スティーヴン・バクスター著作リスト

Bibliography

1991

Raft

天の筏 (ハヤカワ文庫SF)

〈ジーリー〉シリーズ
「天の筏」古沢嘉通訳 ハヤカワ文庫 1993
重力定数が10億倍の宇宙に迷いこんだ宇宙船乗組員の末裔たちは、呼吸可能な大気に満たされた〈星雲〉で生き延びていた。彼らは宇宙船の残骸である円盤状の筏〈ラフト〉を中心にして社会を形成し過酷な環境に耐えてきたのだが、〈星雲〉の寿命が残り少なくなったいま、人々の命運も尽きようとしている…。この危機を打開すべく、勇気と好奇心にあふれる少年リースの冒険が始まった。ハードSFの気鋭が放つ、長篇第1作。

1992

Timelike Infinity

時間的無限大 (ハヤカワ文庫SF)

〈ジーリー〉シリーズ
「時間的無限大」小野田和子訳 ハヤカワ文庫 1995
人類は、木星軌道上に設置したワームホールをタイムマシンに転換すべく奮闘していた。そんな時、そのワームホールから未来人の船が現れた。乗っていたのは〈ウィグナーの友人〉と名乗る人々で千五百年未来の地球を支配する異星種属クワックスを滅ぼすためにやって来たのだという。だが、その裏には途方もない意図が。ハードSFの新たな旗手が、千五百年の時に隔てられた二つの太陽系の抗争を壮大に描いた傑作長篇。
星雲賞海外長編部門(1996年)受賞

1993

Anti-Ice
Flux

フラックス (ハヤカワ文庫SF)

〈ジーリー〉シリーズ
「フラックス」内田昌之訳 ハヤカワ文庫 1996
強力な磁場を持つ中性子星「スター」の内部では、体長約10ミクロンの微小な人類が驚くべき都市を形成していた。だが近年、グリッチと呼ばれる星震現象が頻発し、人類の居住域は徐々に崩壊しつつあった。想像もつかないほど強大な何かが「スター」を騒がせているのか。その陰には宇宙の支配的種属ジーリーに関わる重大な秘密が…エキゾチックな中性子星を舞台に驚異のスケールで展開する、ハードSFファン待望の書。

1994

Ring

虚空のリング〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

〈ジーリー〉シリーズ
「虚空のリング」小木曽絢子訳 ハヤカワ文庫 1996
3953年。人類はワームホール・テクノロジーの開発により、着々と版図を拡大しつつあった。ところが、太陽をはじめとする主系列星に思わぬ異常が発見された!恒星の進化過程が何百倍にも加速され、恐るべきスピードで銀河が老化しているのだ。このままでは、遠からず宇宙は死滅してしまう!この異変の謎を探るべく、最新鋭の宇宙船「グレート・ノーザン」が、ワームホールを利用して五百万年後の未来へと旅立つが…。

1995

The Time Ship

タイム・シップ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

「タイム・シップ」中原尚哉訳 ハヤカワ文庫 1998
1891年、時間航行家はタイム・マシンに乗り、ふたたび未来へ旅立った。タイム・マシンを発明した時間航行家は、最初の時間旅行から帰還したものの、野蛮なモーロック族に拉致されたエロイ族の少女ウィーナを忘れられなかったのだ。彼女を救うべく時間航行家は西暦80万2701年の未来をめざすが…。英国SF協会賞、ジョン・W・キャンベル記念賞、P・K・ディック賞、クルト・ラスヴィッツ賞受賞。
星雲賞海外長編部門(1999年)受賞

1996

Voyage

1997

Gulliverzone
Titan
Vacuum Diagrams*

プランク・ゼロ (ハヤカワ文庫 SF―ジーリー・クロニクル (1427))

〈ジーリー〉シリーズ
「プランク・ゼロ」古沢嘉通ほか訳 ハヤカワ文庫 2002
恒星間宇宙へと進出した人類は、豊饒にして冷徹なる時空の真実を知り、多種多様な生命形態との遭遇を繰り返していく。だが、その前途には、宇宙の黎明期から存在する謎の超種属ジーリーとの百万年にもおよぶ興亡の歴史が待ち受けていた。時空の誕生から終末までを描く、未来史連作集
「真空ダイアグラム」小野田和子ほか訳 ハヤカワ文庫 2003
宇宙進出から1万年の歳月が経過し、異星種属スクウィーム、クワックスによる支配をも克服した人類は、ついに超種属ジーリーに次ぐ地位を獲得するに至った。しかし、彼らはまだ知らなかった―時空の開闢以来、数百億年をかけてジーリーが遂行してきた計画の存在を。その目的が、間近に迫った宇宙の終末とともに成就されることを…。人類という種の絶頂から衰退、時空の黄昏までを描ききった驚愕の未来史連作集第2巻。

1998

Moonseed
Webcrash
Traces*

1999

Time
Silverhair / Mammoth

マンモス―反逆のシルヴァーヘア (海外SFノヴェルズ)

「マンモス -反逆のシルヴァーヘア」中村融訳 早川書房(海外SFノヴェルズ) 2001
雪と氷に閉ざされた厳寒のツンドラ地帯の孤島で、地上最大の哺乳類であるマンモスの一族が人知れず生きていた。その一族の若き雌マンモス、シルヴァーヘアがたどる波瀾万丈の冒険を描く話題作。

2000

Longtusk
The Light of Other Days

cover

*アーサー・C・クラークと共著
「過ぎ去りし日々の光」冬川亘訳 ハヤカワ文庫SF 2000
西暦2033年、太陽系外縁で発見された巨大彗星が500年後に地球に衝突するとの報がもたらされた!迫りくる滅亡を前に人々は絶望し環境保全など地球の未来への関心が失われていった。そんなおり、ハイテク企業アワワールド社は、いかなる障壁にも遮られずに時間と空間を超えた光景を見ることのできる驚異の技術ワームカムを完成させた。はたしてその存在は人類にとって救いとなるのか?英SF界の巨匠と俊英による話題作。

Space

2001

Icebones
Origin
Omegatropic: Non-Fiction & Fiction*

2002

Evolution
Phase Space*

2003

Time's Eye

時の眼―タイム・オデッセイ (海外SFノヴェルズ)

〈タイム・オデッセイ〉シリーズ。アーサー・C・クラークと共著
「時の眼 タイム・オデッセイ1」中村融訳 早川書房 2006

Coalescent

2004

Exultant
The Hunters of Pangaea*

2005

Sunstorm

太陽の盾 [タイム・オデッセイ2]  (海外SFノヴェルズ)

〈タイム・オデッセイ〉シリーズ。アーサー・C・クラークと共著
「太陽の盾 タイム・オデッセイ2」中村融訳 早川書房 2008

Transcendent

2006

Emperor
Resplendent*

2007

Conqueror
Navigator
The H-Bomb Girl

2008

Firstborn

火星の挽歌 (海外SFノヴェルズ タイム・オデッセイ3) (海外SFノヴェルズ)

〈タイム・オデッセイ〉シリーズ。アーサー・C・クラークと共著
「火星の挽歌 タイム・オデッセイ3」中村融訳 早川書房 2011

Weaver
Flood

2009

Ark

2010

Stone Spring


Web Links

  1. オフィシャルサイト
  2. ウィキペディア
  3. Internet Speculative Fiction Database