エリック・アンブラー著作リスト

1936

The Dark Frontier

「暗い国境」菊池光訳 創元推理文庫 1973

1937

Uncommon Danger / Background to Danger

恐怖の背景 (1953年) (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

「恐怖の背景」平井イサク訳 ハヤカワポケットミステリ 1953

1938

Epitaph for a Spy

あるスパイへの墓碑銘 (創元推理文庫 137-2)

「あるスパイの墓碑銘」北村太郎訳 ハヤカワポケットミステリ 1960
「あるスパイへの墓碑銘」小西宏訳 東京創元社(世界名作推理小説大系) 1960/創元推理文庫 1961
「あるスパイへの墓碑銘」木島始訳 新潮文庫 1962
「あるスパイへの墓碑銘」田村隆一訳 筑摩書房(世界ロマン文庫) 1970/1978
南仏の風光明媚な避暑地に遊びに来た青年のカメラの中に、いつの間にかツーロン軍港を写した機密写真が入っていた。青年は、自らの手で真犯人を突きとめるか、国外追放の憂き目にあうか、絶体絶命の窮地に立つ。第二次大戦前後を背景に、スパイ小説のスリルと本格謎ときの興味をあわせもち、今や古典的名作となったアンブラーの代表作。

Cause for Alarm

裏切りへの道 (1957年) Hayakawa Pocket Mystery 387

「裏切りへの道」村崎芳郎訳 ハヤカワ・ミステリ 1957

1939

The Mask of Dimitrios / A Coffin for Dimitrios

ディミトリオスの棺 (ハヤカワ・ミステリ文庫 15-1)

「デミトリオスの棺」村崎敏郎訳 ハヤカワ・ミステリ 1953/ハヤカワ・ミステリ 1974
「ディミトリオスの棺」菊池光訳 早川書房(世界ミステリ全集) 1974/ハヤカワ・ミステリ文庫 1976

1940

Journey into Fear

恐怖への旅 (Hayakawa pocket mystery books (141))

「恐怖への旅」村崎敏郎訳 ハヤカワ・ミステリ 1954
Movie 「恐怖への旅」Journey into Fear, 1942(米)
監督:ノーマン・フォスター、 出演:オーソン・ウェルズ、ドロレス・デル・リオ、ジョセフ・コットン

1950

Skytip

スカイティップ (1960年) (世界ミステリシリーズ)

*エリオット・リード名義
「スカイティップ」村崎敏郎訳 ハヤカワ・ミステリ 1960

1951

Judgment on Deltchev

デルチェフ裁判 (1960年) (世界ミステリシリーズ)

「デルチェフ裁判」森郁夫訳 ハヤカワ・ミステリ 1960

Tender to Danger / Tender to Moonlight

恐怖へのはしけ (1959年) (世界探偵小説全集)

*エリオット・リード名義
「恐怖へのはしけ」加島祥造訳 ハヤカワ・ミステリ 1959

1953

The Schirmer Inheritance

シルマー家の遺産 (1954年) (世界探偵小説全集)

「シルマー家の遺産」関口功訳 ハヤカワ・ミステリ 1954

The Maras Affair

叛乱 (1960年) (世界ミステリーシリーズ)

*エリオット・リード名義
「叛乱」村崎敏郎訳 ハヤカワ・ミステリ 1960
「叛乱」宇野輝雄訳 早川書房(世界ミステリ全集) 1972

1954

Charter to Danger

危険の契約 (1961年) (世界ミステリシリーズ)

*エリオット・リード名義
「危険の契約」中桐雅夫訳 ハヤカワ・ミステリ 1961

1956

The Night-Comers / State of Siege

夜来たる者 (1958年) Hayakawa Pocket Mystery 362

「夜来たる者」瀬田貞二訳 ハヤカワ・ミステリ 1958

1958

Passport to Panic

恐怖のパスポート (1960年) (世界ミステリシリーズ)

*エリオット・リード名義
「恐怖のパスポート」加島祥造訳 ハヤカワ・ミステリ 1960

1959

Passage of Arms

武器の道 (ハヤカワ・ミステリ文庫 15-3)

「武器の道」宇野利泰訳 ハヤカワ・ミステリ 1960/ハヤカワ・ミステリ文庫 1977

1962

The Light of Day

真昼の翳 (ハヤカワ・ミステリ文庫 15-2)

「真昼の翳」宇野利泰訳 ハヤカワ・ミステリ 1963/ハヤカワ・ミステリ文庫 1976
Movie 「トプカピ」TOPKAPI, 1964(米)
監督:ジュールス・ダッシン、出演:メリナ・メルクーリ、ピーター・ユスティノフ、マクシミリアン・シェル

1964

A Kind of Anger

汚辱と怒り (1967年) (世界ミステリシリーズ)

「汚辱と怒り」宇野利泰訳 ハヤカワ・ミステリ 1967

1967

Dirty Story

ダーティ・ストーリー (ハヤカワ・ミステリ文庫 15-4)

「ダーティ・ストーリー」宇野利泰訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1979

1969

The Intercom Conspiracy / The Quiet Conspiracy

「インターコムの陰謀」村上博基訳 ハヤカワ・ミステリ 1975/早川書房(世界ミステリ全集) 1972

1972

The Levanter

グリーン・サークル事件 (創元推理文庫)

「グリーン・サークル事件」藤倉秀彦訳 創元推理文庫 2008
実業家マイクル・ハウエルは、不幸な偶然の結果、ゲリラ組織“パレスチナ行動軍”の指導者サラフ・ガレドに、組織への全面的な協力を強要される。みずからと会社を窮地から救うため、危険な賭けに出るハウエル―。当事者自身が詳らかにする、中東世界を震撼させた“グリーン・サークル事件”の真実とは。スパイ小説の大家が円熟の筆致で描く、1972年度CWA最優秀長編賞受賞作。

1974

Doctor Frigo

ドクター・フリゴの決断 (1982年) (Hayakawa novels)

「ドクター・フリゴの決断」加島祥造/山根貞男訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1982

1977

Send No More Roses / The Siege of the Villa Lipp

薔薇はもう贈るな (1980年) (Hayakawa novels)

「薔薇はもう贈るな」斎藤数衛訳 ハヤカワ・ノヴェルズ 1980

1981

The Care of Time

1985

Here Lies: An Autobiography

1991

Waiting for Orders / The Story so Far