に密告したやつがいる。彼は復讐を誓った。苛酷な拷問に耐え、決死の脱出をはかって彼は奇跡的に生き延びた。19年後、ふとした偶然から、彼の眠っていた記憶が甦った。復讐の機会が向こうからやってきたのだ。裏切り者には死を。虚々実々の情報合戦の舞台裏を描く大冒険スパイ小説。

1979

Moscow 5000

モスクワ5000 (ハヤカワ文庫NV)

「モスクワ5000」小菅正夫訳 ハヤカワ文庫NV 1980

Snow Falcon

モスクワを占領せよ (1980年)

「モスクワを占領せよ」井上一夫訳 毎日新聞社 1980

1980

Emerald Decision

1981

Sea Leopard

レパードを取り戻せ〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

「レパードを取り戻せ」菊池光訳 早川書房 1983/ハヤカワ文庫NV 1992
アメリカとNATOの依頼を受けた英国は、ソ連がバレンツ海に敷設したソナー網の位置をつかむために、画期的な対ソナー装置〈レパード〉を搭載した原子力潜水艦プロテウス号を出航させた。そんな折り、〈レパード〉を開発した科学者クインが突如失踪した。ソ連側に拉致された可能性は充分にある。SISの工作員ハイドは捜査を開始する。やがて重大な事態が起こった。プロテウス号がソ連の周到な罠に落ち、捕獲されたのだ。

1982

Jade Tiger

ジェイド・タイガーの影 (Hayakawa Novels)

「ジェイド・タイガーの影」田中昌太郎訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1987
時あたかも東西ドイツ再統一に関するベルリン条約の締結の日が迫り、いよいよベルリンの壁もとりはずされんとしていた。ところが、この条約の立役者である西独首相の右腕ツィメルマンが実はソ連の操り人形であることを示す情報が流れ、統一ドイツの実現も怪しくなりはじめた。果してツィメルマンは二重スパイなのか?ドイツ統一条約をめぐって各国の思惑がうごめき、舞台も香港から中国、オーストラリア、ドイツ、スペインへと飛んで、熾烈なスパイ戦が展開してゆく!

1983

Firefox Down

ファイアフォックス・ダウン〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

「ファイアフォックス・ダウン」山本光伸訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1987/ハヤカワ文庫NV 1991
英米情報部の密命を帯びた米空軍パイロットのミッチェル・ガントは、ソ連が開発した最新鋭戦闘機ファイアフォックスの強奪に成功した。だが、追跡機との空中戦で被弾したファイアフォックスは燃料漏れを起こし、中立国フィンランドの凍結湖に不時着した。消えた最新鋭戦闘機を手中に収めるべく、必死の捜索活動を展開する英米とソ連。一方、ガントはソ連軍に捕えられ、尋問のためにモスクワのKGB研究所へと送られた。

1985

The Bear's Tears / Lions's Run

闇の奥へ〈上〉 (扶桑社ミステリー)

「闇の奥へ」田村源二訳 扶桑社ミステリー 1989
SIS長官ケネス・オーブリーは二年ほど前からKGB副議長カプースティンとヨーロッパ各地で秘密裡に接触を重ねていた。カプースティンから亡命の希望がよせられ、二人はその条件や手はずを話し合っていたのだ。接触は組織を離れた個人的なもので、カプースティンはつねに独り、オーブリーのほうも工作員のハイドを随行させただけだった。ところが、話も煮詰まった冬のウィーンでの接触で、KGBの副議長は不意に亡命の意志を翻した。その直後、オーブリーはソ連のスパイとしてバビントン率いるM15に逮捕されてしまう。〈涙のしずく〉というコードネームを持つソ連のスパイである、というのが彼に着せられた容疑だった。あやういところで、逮捕をまぬがれた部下のハイドは、敵味方の両組織から命をねらわれながら、オーブリー逮捕の手懸りを求め、救出にのりだした。

1987

Winter Hawk

ウィンターホーク〈上〉 (扶桑社ミステリー)

「ウィンターホーク」矢島京子訳 扶桑社ミステリー 1990
ベルリンの壁は取り壊され、いままさに米ソ両国は、歴史的な軍縮条約を結ぼうとしていた。だが―。ソ連最深部にあるバイコヌール宇宙基地から秘密連絡員が思いもよらぬ情報をつたえてきた。打ち上げ間近のソ連製スペースシャトルに、レーザー砲が塔載されるというのだ。計画が成功すれば全世界はソ連軍部の思うままだ。驚愕した米大統領は、この窮地を打開すべく、かつてソ連最新鋭の戦闘機〈ファイアフォックス〉を盗み出した天才パイロット、ミッチェル・ガントに特命を下す。ガントはCIAが奪取したソ連製ヘリコプターを駆って、アフガニスタンからソ連領内バイコヌールへと飛んだ。〈ウィンターホーク〉作戦が発動されたのだ。

1988

All the Grey Cats / Wildcat

すべて灰色の猫〈上〉 (扶桑社ミステリー)

「すべて灰色の猫」山本光伸訳 扶桑社ミステリー 1991
KGBの陰謀で危うく売国奴の汚名を着せられるところだったケネス・オーブリーは、窮地を脱し帰国したものの、SIS長官の職も解かれたまま傷心の日々を送っていた。そんな折、東ドイツの高官が西側に亡命を希望してくる。だがその高官の母親は東ドイツ諜報部の重鎮ブリギッテ・ヴィンターバッハだった。ひさびさの出番にはりきるオーブリー。一方遠くネパールでは、オーブリーの被後見人で元グルカ兵団英国人大尉のティムが、不審な行動をとる東ドイツ人たちに襲われた。「トピー」作戦は遂行されていたのだった。

1990

The Last Raven

高空の標的〈上〉 (新潮文庫)

「高空の標的」田村源二訳 新潮文庫 1993
極寒のタジク共和国山岳地帯から、必死の脱出行を続ける英国秘密工作員パトリック・ハイドは、ソ連軍用機の撃墜現場に出くわした。なぜかそこには顔見知りのCIA部員の姿も見えた。大がかりな陰謀の目撃者となったハイドは各国情報部の標的となる。孤立無援の彼は、かつて命を救った上司のオーブリーに助けを求めるが―。はち切れんばかりの迫力とサスペンスが溢れる待望の長編。

1992

A Hooded Crow

DC‐3の積荷〈上〉 (新潮文庫)

「DC‐3の積荷」田村源二訳 新潮文庫 1994
英情報機関SIS工作員ハイドたちは、大がかりな密輸事件を嗅ぎつけた。が、やっと見つけた手がかりを持つ男は変死体で発見され、送り込んだ密告屋も命を狙われた。糸を引くのは亡命した元MI5長官に違いないのだが、捜査は全く行き詰った。一方、アフリカで偶然墜落機を発見した元工作員が、夜襲を受け、妻を殺された。野獣の性を持つ男たちの、凄まじい戦いの幕が、今上がった―。

1993

Playing with Cobras

救出 (新潮文庫)

「救出」田村源二訳 新潮文庫 1997
野獣のような鋭い感覚を持つ戦闘力抜群の男、元英情報部のはみ出し工作員ハイド。彼はかつて命を救ってくれたデリー機関員キャスが、インド政府に拘束されたことを知る。選挙運動中の現首相を巡る、麻薬疑惑の証拠を握ったらしい。欧米寄りの現政権に不利なこの醜聞を、英政府は嫌い、キャスは見殺しにされそうだ。ハイドは肉体と精神を極限まで酷使し、たった一人の闘いに挑む。

1995

A Wild Justice

無法の正義 (新潮文庫)

「無法の正義」田村源二訳 新潮文庫 1999
酷寒のシベリアの町ノヴィ・ウレンゴイは、外国企業が支配しマフィアが暗躍する無法地帯だ。すさみきったこの町で、アメリカ国籍の会社重役が射殺された。くすぶり続ける正義感を持てあます中年刑事ヴォロンツィエフ、愛娘を麻薬に奪われたゴロフ捜査官らは、はるかヴェトナム戦争に遡る大規模な陰謀を掘り起すことになった。記録的な雪嵐の中、凄絶なサバイバル・ゲームが始まった。

1997

A Different War

ディファレント・ウォー〈上〉 (小学館文庫)

「ディファレント・ウォー」小林宏明訳 小学館文庫 1998
アメリカの新鋭旅客機が、最終試験飛行中にアリゾナ砂漠に墜落した。事故か陰謀か?元戦闘機パイロットのミッチェル・ガントは、航空事故調査官となって、自ら真相究明のために、繰縦桿を握り、命を賭けた試験飛行に飛び立つが…。『ファイアフォックス』の作者が放つ、最新の航空アクション巨編。

1998

Slipping into Shadow

闇にとけこめ〈上〉 (新潮文庫)

「闇にとけこめ」田村源二訳 新潮文庫 2001
オーストラリア警察の腐敗を捜査する特別調査員となった元SIS(英秘密情報局)工作員ハイドは、東南アジアでリゾート開発を行う巨大多国籍企業がヘロインも扱い、売上金の洗浄にカジノを利用しているとの疑いを抱く。現役時代の命の恩人が、その企業から脅迫を受けているとオーブリーから聞かされた彼は、危険の中に身を投じる決心をした。凄絶なルールなきバトルが、どこまでも続く。