綾辻行人『時計館の殺人』

My favorite 99 books

時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)

『時計館の殺人』
講談社文庫 1995
館を埋める108個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で10年前1人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。死者の想いが時計館を訪れた9人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光景ののちに明かされるめくるめく真相とは。第45回日本推理作家協会賞受賞。




Bibliography

1987

十角館の殺人

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

講談社ノベルス//講談社文庫 1991/《新装改訂版》2007
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!’87年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。
十角館の殺人 (YA!ENTERTAINMENT) 「十角館の殺人」YA!ENTERTAINMENT 2008

1988

水車館の殺人

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

講談社ノベルス/講談社文庫 1992/《新装改訂版》2008
仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。一年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは…!?本格ミステリの復権を高らかに謳った「館」シリーズ第二弾、全面改訂の決定版。
水車館の殺人 (YA!ENTERTAINMENT) 「水車館の殺人」YA!ENTERTAINMENT 2010

迷路館の殺人

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

講談社ノベルス/講談社文庫 1992/《新装改訂版》2009
奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた四人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった。周到な企みと徹底的な遊び心でミステリファンを驚喜させたシリーズ第三作、待望の新装改訂版。初期「新本格」を象徴する傑作。


緋色の囁き

cover

ノン・ノベル/ノン・ポシェット 1993/講談社文庫 1997
「私は魔女なの」謎の言葉を残したまま1人の女生徒が寮の「開かずの間」で焼死した。その夜から次々と起こる級友たちの惨殺事件に名門女学園は恐怖と狂乱に包まれる。創立者の血をひく転校生冴子は心の奥底から湧き起こってくる"囁き"に自分が殺人鬼ではないかと恐怖におののく。
緋色の囁き (あすかコミックスDX) コミック「緋色の囁き」
児嶋都/画 あすかコミックスDX 2002

1989

人形館の殺人

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫 あ 52-21)

講談社ノベルス/講談社文庫 1993/《新装改訂版》2010
父が飛龍想一に遺した京都の屋敷―顔のないマネキン人形が邸内各所に佇む「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読みはすでに始まっていた!?シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第四の「館」、新装改訂版でここに。


殺人方程式 -切断された死体の問題-

cover

カッパノベルス/光文社文庫 1994/講談社文庫 2005
新興宗教団体の教主が殺された。儀式のために籠もっていた神殿から姿を消し、頭部と左腕を切断された死体となって発見されたのだ。厳重な監視の目をかいくぐり、いかにして不可能犯罪は行われたのか。2ヵ月前、前教主が遂げた奇怪な死との関連は?真っ向勝負で読者に挑戦する、本格ミステリの会心作!


暗闇の囁き

cover

ノン・ノベル/ノン・ポシェット 1994/講談社文庫 1998
黒髪を切られ変死した女性家庭教師。そして従兄とその母親も眼球と爪を奪われて死んだ。謎めいたほどに美しい兄弟のまわりに次々と起こる奇怪な死。遠い記憶の闇のなかから湧き上がってくる"囁き"が呼び醒ますものは何か。『緋色の囁き』に続く異色の長編推理"囁き"シリーズ第2弾、講談社文庫に登場。


1990

殺人鬼

殺人鬼  ‐‐覚醒篇 (角川文庫)

双葉社/双葉ノベルス 1994/新潮文庫 1996/角川文庫 2011
伝説の傑作『殺人鬼』、降臨!!’90年代のある夏。双葉山に集った“TCメンバーズ”の一行は、突如出現したそれの手によって次々と惨殺されてゆく。血しぶきが夜を濡らし、引き裂かれた肉の華が咲き乱れる…いつ果てるとも知れぬ地獄の饗宴。だが、この恐怖に幻惑されてはいけない。作家の仕掛けた空前絶後の罠が、惨劇の裏側で読者を待ち受けているのだ。―グルーヴ感に満ちた文体で描かれる最恐・最驚のホラー&ミステリ。

霧越邸殺人事件

霧越邸殺人事件 (新潮文庫)

新潮社/新潮文庫 1995/ノン・ノベル 2002
或る晩秋、信州の山深き地で猛吹雪に遭遇した8人の前に突如出現した洋館「霧越邸」。助かった……安堵の声も束の間、外界との連絡が途絶えた邸で、彼らの身にデコラティブな死が次々と訪れる。密室と化したアール・ヌーヴォー調の豪奢な洋館。謎めたい住人たち。ひとり、またひとり――不可思議極まりない状況で起こる連続殺人の犯人は。驚愕の結末が絶賛を浴びた超話題作。


1991

時計館の殺人

時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)

講談社ノベルス/講談社文庫 1995
館を埋める108個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で10年前1人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。死者の想いが時計館を訪れた9人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光景ののちに明かされるめくるめく真相とは。第45回日本推理作家協会賞受賞。
日本推理作家協会賞(1992年)受賞


1992

黒猫館の殺人

cover

講談社ノベルス/講談社文庫 1996
6つめの「館」への御招待――自分が何者なのか調べてほしい。推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。惨劇に潜む真相は。


1993

黄昏の囁き

cover

ノン・ノベル/ノン・ポシェット 1996/講談社文庫 2001
兄急死の報に帰郷した医学生翔二は、元予備校講師占部の協力で、“事故”の真相を追い始めた。「ね、遊んでよ」謎の“囁き”に異常に怯える兄の幼馴染みたち。やがて一人また一人と殺人鬼の魔の手が伸びるなか、彼の脳裏に幼き日の恐るべき記憶が甦る。異色の長編推理“囁き”シリーズ第三弾!待望の登場。


殺人鬼II -逆襲編-

殺人鬼  ‐‐逆襲篇 (角川文庫)

双葉社/双葉ノベルス 1995/新潮文庫 1997/角川文庫 2012
伝説の『殺人鬼』、ふたたび。双葉山の惨劇から三年、最初にそれと遭遇したのは休暇中の一家。正義も勇気も家族愛も、ただ血の海に消えゆくのみ。そしてそれは山を降り、麓の街に侵攻するのだ。病院を、平和な家庭を、凄惨な地獄風景に変えていく。殺す、殺す、殺す…ひたすら殺戮を欲する怪物に独り立ち向かうのは、不思議な“能力”を持った少年・真実哉。絶望的な闘いの果てに待ち受ける、驚愕と戦慄の結末とは!?―。

四○九号室の患者

四〇九号室の患者

森田塾出版/南雲堂 1995
わたしはいったい誰なのか?事故で失った記憶を求めて綴られる日記、次第に明らかになる自らの謎……。二転三転の末に待ち受ける、哀しくも恐ろしい結末。


1995

鳴風荘事件 -殺人方程式II-

鳴風荘事件 殺人方程式II (講談社文庫)

カッパノベルズ/光文社文庫 1999/講談社文庫 2006
奇天烈な洋館に集まった人々は目を疑った。六年前に殺された女流作家そっくりに、その妹が変貌していたのだ。そして姉の事件と同じ月蝕の晩、惨劇が彼女を襲う。“不思議な力”を持っているという黒髪を切られる手口も酷似して―。必要な手掛かりをすべて提示して「読者へ挑戦」する新本格ミステリの白眉。


眼球綺譚

眼球綺譚 (角川文庫)

集英社/ノン・ノベル 1998/集英社文庫 1999/角川文庫 2009
人里離れた山中の別荘で、私は最愛の妻・由伊とふたりで過ごしていた。妖精のように可憐で、愛らしかった由伊。しかし今はもう、私が話しかけても由伊は返事をしない。物云わぬ妻の身体を前にして、私はひたすらに待ちつづけている。由伊の祝福された身体に起こる奇跡―由伊の「再生」を(「再生」)。繊細で美しい七つの物語。怪奇と幻想をこよなく愛する著者が一編一編、魂をこめて綴った珠玉の作品集。
眼球綺譚 ―COMICS― (角川文庫) コミック「眼球綺譚 -COMICS-」
児嶋都/画 角川文庫 2009

1996

フリークス

フリークス (角川文庫)

カッパノベルズ/光文社文庫 2000/角川文庫 2011
「J・Mを殺したのは誰か?」―巨大な才能と劣等感を抱えたマッドサイエンティストは、五人の子供に人体改造術を施し、“怪物”と呼んで責め苛む。ある日、惨殺死体となって発見されたJ・Mは、いったいどの子供に殺されたのか?小説家の「私」と探偵の「彼」が謎に挑めば、そこに異界への扉が開く!本格ミステリとホラー、そして異形への真摯な愛が生みだした、歪み真珠のような三つの物語。

アヤツジ・ユキト 1987-1995

復刻版 アヤツジ・ユキト 1987-1995

講談社/講談社文庫 1999/《復刻版》2007
『十角館の殺人』での衝撃的なデビューから8年4ヶ月の軌跡を、綾辻行人自身とともに振り返る。エッセイ、解説、書評から推薦文、あとがきに至るまで、この間に発表されたすべての「小説以外の文章」を、詳細な脚注と各年の回顧録をつけて完全収録!アヤツジファン待望・必携のクロニクル。

セッション -綾辻行人対談集-

cover

集英社/集英社文庫 1999
宮部みゆき、楳図かずお、養老孟司、大槻ケンヂ、京極夏彦、北村薫、山口雅也、瀬名秀明、篠田節子、法月綸太郎、竹本健治―錚々たる11人の強者と綾辻行人との対談・鼎談集。ミステリやホラーを中心に、話は楽しく豊かに展開する。対談相手それぞれの著作を、そして綾辻作品を読み解く鍵が、ここにある。西原理恵子のマンガ「それゆけあやつじくん」も再収録。


1999

どんどん橋、落ちた

cover

講談社/講談社ノベルス 2001/講談社文庫 2002
ミステリ作家・綾辻行人に持ち込まれる一筋縄では解けない難事件の数々。崩落した“どんどん橋”の向こう側で、殺しはいかにして行われたのか?表題作「どんどん橋、落ちた」や、明るく平和なはずのあの一家に不幸が訪れ、悲劇的な結末に言葉を失う「伊園家の崩壊」など、五つの超難問“犯人当て”作品集。


2002

最後の記憶

最後の記憶 (角川文庫)

角川書店/カドカワ・エンタテインメント 2006/角川文庫 2007 ISBN:4-04-788173-2 [Amazon]
脳の病を患い、ほとんどすべての記憶を失いつつある母・千鶴。彼女の心に残されたのは、幼い頃に経験したという「凄まじい恐怖の記憶」だけだった。突然の白い閃光、ショウリョウバッタの飛ぶ音、そして大勢の子供たちの悲鳴―。死を目前にした母を今なお苦しめる「最後の記憶」の正体とは何なのか?波多野森吾は、母の記憶の謎を探り始める…。名手・綾辻行人が奇蹟的な美しさで紡ぎ出す、切なく幻想的な物語の迷宮。

2004

暗黒館の殺人

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)

講談社ノベルズ/講談社文庫 2007
蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。著者畢生の巨編、ここに開幕。


2005

月館の殺人

月館の殺人 上巻 新装版 (IKKI COMIX)

※佐々木倫子との共著
IKKI COMICS/《新装版》2009

2006

びっくり館の殺人

びっくり館の殺人 (講談社文庫)

◇講談社ミステリーランド/講談社文庫 2010
あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが…クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇!悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!?ミステリーランド発、「館」シリーズ第八弾、待望の文庫化。


2007

アヤツジ・ユキト 1996-2000

アヤツジ・ユキト 1996-2000

講談社
1996〜2000年の「小説以外」を完全網羅。詳細な自注と年々の回顧録を書き下ろして贈る綾辻行人クロニクル、ファン待望の第二集。

アヤツジ・ユキト 2001-2006

アヤツジ・ユキト 2001-2006

講談社
2001〜2006年の「小説以外」を完全網羅。詳細な自注と年々の回顧録を書き下ろして贈る綾辻行人クロニクル、ファン必携の第三集。

2008

深泥丘奇談

深泥丘奇談 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

メディアファクトリー/MF文庫ダ・ヴィンチ 2011
驚異と幻想の地誌学と謎めいた世界観、生理的な恐怖と精神的な恐れや畏れ…それらを精妙につなぎ合わせる超絶の筆さばき。怪談専門誌『幽』創刊号での連載開始以来、読者の熱狂的な支持が続く「深泥丘連作」、第一集。

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(1)

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(1)

講談社
ミステリって、こんなに面白い。人気作家2人が本格愛をこめて贈る、本邦初のDJ風対談&アンソロジー!ドイル、乱歩らの古典から最新のショートショートまで、東西の名品10編を一挙収録。

2009

ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ

ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ (幽ブックス)

※牧野修との共著
メディアファクトリー
ミステリー界を牽引する綾辻行人と、ホラー、SF界の奇才・牧野修。ホラー映画が大好きな二人が、怖がるだけではないホラー映画の愉しみ方、筆舌に尽くしがたい魅力を大いに語ります。アルジェントの新作のニュースに狂喜乱舞し、レザーフェイスに愛おしさを抱き、テキサスの田舎町にどよーんとさせられ、初ゾンビ体験を告白し合い、Jホラーの系譜を振り返り、アジアン・ホラーを観て幽霊文化の違いに思いを馳せ、巨大生物ものにほっこりなごむ。観終わったあとに思わず一人で拍手をしてしまう傑作から、どうしようもないとわかっていてもつい観てしまうB級、確信犯的に手を伸ばすZ級作品まで、貪欲に観て、ほっこりなごみ、数少ない友とその喜びと興奮を分かち合う。これぞ正しきナゴム、ホラーライフ。

京都魔界地図

京都魔界地図

PHP研究所
都にかけられた呪いを解く。京都の謎と神秘に迫る。綾辻行人「深泥丘三地蔵」収録。

Another

Another(上) (角川スニーカー文庫)

角川書店/角川文庫 2011/角川スニーカー文庫 2012
夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎は深まるばかり。そんな中、クラスメイトが凄惨な死を遂げた。この“世界”でいったい何が起きているのか!?名手・綾辻行人の新たな代表作となった本格ホラー。TVアニメ版のキャラクター原案を手がける、いとうのいぢのイラストで登場。
コミック「Another」清原紘/画 角川コミックス・エース 2010-
Another (1) (角川コミックス・エース 170-5) Another (2) (角川コミックス・エース 170-6) Another (3) (角川コミックス・エース 170-7) Another (4) (角川コミックス・エース 170-8)

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(2)

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(2)

講談社
“本格眼”で選り抜いた物語の妙味を人気作家2人が解き明かす、DJ風対談&アンソロジー!創作の秘密に迫る自作解題から、都筑、連城、ラヴクラフトらの名編、京大推理小説研に伝わる「犯人当て」快作まで、レア度満点の第2集。

2011

深泥丘奇談・続

深泥丘奇談・続 (幽ブックス)

メディアファクトリー
新本格の旗手・綾辻行人のさらなる挑戦! 日常と非日常、論理と非論理、人と人ならむものたち……。妖しき者を幻惑し、魅了する。恐ろしくも可笑しい、可怪しくも神妙な、破格の怪談絵巻。作者の分身とおぼしき小説家の日常の風景がぐにゃりと歪みはじめる前作に引き続き、作中世界の変容に拍車がかかる。破格の怪談絵巻、第二集。

2012

奇面館の殺人

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

講談社ノベルス
奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が“顔”を隠すなか、妖しく揺らめく“もう一人の自分”の影…。季節外れの吹雪で館が孤立したとき、“奇面の間”に転がった凄惨な死体は何を語る?前代未聞の異様な状況下、名探偵・鹿谷門実が圧巻の推理を展開する。名手・綾辻行人が技巧の限りを尽くして放つ「館」シリーズ、直球勝負の書き下ろし最新作。

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(3)

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(3)

講談社
ミステリの女王、栗本薫と山村美紗は何を想ってミステリを作ったのか――。山田風太郎とチェスタトンの奇妙な共通点とは――。島田荘司と倉阪鬼一郎、奇想が生み出す本格の妙味とは――。ノックスの十戒、ヴァン・ダインの二十則、カーの黄金律、さらにミステリを貫くルールから見える、鮎川哲也のミステリ感とは――。古今東西の傑作ミステリを楽譜として、綾辻行人と有栖川有栖の“本格愛”が奏でるミステリ・ハーモニー!



DVD:綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状−安楽椅子探偵シリーズ

cover cover cover cover cover 安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]