赤川次郎著作リスト(「三姉妹探偵団」シリーズ)


Bibliography

1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
三毛猫ホームズ 幽霊 三姉妹探偵団

三姉妹探偵団 (講談社文庫)

三姉妹探偵団1/失踪編 (1982)

タイプの違う美人三姉妹を突如襲った火事騒動。辛うじて逃げ出したものの自宅は丸焼け、しかも焼けあとから若い女の全裸死体が出てきて、姉妹は呆然となる。頼るべき父親は出張中なのだ。若い女はいつ屋内に入っていたのか?父親との関係は?魅力的な三姉妹が各自の特徴を生かして活躍するユーモアミステリの決定版!〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(2) (講談社文庫)

三姉妹探偵団2/キャンパス篇 (1985)

三姉妹の長女綾子が通う大学の文化祭に、元人気歌手の神山田タカシを招いたことから、怪事件が続発する!まず神山田のマネージャーが学内で殺され、三姉妹の自宅で爆弾さわぎが。大学内の複雑な人間関係や、神山田の過去の行状がからむ展開のなかで、三姉妹はみごとタッグを組んで大活躍。人気抜群のシリーズの第2作。〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(3) (講談社文庫)

三姉妹探偵団3/珠美・初恋篇 (1986)

末娘珠美のカバンに、なぜか試験問題案が入れられてた。ぬれぎぬを着せられたまま彼女は停学処分に。そして次に珠美の中学で殺人事件が発生する。被害者は在校生の母親で、ここでも例の問題案のコピーが登場した!三姉妹が仲良く仲悪く活躍するうちに15歳の珠美が恋にめざめて……。 〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(4) (講談社文庫)

三姉妹探偵団4/怪奇篇 (1987)

長女綾子が大学のゼミ担当教授からたのまれた家庭教師の先は、雪の中の山荘で待遇も抜群。レジャー気分で3姉妹と次女夕里子の恋人国友刑事は山荘に出かける。そのうち、夕里子の友人たちまで押しかけ、山荘は大にぎやか。ところが一方では、奇怪な出来事が続発していた。さて山荘の人々の運命は?ますます快調の人気シリーズ第4作。〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(5) (講談社文庫)

三姉妹探偵団5/復讐篇 (1988)

大邸宅吉沢家で、ひとり娘の早苗の誕生パーティが開かれている最中に、少年が殺された。彼は早苗のひそかなボーイフレンド。この事件が佐々本家の三姉妹を巻き込んだ。脅迫に誘拐。そして長女綾子は探偵のつもりで早苗の学校の教師に。魅力的な三人姉妹の大活躍シリーズ。〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(6) (講談社文庫)

三姉妹探偵団6/危機一髪篇 (1989)

次女夕里子の恋人国友刑事がやむなく少年を射殺。ところが少年の父親は獄中にいた大物。復讐に燃えた大物は見事脱獄し、なんと三姉妹の命を狙う。射殺、毒殺、誘拐とあらゆる手段で狙われる彼女たちの運命やいかに……。三人の性格が事件に絶妙に反映して物語は盛り上がる。絶好調シリーズの第六作。〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(7) (講談社文庫)

三姉妹探偵団7/駈け落ち篇 (1990)

長女・綾子は友人・米原朋子の婚約披露パーティに出席。しかし、それは政略結婚だったものだから、当の朋子は大反発。綾子は朋子の代りにその駈け落ち相手と新幹線に乗ることになったのだが……。どれが朋子の本当の恋人か、次女・夕里子をつかまえた男は一体だれ?三姉妹大活躍の人気シリーズ・第七弾。〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(8) (講談社文庫)

三姉妹探偵団8/人質篇 (1991)

温泉旅行に出かけようと長距離バス乗り場にやって来た三姉妹。ところがバスはとっくに出発してしまっていた上に、長女・綾子が強盗に遭遇、人質として連れ去られてしまった。次女・夕里子と、その恋人国友刑事、三女・珠美のドタバタ捜査が始まった。綾子は無事なのか?強盗の正体は?好評第八弾。〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(9) (講談社文庫)

三姉妹探偵団9/青ひげ篇 (1992)

成田空港で夕里子は不思議な光景を見た。姉の綾子が見知らぬ男性と出発ロビーに向かっていたのだ。不審に思って帰宅すると、綾子からのトンチンカンな置手紙が!音楽の都・ウィーンでなぜか嫉妬と殺人事件に巻き込まれてしまった三姉妹。言葉の壁もなんのその、迷探偵ぶりをここでも発揮!初の海外篇〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団(10) (講談社文庫)

三姉妹探偵団10/父恋し篇 (1993)

中世の面影を残すスイスの小さな町・ムルテン。ウィーンの事件を解決した三姉妹は、新年をスイスで迎えようとやってきた。一方、水科梨香は殺人容疑で指名手配中の父を追ってムルテンへ。もう一人の娘がいると知らされたこの町に父がいるに違いないのだ。かくして静かなムルテンに起こるべくして事件が。〔講談社文庫〕



死が小径をやってくる 三姉妹探偵団(11) (講談社文庫)

死が小径をやってくる/三姉妹探偵団11 (1994)

髪はいくらか白いけどスマートで若々しいエリート西崎敦夫は四十歳。結婚歴有、しかも十八歳の息子もいるのに佐々本家三女、珠美十五歳にひと目惚れ。でもベンツでの送り迎えに珠美もまんざらではなさそう。ところが妙な連続殺人事件にまきこまれてしまう二人。シリーズ11作目を迎え三姉妹はますます元気。〔講談社文庫〕



死神のお気に入り 三姉妹探偵団(12) (講談社文庫)

死神のお気に入り/三姉妹探偵団12 (1995)

美貌の元高校教師・室田春代のまわりには常に死者の影が。継父は教え子に生命維持装置を外され死亡し、教え子は教室から身を投げて自殺。春代の夫は部下に射殺され、その部下も自殺する。春代がすべてを操る犯人なのか。だが春代は国友刑事に「私は死神に狙われてるの」と訴え接近する。彼女の言葉の真偽は。〔講談社文庫〕



次女と野獣 三姉妹探偵団(13) (講談社文庫)

次女と野獣/三姉妹探偵団13 (1996)

佐々本家にかかってきた謎の電話。それは次女・夕里子を恋人にする、という不気味な宣言だった。謎の男は夕里子の恋人・国友刑事を卑劣な罠にかけ、長女・綾子を異様な病院に閉じこめ、三女の珠美も誘拐、監禁してしまう。やむをえず夕里子は犯人の待つホテルへ向かうが――。大ピンチの三姉妹は果して。〔講談社文庫〕



心地よい悪夢 三姉妹探偵団(14) (講談社文庫)

心地よい悪夢/三姉妹探偵団14 (1997)

佐々本三姉妹、最強の三女・珠美に一目惚れ、ストーカーになってしまった大学生が自殺した。逆恨みする母親から復讐を宣言された三姉妹のまわりで殺人事件が連続発生!!ゆがんだ母親の愛情が、三姉妹を恐怖にたたきこむ。頼りになるのは次女・夕里子の恋人、国友刑事だけだが、彼にも魔の手が迫っていた。〔講談社文庫〕



ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)

ふるえて眠れ、三姉妹/三姉妹探偵団15 (1998)

「君のお母さんは殺された。そうだろう?」怪しげな老人にささやかれ、三女・珠美は思い出した。三姉妹の母親を殺した犯人が、長女の綾子であることを……。三姉妹に襲いかかる魔の手、姉妹間にわだかまる疑惑。そしていつも不在の父親にも不倫疑惑が!一体誰が何故、三姉妹を追い詰めるのだろうか。〔講談社文庫〕



三姉妹、呪いの道行 三姉妹探偵団16 (講談社文庫)

三姉妹、呪いの道行/三姉妹探偵団16 (1999)

天才ピアニスト・高田恭二は、師であり愛人でもあった、深野須美子を捨て、若い恋人と駆け落ちした。須美子は恭二への恨みを綴った遺書を残して自殺した。須美子の呪詛に怯え、東京から逃れた二人は、雪深い温泉地で三姉妹と出会った。須美子の「呪い」は、三姉妹をも巻き込んでいく。殺人と怪異、果たしてその真相は。〔講談社文庫〕



三姉妹、初めてのおつかい (講談社文庫)

三姉妹、初めてのおつかい/三姉妹探偵団17 (2000)

それはまだ三姉妹の母が、生きていた頃のこと。両親は、旅行に出かけて3人はお留守番。3人を預かってくれるはずの叔母さんは駆け落ち、叔父さんは入院。小切手のおつかいを頼まれるが、なんと額面は三億円。殺人事件の犯人、追う刑事も巻き込んで大騒動に。三姉妹の行くところには、いつの日も事件あり!〔講談社文庫〕



恋の花咲く三姉妹 (講談社文庫)

恋の花咲く三姉妹/三姉妹探偵団18 (2001)

三姉妹だって乙女、恋もします。長女・綾子は大物俳優と出会って恋に落ち、次女の夕里子は恋人の浮気にやきもき、三女・珠美も幼馴染と再会していい感じ。それぞれの恋に、担任教師の不倫や自殺未遂、数々の殺人事件まで絡み、もつれにもつれた謎と人間関係の複雑なあやは解けるのか!?大人気シリーズ第18弾。〔講談社文庫〕



三姉妹探偵団19 月もおぼろに三姉妹 (講談社文庫)

月もおぼろに三姉妹/三姉妹探偵団19 (2003)

「父さんを信じてくれ」という伝言だけを残して、牧野幸の父親・祐二は婦女暴行容疑で逮捕された。保釈後、さらに殺人、放火の容疑で、「世紀の悪党」として逃亡する身に……。幸の高校の先輩である夕里子は、国友刑事と事件の真相を追うが、綾子、珠美も巻き込まれ、大事件に発展!真実はどこにある。〔講談社文庫〕



三姉妹、ふしぎな旅日記 三姉妹探偵団(20) (講談社文庫)

三姉妹、ふしぎな旅日記/三姉妹探偵団20 (2005)

三姉妹の乗った車が大爆発!衝撃のため、時空を遡ってしまったナチスドイツで美しい女子大生・ソフィアと知り合うが、彼女には人には言えない重大な秘密があった……。自分たちの未来、そして自由と友情のために行動する決心をした三姉妹の運命は!?過去と現在、ドイツと日本が交錯する驚きの新展開。〔講談社文庫〕



三姉妹、清く貧しく美しく 三姉妹探偵団21 (講談社文庫)

三姉妹、清く貧しく美しく/三姉妹探偵団21 (2007)

護送中の殺人犯が刑事を射殺して逃亡し、修道院に身を潜めた。同じ町で起きた、謎だらけの銀行たてこもり事件。現地に向かった夕里子と国友刑事だが、罠にはまった国友は婦女暴行犯として指名手配され、警察をクビになるはめに。そして夕里子に着せられた汚名はなんと「殺人犯」!三姉妹の絆が試される――。〔講談社文庫〕



三姉妹と忘れじの面影 三姉妹探偵団(22) (講談社ノベルス)

三姉妹と忘れじの面影 三姉妹探偵団22 (2011)

海外出張の父を見送った空港で、宇佐美忍という女が長女・綾子を我が子だと言い張り連れ去ろうとした。間違いを認めない女を知り合いの白髪の紳士が引き取り解決したが、翌朝、忍が死体で発見された。なぜか殺害容疑で逮捕状が出た綾子は銃を持つ男に拉致され行方不明。闇の住人たちが彼女に目をつける理由とは?姉の危機に夕里子、珠美が闇社会へ突っ込んでいく。大人気ユーモアミステリー。〔講談社ノベルス〕



1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
三毛猫ホームズ 幽霊 三姉妹探偵団