赤川次郎著作リスト(1990年代)


Bibliography

1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
三毛猫ホームズ 幽霊 三姉妹探偵団

1990

結婚記念殺人事件 (講談社文庫)

結婚記念殺人事件

「大貫警部」シリーズ

結婚の記念に人を殺そう。とんでもない夫婦もいたものだ。被害者は4人、しかも行きずりの殺人だ。犯人は、その日、その日、近くのホテルで挙式したカップルの中にいる。ところがなんと200組の集団結婚式。いったいどうやって捜せというのか。とほうに暮れる大貫警部に強い味方が現れた。井上刑事の恋人・直子だ。〔講談社文庫〕



角に建った家

角に建った家

突然建った古い洋館にはひとりぼっちの不器用な少女が住んでいた.どこかで見た? そう,大切に読んでいたあの本の中で…….さわやかな物語と不思議な画のコラージュで出現する「本」のなかの世界.本の魅力のミステリー.〔岩波書店〕



真夜中の騎士 (徳間文庫)

真夜中の騎士

「第9号棟」シリーズ

強引なやり口で悪名高い実業家の添田が斬殺された。目撃者によると犯人はなんと黒い鎧に身を固め白馬に乗った騎士だというのだ。さらに彼はパーティ会場に現われ、製薬会社会長の黒川を襲った。現場に居合わせた「私」こと鈴本芳子は黒川の娘さつきの相談を受け、お馴染み「第九号棟」の仲間――ホームズ、ルパン、ダルタニアンたちとともに「黒い騎士の事件」解明に乗り出すが……。シリーズ第五弾。〔徳間文庫〕



三毛猫ホームズの四季 (角川文庫)

三毛猫ホームズの四季

「三毛猫ホームズ」シリーズ

「それで――誰が夏子姉さんを殺すの」――中華料理店の一室で張り込み中の片山刑事の耳に飛び込んできた、聞き捨てならない言葉。隣の個室では笠倉家の姉妹三人とその夫たちが食事中だった。ただの冗談だろうと気にとめなかった片山だが、数日後、海に落ちた車の中から笠倉夏子の死体が発見された。裕福で恵まれているはずの笠倉家で、一体何があったのか。ホームズ、片山、晴美、石津、お馴染みの登場人物が勢揃い。超人気シリーズ第18弾。〔角川文庫〕



ハ長調のポートレート (角川文庫)

ハ長調のポートレート

働き者のサラリーマン坂上勝之、正直で優しい妻エリ。二人の平凡な日常は、初めての赤ちゃん〈亜紀子〉が生まれた瞬間に色を変えた。「会社のため」に自分の生活や、妻の存在に目を瞑ってきた勝之。満員電車で、スーパー・マーケットで、家で……ちょっとした出来事が、彼に〈バラ色の平凡〉を教えてくれる。亜紀ちゃんが、大人たちにくれた、ごく普通の大切なもの。毎日を変える家庭小説。〔角川文庫〕



南十字星 (双葉文庫)

南十字星

奈々子がアルバイトしている喫茶店「南十字星」に、美貴という女性が訪れた。新婚旅行先のドイツで夫が失踪したという。奇妙な縁から、奈々子は美貴のお供で夫捜しの旅に出るが、なぜか命を狙われる羽目に。そしてやっと見つけた美貴の夫は、意外な秘密を抱えていた……。異国の街で繰り広げられる、スリルと甘い恋に彩られた青春サスペンス。〔双葉文庫〕



別れ、のち晴れ (新潮文庫)

別れ、のち晴れ

康夫と加津子は離婚四年目。康夫は高校生の娘を、加津子は小学生の息子をそれぞれ引き取って暮らし、年に一度〈離婚記念日〉に会う約束をしている。ところが四回目のその日を目前にして、二人とも仕事上のトラブルを抱えてしまった。強がって「幸せなふり」をしてきた二人は、男と女のプライドもからんで、互いに相談することさえままならない。泥沼にはまりこんだ2人はついに……。〔新潮文庫〕



三姉妹探偵団(7) (講談社文庫)

三姉妹探偵団7/駈け落ち篇

「三姉妹探偵団」シリーズ

長女・綾子は友人・米原朋子の婚約披露パーティに出席。しかし、それは政略結婚だったものだから、当の朋子は大反発。綾子は朋子の代りにその駈け落ち相手と新幹線に乗ることになったのだが……。どれが朋子の本当の恋人か、次女・夕里子をつかまえた男は一体だれ?三姉妹大活躍の人気シリーズ・第七弾。〔講談社文庫〕



寝台車の悪魔 (光文社文庫)

寝台車の悪魔

「悪魔」シリーズ

午前一時半。川村冬子が目覚めたのは寝台車の中。花園学園の修学旅行、夜行列車での帰途だった。その列車のトイレに女の死体が。深夜、冬子が通路でぶつかった「白いコートの男」が犯人なのか!?数日後、冬子の父親が亡くなり、葬儀を終えた夜……。彼女の自宅の前に「白いコートの男」が現れる――。由利子、旭子、香子の女子高生トリオが、事件の真相に迫る。〔光文社文庫〕



殺意はさりげなく (角川文庫)

殺意はさりげなく

高校1年生の小百合の誕生日は2月29日。4年に一度のこの日が近づくと、少女殺害事件が過去3回も起こっていることに気付いた小百合の祖父で元刑事の耕治は、彼女の16歳の誕生日を前にして警察に注意するが、無視された。しかしその夜、事件発生。現場付近にいた耕治は逮捕された。小百合の親友の祖父・彰三は弁護士をやとい、助けようとするが、彼自身には正体不明の影がつきまとっていた……。誰にもはりついている黒い影をゆさぶり起こす恐怖ミステリーの傑作。〔角川文庫〕



吸血鬼と死の天使 (コバルト文庫)

吸血鬼と死の天使

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

キャッ!大学の学食で、エリカは手にした盆を思わずとり落した。一瞬、憎しみがこめられた強烈な「力」を感じたからだ。そして、プレイボーイと評判の折田という学生が「胸が……苦しい」といって息絶えた。殺したいほど憎い、と思った人間を念力で殺す力を持って生まれてしまった少女の運命をエリカとクロロックは救おうとするが……。〔コバルト文庫〕



哀愁変奏曲 (集英社文庫)

哀愁変奏曲

ハーブの調べに恋がめばえ、チェロの音色に悪魔が忍び寄る――。音楽と楽器をめぐって激しく奏でられる愛と哀しみと恐怖のメロディ。連作ホラー・サスペンス。〔集英社文庫〕



三毛猫ホームズと仲間たち――新・赤川次郎読本 (光文社文庫)

三毛猫ホームズと仲間たち/新・赤川次郎読本

「作家生活、足かけ十七年。ちょっと、足を止めて、振り返ってみる。その手がかりに、と作ってもらったのが、この本である。考えてみれば、初めのころの若い読者が、今はもう子育てに忙しい親の立場にもなっている。もし、よろしければ、僕と一緒に、十七年の足取りを辿ってみていただきたいと思う」空前の人気作家の魅力に迫る赤川読本、待望の文庫化。〔光文社文庫〕



泥棒に手を出すな (徳間文庫)

泥棒に手を出すな

「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ

罪組織の大物・村上竜男の超豪邸で、元プロレスラーの用心棒・吉川が背後から心臓を銃で撃ち抜かれていた。現場からは村上夫人の愛犬で太郎という名の狆がいなくなった。誘拐事件だと大騒ぎする村上夫妻。捜査を始めた警視庁捜査一課の美人刑事・今野真弓に夫の淳一は、職業的カンからのアドバイスをするが……。夫は泥棒、妻は刑事の異色コンビが織りなすユーモアピカレスク。シリーズ第七弾。〔徳間文庫〕



ローレライは口笛で (光文社文庫)

ローレライは口笛で

看護婦仲間の久江、和子、千寿。三人は、仲よくヨーロッパを旅行中、心臓発作を起こした初老の紳士を助け、お礼にチェスの駒が付いたキーホルダーをもらった。帰国の途中、その紳士が、行方不明になって騒がれている大学教授だと知り、研究室に連絡するが……。三人を巻き込む殺人事件は、美しいメロディとともにやって来た。傑作ロマンチック・ミステリー。〔光文社文庫〕



天使は神にあらず (角川文庫)

天使は神にあらず

「天使と悪魔」シリーズ

少女マリと黒犬ポチのコンビ――その正体、実は落ちこぼれ天使と地獄から追い出された悪魔――の地上での修業も3回目。さて今回は、雪に覆われた新興宗教の総本山にやってきたマリとポチ、そこで与えられた仕事は何とマリが自分とそっくりの教祖様の代役を務めること。豪華な宮殿でおいしい食事を楽しむヒマもなく、身代わりとしてスマイル、サインなどの練習がいっぱい。やがて教団の金に目のくらんだ本物の教祖の母親があらわれて……。ポチはけっこう気に入ったようだけど、ここは天国それとも地獄?欲がぶつかりあう人間界で「天使と悪魔」の新たな大冒険の始まり。〔角川文庫〕



亜麻色のジャケット (光文社文庫)

亜麻色のジャケット

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、十七歳の冬。爽香の中学時代の恩師安西布子と河村刑事は、美術館で久々のデート。彫刻が置かれた庭で河村が意を決して布子にプロポーズをしたとたん、ずぶ濡れの若い女性が助けを求めてきた。何者かに池へ突き落とされたその女の手には、亜麻色のジャケットが……。長編青春ミステリー。〔光文社文庫〕



密告の正午 (新潮文庫)

密告の正午

父は大阪に単身赴任。母は外に出てばかり。弟も部活で忙しく、家にはほとんど誰もいない。そんな家庭や平凡な毎日にうんざりしていた女子大生・亜希は、親友に頼まれ、ある「荷物」を預かることにした。刺激欲しさと興味半分で引き受けたその仕事が、人生を左右する悲劇の幕開けになるとも知らずに――。友情も恋愛も裏切らなければならなくなった亜希が、最後に手にしたものは?〔新潮文庫〕



こちら、団地探偵局〈PART2〉 (双葉文庫)

こちら、団地探偵局PART2

並子と政子は親友で、東京郊外の大団地に「探偵局」を開いている。ある夜パーティで「私……女に刺されたの」と八木沢良子が政子にもたれかかってきた。良子は「ある問題」で並子に相談していたのだ。こうして事件の幕はあき、ともに28歳の主婦探偵は、動き出した。大団地という造られた「都会」に注ぐ著者の視点が鋭い連作長編ミステリー第2弾。〔双葉文庫〕



哀しい殺し屋の歌 (角川文庫)

哀しい殺し屋の歌

俺の狙った相手で逃げのびた奴は一人もいない――ろれつも回らぬ程酔っ払った老人は、昔は辣腕の殺し屋だったとくり返す冴えない男。ところが泥酔した彼が、何故か上品な美女にさらわれた。その上、知見らぬ少年から殺人の依頼が……。人生の哀切をユーモア・タッチで描く傑作サスペンス二編。 角川文庫〕



三毛猫ホームズの黄昏ホテル (角川文庫)

三毛猫ホームズの黄昏ホテル

「三毛猫ホームズ」シリーズ

山間の豪華なリゾート・ホテル「ホテル金倉」。このホテルが閉館することになり、閉館前の最後の一週間、馴染みの客がオーナー・金倉に招待された。片山たち一行も、金倉のたっての希望でその場に招かれた。実はこのホテルでは十年前に金倉の一人娘が殺されるという事件があり、現在も未解決のまま。今回集められた招待客は、片山たちを除いて全員がその現場に居合わせた人ばかりなのだという。しかも金倉は「今度殺されるのは私だ」と予言――はたして惨劇は繰り返されるのか?人気シリーズ第19弾。〔角川文庫〕



悪の華 (光文社文庫)

悪の華

白昼の公園で、主婦が殺害された。ついに、あいつが帰って来たのだ!事件を機に7年ぶりに集まった悪い仲間たち。今はみな、会社社長、ピアニスト、主婦……として平穏な日々を送っている。この生活を守るためには、あいつを殺さなければならない。だが、仲間は、一人また一人と殺されて……。悪と悪との闘い、悪の友情と悲哀を描く長編サスペンス・ミステリー。〔光文社文庫〕



微熱 (講談社文庫)

微熱

新婚旅行先のオーストラリアで、田川は七人の老人たちが断崖から次々と飛び下りるのを目撃してしまった……。それから十七年。中古マンションに引越した田川家の周辺に奇妙な事件が続発。娘・裕果の部屋に洋服ダンスから現われる不思議な少女は誰なのか。十七年前の事件がチラつくのは何故か。真相は?〔講談社文庫〕



1991

透明な檻 (光文社文庫)

透明な檻

会社員の佐田弘史は、娘のかなえが通う女子校の美術教師・柳本靖代と関係を持ってしまう。罪悪感を持ちながらも、別れることができずにいた。佐田が再び彼女と二人きりで過ごしていた夜、娘の同級生が何者かに暴行された――。浮気を公にできず、アリバイのない佐田に容疑が向けられる。平穏な生活を奪われ「絆」を失いつつある家族に、さらなる事件が襲いかかる。〔光文社文庫〕



いつもと違う日

いつもと違う日



不思議の国のサロメ (徳間文庫)

不思議の国のサロメ

「第9号棟」シリーズ

今村まどかの母、朝代とピアノ教師、角田は不倫関係にあったが、争いの末、朝代は角田の首を切り落として殺害。その光景を目撃した14歳のまどかは精神に異常をきたしてしまう。ショックを受けた父、晴彦は秘書の大滝邦子の言いなりになって彼女を精神病院に入院させることにした。そこは鈴本芳子はじめホームズ、ルパン、ダルタニアンたちがいる「第九号棟」だったが、その当日、看護人が首を切り落とされて殺された。まどかの犯行か?といわれたことに疑問を感じたわれらが“正義の仲間たち”は独自の調査を開始した。〔徳間文庫〕



黒鍵は恋してる (赤川次郎ミステリーコレクション 19)

黒鍵は恋してる

高校一年生のあかねは、向かいのマンションにあやしい人影を目撃する。そこで殺人事件があったと聞いて、びっくり!あかねと同じマンションにすむ、ピアノの上手な真音は、しだいに事件の深みへと……。あかねは?真音は?スリリングな恋と友情のミステリー・コメディ。〔岩崎書店〕



天使に似た人 (角川文庫)

天使に似た人

「天使と悪魔」シリーズ

コンビニで地上研修に励む“落ちこぼれ”天使マリの所に、突然大天使様がやってきた――善人と悪人、性格が全く正反対の双子の兄弟が同時に死んで、それぞれ天国と地獄へ行くはずが、なぜか途中で入れ替わって生き返ってしまったという――。さっそく捜査を開始した迷コンビ、マリと悪魔犬ポチ。ところがマリに一目惚れしたという大富豪のお坊っちゃんが現れて……。善と悪が入り乱れて大混乱の〈天使と悪魔〉シリーズ第四弾。〔角川文庫〕



湖底から来た吸血鬼 (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

湖底から来た吸血鬼

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

ダムができて、湖に沈んだ村――だが5年後、雨不足で再びその姿を現した。そして、「それ」は墓の下からよみがえり、血を必要としていた……。同じ吸血鬼族の匂いを感じたクロロックだったが……。 〔コバルト文庫〕



素直な狂気 (角川文庫)

素直な狂気

部長の絶大な信頼を受けていた松山は、彼の愛人の面倒をみるうちに彼女と関係を持ってしまった。松山は自分の家庭と地位を守るために彼女を殺し、殺人の容疑が部長にかかるように仕組んだ。完全犯罪になるはずだった松山にとって、唯一つの気がかりは、殺人を犯した日に電車賃を賃した見知らぬ若者が、何度も松山の所を訪れ執拗に小銭を返そうとする事だった。受け取るとあの日のアリバイが……。意外な結末が胸をうつ表題作他日常に潜むミステリーを描いた傑作、全六編。〔角川文庫〕



三姉妹探偵団(8) (講談社文庫)

三姉妹探偵団8/人質篇

「三姉妹探偵団」シリーズ

温泉旅行に出かけようと長距離バス乗り場にやって来た三姉妹。ところがバスはとっくに出発してしまっていた上に、長女・綾子が強盗に遭遇、人質として連れ去られてしまった。次女・夕里子と、その恋人国友刑事、三女・珠美のドタバタ捜査が始まった。綾子は無事なのか?強盗の正体は?好評第八弾。〔講談社文庫〕



黒いペンの悪魔 (光文社文庫)

黒いペンの悪魔

「悪魔」シリーズ

「キャーッ!」鋭い叫び声に、由利子、旭子、香子の三人が素早く動き、自殺を図った美里の一命を取りとめた。ボーイフレンドの滝田から送られた一通の手紙が彼女をそこまで追い込んだのだ。だが、彼は、そんな手紙を書いた憶えは一切ないと言う。放火未遂、殺人……。事件にあわせて舞い込む手紙は、すべて黒インクで書かれていた。凶音を配達する犯人の狙いは!?――。〔光文社文庫〕



三毛猫ホームズの犯罪学講座 (角川文庫)

三毛猫ホームズの犯罪学講座

「三毛猫ホームズ」シリーズ

栗原課長の代理として、F女子大学で三日間の特別講義をする羽目に陥った片山義太郎。女性恐怖症に耐えながら、しどろもどろで一日目を終えたところ、意外にも女子大生から大人気。ところが二日目の講義の真っ最中、天井から鎖で吊るされた女の子の死体がおりてきた!それをきっかけに、F女子大とその裏手の女子学生会館で、謎の連続殺人が……。〔角川文庫〕



告別 (角川ホラー文庫)

告別

深夜の山道で偶然見つけた奇妙な電話ボックス。そこから古い友人にかけた電話が、過去へと続く不思議な扉を開けてくれた。もしも、昔の自分に戻ってもう一度人生をやりなおすことができるとしたら。かつて別れたはずの人と、再び出会うことができたなら。そんな不可能なはずの願いが、一本の電話から現実になっていく……。(長距離電話)人生に必ず訪れる、愛する人との「告別」の時。七つの別れを様々に綴った、ミステリアスな作品集。〔角川ホラー文庫〕



遅刻して来た幽霊 (新潮文庫)

遅刻して来た幽霊

必ず貴様を呪い殺してやる――こんな遺書を残して新入社員の男が自殺した。いったい誰を恨んで死んだのか?社員の関心が集まる中、今度は課長が会社の屋上から飛び下りた。「貴様」とは課長のことだったのか。本当に男の呪いなのか。謎が謎を呼ぶ怪事件の真相に、しっかり者の貞代とのんびり屋の実子のOLコンビが挑む。(『遅刻して来た幽霊』)。本当にありそうで怖い話を6編収録。〔新潮文庫〕



人形に片目をとじて (児童よみもの名作シリーズ)

人形に片目をとじて

お人形に話しかけられて、近所のねこに呼び出されちゃった!?小学生のまいちゃんが出かけた先にまっていたのは、いったい……?ベストセラーミステリー作家・赤川次郎と、圧倒的人気を誇るまんが家・柴門ふみのコラボレーションが実現!小学生の女の子の、小さな冒険に大きな勇気をもらえます。〔小学館〕



真夜中のオーディション (徳間文庫)

真夜中のオーディション

役者の卵・戸張美里が友人の代役で受けたオーディション。それは奇妙なものだった。時間は夜中の十二時。場所はマンションの一室。そこで待っていた男からの指令は、十二年前に失踪したある娘になりすまし、母親の家を訪ねることだった。美里は不審に思いながらも持ち前の好奇心と役者根性から、仕事を受けてしまうが……。役者の卵がにわか迷探偵に!?連作ユーモア・ミステリー。〔徳間文庫〕



赤川次郎のばっくすてえじトーク――クラシック、14人の音楽家 (光文社文庫)

赤川次郎のばっくすてえじトーク/クラシック、14人の音楽家

超人気作家が、「素人代表」として、第一線で活躍中の14人の音楽家と対談。クラシック音楽への愛情が溢れる一冊。〔光文社文庫〕



死が二人を分つまで (集英社文庫)

死が二人を分つまで

心臓が止まったはずなのに、専業主婦・由利江には、はっきり意識があった。なぜか生きているのだ。だが、その代償は重く、人間の生命エネルギーを奪わないと生きられない体になっていた。他人を殺さねば、自分が死ぬ。彼女は殺すことを選択してしまう。それを知ったサラリーマンの夫・広造は銃を手に彼女を追うが……。殺しながら逃げる主婦とその夫とのスリリングな関係を描く傑作ホラー長編。〔集英社文庫〕



薄紫のウィークエンド (光文社文庫)

薄紫のウィークエンド

「杉原爽香」シリーズ

杉村爽香、十八歳の秋。爽香にとって、今年の夏は最悪だった。父が脳溢血で倒れ休職、親友の今日子は、マリファナ売買に係わっていると噂の大学生・只野と交際して、爽香を悩ませていた。一方、只野の父が経営する会社に勤める酒井は、妻がサラ金会社から莫大な借金をしていると知らされて……。秋を迎え、危険な風が爽香をとりまく。好評シリーズ第4弾。〔光文社文庫〕



誇り高き週末 (集英社文庫)

誇り高き週末

70歳の大金持ちの選んだ相手はなんと28歳。さまざまな思惑を抱えた一族が、花嫁披露の山荘に集まる日、幽霊の元・妻もやってきた……。それぞれの週末に起こる愛と殺意のオムニバス・ミステリー。〔集英社文庫〕



輪舞(ロンド)――恋と死のゲーム (角川文庫)

輪舞{ロンド}/恋と死のゲーム

高校三年の冬。喧嘩ばかりの両親を思い、暗い気持ちで雨にうたれていた久美子。だが、彼女の〈孤独〉はその日が最後になった。見知らぬ男性が、優しく暖かく傘をさしかけてくれたのだ。彼への憧れと淡い恋心を支えに生きる久美子が、ある日、彼の家で見てしまったものは……。様々な喜びと哀しみを秘めた人間たちの、出逢いやすれ違いから生まれる愛と恋の輪舞。オムニバス・ラヴ・ミステリー。〔角川文庫〕



花嫁の時間割 (角川文庫)

花嫁の時間割

「花嫁」シリーズ

おなじみの女子大生・亜由美のもとに、高校時代の友人・ゆかりから、結婚式の招待状が届けられた。なぜか同時に三通――しかもそれぞれ相手の男性の名が違っている。おっとりして世間知らずなゆかりは三人からのプロポーズを断りきれず、とりあえず全員と式を挙げることにしたのだという。何とか思いとどまらせようとする亜由美だが、三人のフィアンセのうちの一人が式を目前に殺されてしまったから、さあ大変。亜由美と愛犬ドン・ファンの名コンビがまたまた活躍、お待ちかね“花嫁”シリーズ登場。〔角川文庫〕



三毛猫ホームズのフーガ (角川文庫)

三毛猫ホームズのフーガ

「三毛猫ホームズ」シリーズ

あるのどかな昼下がり、レストランで食事をしていた片山義太郎と晴美。二人が食事を終えて席を立とうとした時、突然窓ガラスに亀裂が走り、テーブルの上の一輪ざしが砕け散った。それと同時に客の一人が倒れ、店内は大騒ぎに!狙撃事件かと被害者に駆け寄った片山だったが、検死の結果は意外にも「毒殺」。しかも現場からは銃弾が消え失せていた……。遁走曲のように、次から次へとつながる連続殺人の環。片山とホームズはそこに隠された真実を見つけることができるのか?大人気シリーズ21弾登場。〔角川文庫〕



クリスマス・イヴ (角川文庫)

クリスマス・イブ

クリスマス・イヴの夜、恋人たちで賑わうSホテルが企画したイベント、「ミステリー・ナイト」。ホテルを舞台に推理劇が演じられ、宿泊客がその謎を解いていくというゲームだ。推理劇に出演する俳優、人目を避けてイヴの夜を過ごす大女優、ホテルの従業員、婚約中の恋人たち……。ホテルに集う人々の運命が複雑に絡み合い、ゲームは思わぬ方向へ転がりはじめた!聖なる夜に繰り広げられる、ロマンチック・サスペンス。〔角川文庫〕



1992

マザコン刑事と呪いの館 (徳間文庫)

マザコン刑事と呪いの館

「マザコン刑事」シリーズ

警視庁捜査一課きっての敏腕警部・大谷努は三十代半ばのスマートな二枚目だが強度のマザコン。息子を溺愛する母親は、大谷の部下兼恋人の女刑事・香月弓江を敵視し、二人の仲を監視するかのように殺人現場にまで現われる。このユニークなトリオが、今回は占いで有名な〈幸せの館〉を軸に続発する事件に挑戦。弓江はその館の当主であるサキ・巌と名乗る占い師に接近していくが……。好評シリーズ初の長篇。〔徳間文庫〕



幽霊園遊会 (文春文庫)

幽霊園遊会

「幽霊」シリーズ

大富豪の55歳の誕生パーティは同時に婚約披露パーティでもあった。その邸宅の地下室のワインセラーで発見された死体は大富豪自身か、瓜二つの双子の弟か――。天下の警視庁捜査一課のオニ警部宇野喬一と自称“捜査一課顧問”の女子大生永井夕子の名コンビが真夏の夜に起こった殺人事件を見事に解決する。“幽霊シリーズ”第6弾。〔文春文庫〕



殺人よ、さようなら――赤川次郎ベストセレクション〈8〉 (角川文庫)

殺人よ、さようなら

一度しかない16歳の夏、私とママは再び海辺の別荘にやってきた。3年前にあの「事件」が起こった場所だ。ママも私も事件のことは口に出さず、毎日が穏やかに過ぎてゆく。ところが1週間後、私とそっくりの服を着た少女が目の前で殺された。そして次々と届けられる奇怪なメッセージ。誰かが私の命を狙っている……?『殺人よ、こんにちは』から3年、過去の秘密を胸に抱き、ユキがあの海辺に帰ってきた。〔角川文庫〕



三姉妹探偵団(9) (講談社文庫)

三姉妹探偵団9/青ひげ篇

「三姉妹探偵団」シリーズ

成田空港で夕里子は不思議な光景を見た。姉の綾子が見知らぬ男性と出発ロビーに向かっていたのだ。不審に思って帰宅すると、綾子からのトンチンカンな置手紙が!音楽の都・ウィーンでなぜか嫉妬と殺人事件に巻き込まれてしまった三姉妹。言葉の壁もなんのその、迷探偵ぶりをここでも発揮!初の海外篇 〔講談社文庫〕



豪華絢爛殺人事件 (講談社文庫)

豪華絢爛殺人事件

「大貫警部」シリーズ

華やかな名門女子大。その年中行事でも特に華やかな豪華ホテルでの卒業謝恩会。“殺人事件”とは最も似つかわしくない場所で、血塗られた殺人が起こった。貸し衣装のタキシードで食べものを詰め込む大貫警部が容疑者を怒鳴りつけ、一件落着かと思ったら……。井上刑事と直子を悩ませながら、推理は進む。〔講談社文庫〕



吸血鬼愛好会へようこそ (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

吸血鬼愛好会へようこそ

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

エリカが通う大学のサークルに〈吸血鬼愛好会〉というのがあるという。入会資格は、「夜中に、若く美しい女性を吸血鬼の格好でおどかして、気絶させること」。でも、誰がメンバーなのか、どこに部屋があるのか、その正体を知る者はいないのだ。そして、若い女性がのどを切り裂かれて、殺された。フォン・クロロックとエリカの活躍が始まった。超人気シリーズ第11弾。〔コバルト文庫〕



泥棒は眠れない (徳間文庫)

泥棒は眠れない

「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ

警視庁捜査一課の美人刑事・今野真弓は殺人事件発生の報せを受けて、原人の骨を展示中のM博物館に急行した。現場には作業服姿の若い女性が倒れており、首筋には小さな刺のようなものが刺さっていた。猛毒を塗った吹矢による毒物死らしい。原人の骨に興味をもっていた、真弓の夫で泥棒の淳一も真相究明に動きはじめるが、淳一はセーラー服の少女が運転する車に轢き殺されそうになる……。好評シリーズ連作。〔徳間文庫〕



スクールバスは渋滞中 (集英社文庫)

スクールバスは渋滞中

「南条姉妹」シリーズ

ご存知、南条家の双子姉妹。外見は瓜ふたつ、ライフ・スタイルと性格は正反対。姉の麗子は純粋培養型箱入り奥さま。妹の美知は「暗黒通り」の女ボス。4歳になった麗子の娘サッちゃんが通う名門幼稚園のスクールバスに爆弾がしかけられた。裏で糸を引くのは学園の土地乗っ取りを企む悪いヤツ。南条家のプリンセスの無事救出をめぐって一家が大活躍する、シリーズ第三弾。〔集英社文庫〕



幽霊記念日 (文春文庫)

幽霊記念日

「幽霊」シリーズ

英文学教授水科恭子の息子正治を偲ぶ会の当日、その会場となった教室で、幽霊騒ぎがあったり、女子学生が刺されたり、“水科先生は講義中に殺されます”という電話があったりで、学園は大混乱となった。事件は大学の学部長選挙がらみとあって、永井夕子とオニ警部宇野喬二の名コンビは大ハッスル。好評シリーズの第7弾。〔文春文庫〕



三毛猫ホームズの傾向と対策 (角川文庫)

三毛猫ホームズの傾向と対策

「三毛猫ホームズ」シリーズ

片山家では、大学受験のために上京した高校生・温水さゆりを居候させることになった。ところが、さゆりの志望校・K大の教授が殺される事件が発生し、片山義太郎が事件を担当することに。捜査を進めるうちに明らかになった大がかりな犯罪の構図――そして、さゆりの身にまで危険が迫る!受験シーズン真っ盛りのキャンパスで発生した事件を、ホームズと片山は解決できるのか?絶好調のシリーズ第22弾。〔角川文庫〕



琥珀色のダイアリー (光文社文庫)

琥珀色のダイアリー

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽、19歳の春。大学へ進学した爽香は、家計の足しにと中学生・志水多恵の家庭教師を始める。多恵は、父親・国明が長期海外出張で不在中、継母や父の愛人と、三人で生活するという複雑な家庭事情にあった。そして父の帰国とともに事件の幕が開いた。春の別荘地で起こる殺人……。爽香はまたも渦中へ。恋のライバルまで登場する絶好調シリーズ第5弾。〔光文社文庫〕



眠りを殺した少女 (角川文庫)

眠りを殺した少女

大丈夫、誰も追いかけてなんかこない。誰も私がやったことに気づかない。昨日までと変わらずにおなかいっぱい食事もとれるし、夜はぐっすり眠ることができる。大丈夫、私には何も起こらない。ただ、人を殺しただけなのだから……。正当防衛で人を殺してしまった女子高生・智子。誰にも言えずに苦しむ智子のまわりに奇怪な出来事が続発、事件は思わぬ方向へ展開しはじめて……。少女の心理を描く長編サスペンス・ミステリー。〔角川文庫〕



仮面舞踏会 (光文社文庫)

仮面舞踏会

「普通の子」のメークを施された人気アイドル・杉田あるのは、TV局の楽屋からそっと抜け出した。誰もアイドルと気付かない。街へ出たあるのを待っていたのは……。(「消えたアイドル」)大事故で整形手術を受けた女子大生・倉林真知子。違う顔立ちになった彼女に、元恋人が声をかけてきた。(「見知らぬ恋人」)突然現われた「もう一人の私」が巻き起こすミステリー五編。〔光文社文庫〕



壁の花のバラード (徳間文庫)

壁の花のバラード

伊原有利、二十六歳。Nデパートに勤めるOL。容姿は人並み。なのになぜか彼氏なし。素敵な出逢いを求めて出席するパーティーではいつも壁の花。そんな有利の平凡な人生が一変した。いつものように出席したパーティーで、ハンサムな青年実業家・沢本徹夫にダンスを申し込まれたのだ。夢心地の有利。だがなんと、彼は幽霊だった!驚く有利に沢本は、自分を殺した犯人を捜してほしいと頼む……。〔徳間文庫〕



インペリアル (角川文庫)

インペリアル

伊原有利、二十六歳。Nデパートに勤めるOL。容姿は人並み。なのになぜか彼氏なし。素敵な出逢いを求めて出席するパーティーではいつも壁の花。そんな有利の平凡な人生が一変した。いつものように出席したパーティーで、ハンサムな青年実業家・沢本徹夫にダンスを申し込まれたのだ。夢心地の有利。だがなんと、彼は幽霊だった!驚く有利に沢本は、自分を殺した犯人を捜してほしいと頼む……。〔角川文庫〕



迷子の花嫁 (角川文庫)

迷子の花嫁

「花嫁」シリーズ

結婚式を明後日に控えた小夜子は、独身時代最後の思い出にと友人達と羽目をはずして大騒ぎ。翌朝ひどい二日酔いで目覚めると、そこは見知らぬ屋敷の豪華なベッドルーム――しかも隣には白髪の老人が苦悶の表情を浮かべて死んでいた。その場は何とか逃れた小夜子だが、結婚式当日、大混雑の式場であの時の老人にそっくりな人物を見かける。老人は確かに死んでいたはずなのに、何故。小夜子の結婚式に招待されていた亜由美と愛犬ドン・ファンは、またしても殺人事件に首をつっこむことに……。待望の「花嫁」シリーズ登場。〔角川文庫〕



幽霊屋敷の電話番 (新潮文庫)

幽霊屋敷の電話番

18歳の売れないタレント、石川ひかりの今後の仕事はTV番組のレポーター。それも、一家心中があった家に一晩泊まるというものだった。そして撮影当日。夜中に壊れた電話が鳴り出した。ところが演出ではないらしい。そんなばかな。しかも受話器をとると女の声が……(「幽霊屋敷の電話番」)。一本の電話が引き起こす、思いもよらない事件の数々。怖いのは声、それともベルの音。〔新潮文庫〕



夢みる妹たち (集英社文庫)

夢見る妹たち

長女涼子。ひとりっ子の舞とともに別居生活を始めたばかり。舞を名門幼稚園に通わせるためで夫と離婚する訳じゃない。次女美雪。大学受験を控えて上京。独り住いの義兄の家に居候中。ただならぬ恋の予感を感じている。そして三女由香。オテンバな高校受験生。不思議な恋人ができたようだ。美しい三人の姉妹をめぐる恋模様が次々と波瀾を呼び奇妙な事件が巻き起こる。家族と愛とサスペンスの物語。〔集英社文庫〕



禁じられた過去 (角川文庫)

禁じられた過去

経営コンサルタントとして活躍する山上忠男の前に、かつての恋人・美沙が現れた。「私の恋人を助けてほしいの」と――。美沙のため、奔走する山上。しかし、横領事件に「巻き込まれた」という美沙の新しい恋人は、なんとなくどこか怪しい。男と女、それぞれの過去と愛が交錯するなか、山上は次第に事件の中心へと追い込まれてゆく。禁じられた過去がもたらす愛憎を描く、大人のための本格ミステリー。〔角川文庫〕



三毛猫ホームズの家出 (角川文庫)

三毛猫ホームズの家出

「三毛猫ホームズ」シリーズ

ホームズを連れ、石津と食事に出た晴美。焼き肉をたらふく食べた帰り道、見知らぬ少女に声をかけられたホームズは、むっくりと起きあがり彼女についていってしまった!これって、家出!?晴美と石津、片山刑事は、必死の捜査を開始する。一方、少女の家にたどり着いたホームズは、その家の猫のふりをして……。大人気シリーズ、第23弾。表題作のほか、三編を収録。〔角川文庫〕



1993

シングル (角川文庫)

シングル

辻山房夫は三十一歳、冴えない独身サラリーマン。そんな彼に、一世一代の恋のチャンスが訪れた。相手は聡明で美しい小田切和代、二十七歳。ところが和代はかつてヤクザを殺して現在逃走中、警察とヤクザ両方から追われる身だった!一方、真田邦也と水野涼子はS大学の二年生。両親や学校には内緒だが、実は二人は結婚しているのだ。ばれないように注意していたが、邦也の母親が訪ねてくることになり大慌て!二組のちょっと奇妙なカップルが入り乱れ、話はさらに複雑に……。恋と危険がいっぱいの、長編サスペンス・ストーリー。〔角川文庫〕



雪に消えた悪魔 新装版

雪に消えた悪魔

「悪魔」シリーズ

北海道で行なうスキー学校に、由利子、旭子、香子の三人組も参加。雪また雪の平原を走る列車内は大賑わい。しかし、この課外授業は殺人付きなのだ!〔光文社文庫〕



忘れな草 (角川ホラー文庫)

忘れな草

山間の小さな町に住む高校二年の布悠子は、学校からの遺跡掘りの帰りに見知らぬ男を目撃した――。ところが、その日を境に身辺で微妙な異変が起き始め、ゆっくりと迫る何かに怯える布悠子はやがて誰もが信じられなくなり、逃げ場を失ってゆく……。封じ込めたはずの、しかし拭い去れない“過去”が日常を脅す恐怖を新感覚で描く。〔角川ホラー文庫〕



アンダースタディ (集英社文庫)

アンダースタディ

父が急死して21歳のOL、内海奈美の人生は大きく変わった。3歳の時に別れた母と双子の姉、美幸と暮らすことになって、姉の(代役)生活が始まった。身代わりデートをしたり、姉の愛人らしい大学生、安田から「連絡くれなきゃ死ぬ」って電話を受けたり、代役もなかなか大変なのだ。不穏なことは次々起きる。安田の自殺、叔父の心中事件件、旧い友人の死。奇妙な糸に結ばれて意外な真相が暴かれる長編。〔集英社文庫〕



三姉妹探偵団(10) (講談社文庫)

三姉妹探偵団10/父恋し篇

「三姉妹探偵団」シリーズ

中世の面影を残すスイスの小さな町・ムルテン。ウィーンの事件を解決した三姉妹は、新年をスイスで迎えようとやってきた。一方、水科梨香は殺人容疑で指名手配中の父を追ってムルテンへ。もう一人の娘がいると知らされたこの町に父がいるに違いないのだ。かくして静かなムルテンに起こるべくして事件が。〔講談社文庫〕



三毛猫ホームズの心中海岸 (角川文庫)

三毛猫ホームズの心中海岸

「三毛猫ホームズ」シリーズ

大財閥の娘が、片山刑事に恋をした!?何やらアヤしい心中事件を捜査し始めた片山刑事と晴美。死体を引き取りに来たのは、巨大財閥一族だった。一家の娘・みゆきは、どうやら片山刑事に惚れてしまったらしい。そしていつの間にか、二人は結婚することになってしまったからびっくり!!ついに迎えた結婚式当日。このまま片山は結婚してしまうのか――!?大人気三毛猫ホームズシリーズ第24弾。〔角川文庫〕



やさしい季節〈上〉 (角川文庫)

やさしい季節

アイドルへの道を着々と進む安土ゆかりと、地味ながら真の役者を目指して努力を続ける原口邦子。タイプは違うが高校時代から良きライバルだった二人を見守り続けてきた石巻浩志は、社会人となった今も、何かと彼女たちから頼られる「お守り役」になっていた。ある日、暴力団絡みのパーティーに出る羽目になったゆかりの頼みで、浩志はマスコミの目をそらすため、ゆかりの『仮の恋人』として会場へ乗り込む。それが全ての始まりだった……。スターを夢見る二人の女性と、彼女たちを支える一人の男。芸能界を舞台にミステリアスな「三角関係」を描く傑作青春小説。〔角川文庫〕



泥棒は三文の得 (徳間文庫)

泥棒は三文の得

「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ

夫の淳一は泥棒稼業、妻の真弓は警視庁捜査一課の刑事。異色コンビに事件の一報が入った。銀座の超一流レストランで起こった殺人事件。死因は毒殺。しかも殺されたのは毒薬を使う殺し屋だった。現場へ急行した真弓は、事件直前に何者かと言い争っていたシェフの大倉果林を連行するが、証拠不十分で釈放される。淳一も事件の謎を追うが、第二、第三の殺人が起こり……(「毒薬は口に甘し」)。好評シリーズ。〔徳間文庫〕



青きドナウの吸血鬼 (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

青きドナウの吸血鬼

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

クロロックの仕事に便乗する形で、ヨーロッパ旅行に出かけたエリカたち。ロマンティックな古都ウィーンに到着して早くも旅の気分が盛りあがった一行だが、空港で機関銃の襲撃という手荒い歓迎を受ける。狙われているのは、同行者の永井京子か。警戒するクロロックとエリカに次々と降りかかる襲撃事件。「美しく青きドナウ」の流れを背景に、吸血鬼父娘の推理が冴え渡るシリーズ第12作。〔コバルト文庫〕



駆け込み団地の黄昏 (集英社文庫)

駆け込み団地の黄昏

東京近郊にひっそりと存在する、通称「駆け込み団地」。そこはDVやいじめなどで社会から疎外された人々が救いを求める場所。ある夜、現職大臣夫人の僚子がそこに逃げ込んだことから、静かだった団地の状況は一変。妻が逃げたという事実をひた隠しにしようとする大臣と、このスキャンダルを利用しようとする人々の思惑がからみ合い、思わむ悲劇が引き起こされ―。社会派サスペンス。〔集英社文庫〕



緋色のペンダント (光文社文庫)

緋色のペンダント

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、二十歳の秋。中学時代の恩師・河村布子に赤ちゃんが生まれた。爽香は、友人の今日子と病院へお祝いに行き、その帰り、トラックにひかれそうになった女性を助ける。「死んでも良かった」と言う、その女性の胸には緋色のペンダントが。恋愛、友人、家族の問題……。十代を卒業し、悩み多き二十代を迎えた爽香に、またもや危機が迫る。シリーズ第6弾。〔光文社文庫〕



ホーム・スイートホーム (集英社文庫)

ホーム・スイートホーム

ある日の早朝、長女・文江の無残な姿の帰宅から、悲劇は始まった!誘拐、脅迫、殺人――「ウチには全く関係ナイ」はずの物騒な事件に次々と巻き込まれて行く棚原家。平和で平凡な家庭をたちまち破滅させてしまう現代社会の落とし穴。その恐ろしさを垣間見せる、ちょっと辛口のファミリー・ミステリー。〔集英社文庫〕



妖怪変化殺人事件 (講談社文庫)

妖怪変化殺人事件

「大貫警部」シリーズ

傍若無人・神出鬼没のあの大貫警部が殺人犯を追って勇猛果敢、遊園地の「怪奇の館」に突入。不気味な闇に待ちうけるのは吸血鬼・ミイラ男にゴーゴン、そして狼男――。けれどもこんな怪物たちよりもっと恐ろしい生物が、この世にはいたのである。〔講談社文庫〕



幽霊散歩道(プロムナード) (文春文庫)

幽霊散歩道{プロムナード}

「幽霊」シリーズ

女子大生の恋人永井夕子に強引に誘われて、テレビドラマのエキストラに出演することになったオニ警部宇野喬一。ところが撮影中のスタジオ内で主演女優が殺され、更に女優と噂のあったタレントの首吊り死体が発見された。無理心中か、はたまた真犯人がいるのか。ご存じ名コンビの推理が冴えわたる、“幽霊シリーズ”好評の第8弾。〔文春文庫〕



ふしぎな名画座 (角川文庫)

不思議な名画座

探そうとしても、見つからない。いつかどこかに現れる、「ふしぎな名画座」。そこでは、ただ一人のためだけに、懐かしい映画が上映される……。「(逢びき)のあとで」「(天使の詩)が聞こえる」「(ローマの休日)届」など、名画をモチーフにした、ファンタジックな連作短編集。〔角川文庫〕



うつむいた人形――赤川次郎サスペンス劇場 (光文社文庫)

うつむいた人形

「雪江!」――男は、倉本千明にそう呼びかけて来た。人違いなどではない。千明は、その男・室田照男を会社で失脚させるために偽名を名乗り彼の愛人となったのだ。千明に素っ気なくされた室田は赤信号の横断歩道に歩を進め……。女子大生でありながら、千明は「壊し屋稼業」で多くの男を惑わし、その人生を狂わせてきた。その報いなのか!?何者かが彼女の命を狙う。〔光文社文庫〕



三毛猫ホームズの「卒業」 (角川文庫)

三毛猫ホームズの〈卒業〉

「三毛猫ホームズ」シリーズ

「やめろ!そいつと結婚しちゃいかん!」かの名画『卒業』のラストシーンそのままに、恋人がヴァージンロードから花嫁を奪い去る。しかし翌日には、純白のドレスを真っ赤に染め上げた死体が発見されて……。ドラマチックな仕掛けに、一筋縄ではいかない男女の情を鮮やかに描きあげて意表をつく表題作ほか、上司と部下・同僚・夫婦など、さまざまな人間関係のもたらす愛憎劇を見事に浮き彫りにする読みきり傑作短編、全五話を収録。〔角川文庫〕



半人前の花嫁 (角川文庫)

半人前の花嫁

「花嫁」シリーズ

亜由美がアルバイト先で知り合った十六歳の女子高生・君江が、三十六歳のサラリーマン・三沢と結婚することになった。式の日取りも決まったが、君江の叔父・戸部がこの結婚に大反対。ところが、仲人をつとめる殿永が刑事だと知った途端、戸部は手のひらをかえしたようにふたりの結婚を祝福する。戸部には何か、よほど警察に知られたくない「秘密」があるらしい……?年齢差二十歳のカップルの行く手をさえぎる数々の障害。それを乗り越え、ふたりは無事ゴールインできるのか。〔角川文庫〕



1994

屋根裏の少女 (角川文庫)

屋根裏の少女

「自分の家の中に階段がある!」中学生の初は、嬉しくてたまらなかった。中古だって構わない、引っ越したばかりの一軒家には自分一人の部屋があるんだから!!でも、この家には誰か家族とは別の人がいるみたいだった。夜ごと聞こえる、かすかなピアノの音。姉の紘子が鏡の奥に見た、少女の姿。あれは一体、誰?引っ越しを機に、事件に巻き込まれてゆく一家を描いた、ファンタジック・サスペンス。〔角川文庫〕



さよならをもう一度――自選恐怖小説集 (角川ホラー文庫)

さよならをもう一度/自選恐怖小説集

夕闇の教会に現れた若い女。死を冒涜するかのような彼女の告白が、神父の心を乱す――。愛しい人をとり戻すために、彼女が犠牲にしたものは?許されぬ恋への執着、成功への欲望、幼い憧れ、小さな善意……ふとした心の揺れが自らの意志をも越えた結末を導く〈書下し表題作〉他五編。〔角川ホラー文庫〕



死が小径をやってくる 三姉妹探偵団(11) (講談社文庫)

死が小径をやってくる/三姉妹探偵団11

「三姉妹探偵団」シリーズ

髪はいくらか白いけどスマートで若々しいエリート西崎敦夫は四十歳。結婚歴有、しかも十八歳の息子もいるのに佐々本家三女、珠美十五歳にひと目惚れ。でもベンツでの送り迎えに珠美もまんざらではなさそう。ところが妙な連続殺人事件にまきこまれてしまう二人。シリーズ11作目を迎え三姉妹はますます元気。〔講談社文庫〕



三毛猫ホームズの安息日 (角川文庫)

三毛猫ホームズの安息日

「三毛猫ホームズ」シリーズ

宝くじが当たった!?運良く分け前にありついた片山は、その賞金で夕食会を催そうと計画する。しかし、お楽しみの安息日となるはずだった一日に、片山はひょんなことから東京名所巡りの観光バスで殺人犯と同乗する羽目に。一方、晴美も現金強奪事件に巻きこまれてしまい、石津はショールームで死体発見。そのときホームズは借金苦で一家心中を図る親子と死への道行きを共にしていて……。とんでもない事件に同時進行で巻き込まれてしまった三人と一匹。はたして全員集合はなるのか?大人気「三毛猫シリーズ」第二十六弾。〔角川文庫〕



ネガティヴ (集英社文庫)

ネガティヴ

妻に不倫の恋をさせ、それを材料に、同時進行で作品を書こうともくろんだ流行作家。この「仕組まれた恋」を発端に、不気味な連続殺人がはじまる……。いつのまにか現実と物語との境界がうすれ、この世の裏側(ネガティヴ)の世界が現実にまぎれこんでくる――底知れない怖さを描く、異色のサスペンス長篇。〔集英社文庫〕



会うは盗みの始めなり (徳間文庫)

会うは盗みの始めなり

「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ

大学時代の友人・野田茂子から夫の素行調査を依頼された警視庁捜査一課の美人刑事・今野真弓は、部下の道田刑事を野田が勤めるホストクラブ「ホストQ」に潜入させた。そこへ事件の知らせが!野田と同じ団地の住人・伊東が「ホストQ」の個室で殺されたのだ。夫で泥棒の淳一と共に捜査を開始した真弓は、伊東の妻・かね子と野田との浮気の事実を掴んだが……。好評「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ。〔徳間文庫〕



ふしぎなどろぼう (児童よみもの名作シリーズ)

ふしぎなどろぼう

人形をおいていく、変などろぼうをさがすため、まいちゃんが大活躍! 赤川次郎先生による、あっと驚く意外な展開と、里中満智子先生のかわいいイラストで、一度読み出したら止まらない推理よみものの名作です!〔小学館〕



吸血鬼と切り裂きジャック (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

吸血鬼と切り裂きジャック

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

濃い霧の夜、後輩に売春させていた女子高生がナイフで切り裂かれて殺されるという事件が起こった。あの“切り裂きジャック”が百年以上の時を経て現代に甦ったのか。事件の背後に禍々しい“血の匂い”を感じて調査に乗り出したクロロックとエリカ。ある夜、また霧が立ちこめて――。表題作のほかに『吸血鬼は夜中に散歩する』『吸血鬼の優雅な休暇』の2編を収録したシリーズ第13作。〔コバルト文庫〕



ミス (新潮文庫)

ミス

「週刊S」の記者、栗田真由美は酔った勢いで応募したミス・コンテストの書類選考を見事に通過した。だが困ったのは真由美自身。実は彼女には夫がいたのだった。わけあって職場では秘密にしているのだが、このままではいずれバレてしまう。そんなとき、真由美の目の前で殺人事件が発生。被害者の男が息絶える寸前に残したのは「ミス……」という謎の言葉だった。ユーモア・サスペンス。〔新潮文庫〕



過熟の実 (角川文庫)

過熟の実

希代子は28歳の雑誌編集者。契約社員ながら、編集長さえやりこめてしまうほどの元気が取り柄。今は特定の恋人はなく、仕事に明け暮れる毎日を送っている。仕事仲間のフリーライター、突然現れた昔の恋人……心を動かされる男性は何人かいるものの、自分のことよりも、周りの恋愛に振り回されてしまうことが多い今日このごろ。しかしある日、7つ年下の大学生・水浜に出会った時から、希代子自身の恋が動きはじめた……。恋する人々のひたむきな姿を描く、長編恋愛小説。〔角川文庫〕



午前0時の忘れもの (集英社文庫)

午前0時の忘れもの

愛していれば、奇跡もきっと起こる――バスの転落事故で湖の底に沈んでしまった死者たちが、愛する人たちに別れを告げるために、午前0時に戻って来た!深夜のバス・ターミナルでの、死者と生者の不思議な出会い。生きることの切なさ、命の輝き、そして人を愛することの素晴らしさを描ききった、赤川ファンタジーの傑作。(大林宣彦監督・映画『あした』原作)。〔集英社文庫〕



象牙色のクローゼット (光文社文庫)

象牙色のクローゼット

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、二十一歳の冬。中学時代の恩師・河村布子の家を訪ねた爽香は、河村家に居候中の女の子・由季と劇的に出会った。由季は、殺人事件のあった夜、行きずりの男とホテルに入り、帰り道で非常線に引っかかり補導されたという。一方、布子の夫・河村刑事は女性ばかりを狙った連続殺人を捜査中だったが。爽香がまた一歩大人に……人気シリーズ第7弾。〔光文社文庫〕



隣の芝生にご用心 (新潮文庫)

隣の芝生にご用心

その日は、朝から何か起こりそうな予感が――全くなかった。夫と娘のお弁当を作って、洗濯をして……という平凡な一日の始まり。唯一、いつもと違っていたのは、我が家の隣にかつての恋人が引越してきたことだった。彼も今は妻子ある身だったけれど、何やら訳ありな様子。そのうえ夫にも「昔の知り合い」という女性が現れて……。北見隆の挿画とともに贈るユーモア・サスペンス。〔新潮文庫〕



十字路 (角川文庫)

十字路

広告代理店に勤める坂巻里加。仕事のオニといわれているけれど、本当は見知らぬ男とホテルに行ったりもしている。そんな里加のもとに家出をしてきた妹が現れた日、実家から一本の電話がかかってきた。妹をかばおうとした里加に、母は呑気な声で言った。「家が焼けてしまったの」――。その日を境に次々と起こりはじめた怪事件。ねらわれているのは、私?里加は次第に追い詰められてゆく。都会の十字路、偶然の出会いが過去を甦らせる、サスペンスミステリー。〔角川文庫〕



スクリーンの悪魔 新装版 (光文社文庫)

スクリーンの悪魔

「悪魔」シリーズ

由利子、旭子、香子、花園学園高校二年生の名物トリオが女優デビュー!?後輩のゆかりがスカウトされ、いきなり映画の主役に大抜擢された。シンデレラ・ガールへの嫉妬か?ゆかりの控室に硫酸が投げ込まれる。彼女を守るためエキストラとして撮影に参加した三人。そこで由利子は助監督からデートに誘われる。次々に起きる殺人事件の真相と由利子の恋の行方は!?―。 〔光文社文庫〕



夜に迷って (光文社文庫)

夜に迷って

「智春がエアロビクス教室のコーチと浮気を?」帰宅途中のバスで、女三人の噂話に妻の名が出てきて、夫の伸男はぎょっとする。中学生の娘・有貴には不審な電話や謎の脅迫状が。そして、一家が住む社宅じゅうに噂は広まっていった。たった一度の過ちのために追いつめられた智春の決意とは?「家族の絆」とは?愛憎の罠をサスペンスフルに描いた長編ミステリー。〔光文社文庫〕



MとN探偵局 悪魔を追い詰めろ! (実業之日本社文庫)

MとN探偵局/悪魔を追い詰めろ!

17歳女子高生と中年実業家。異色コンビが怪事件に挑む!M・間近紀子とN・野田重人が「MとN探偵局」を開業。紀子が通うN女子学園で、錯乱した生徒が教師を殺してしまった。食堂で飲んだコーラに麻薬が入っていたのが原因のようだが、なぜ学園に麻薬が持ち込まれたのか?やくざまがいの実業家・野田とともに事件解明に動き出した紀子の前に、新たな殺人が…。表題作ほか1編を収録したユーモア・ミステリーの名作。〔実業之日本社文庫〕



1995

幽霊劇場 (文春文庫)

幽霊劇場

「幽霊」シリーズ

売れない若手女優・田村里沙と間違えられて、人が殺された。里沙の夫である演出家は大女優・吉川真帆を追いかけ回し、大女優は数多くの浮き名を流している。愛憎渦巻く芸能界で、里沙を恨んでいたのはいったい誰か。女子大生永井夕子と、オニ警部宇野喬一の名コンビは、事件解決のためにある芝居を打つ。好評シリーズ第9弾。〔文春文庫〕



プリンセスはご・入・学 (集英社文庫)

プリンセスはご・入・学

「南条姉妹」シリーズ

南条家の星(プリンセス)、サッちゃん(幸子)が、名門四ツ葉学園小学校にご・入・学!母・麗子や、その双子の妹・美知をはじめ、南条一家はお祭り気分。ところが、麗子が父母会長に選ばれた途端、殺人事件が……。父母たちの人生模様を織り込みながら、四ツ葉学園をめぐる怪事件を軽快なテンポで描くユーモア・ミステリー。大好評「南条姉妹シリーズ」第4弾。〔集英社文庫〕



家族カタログ (角川文庫)

家族カタログ

万年係長だったパパが、会社で課長昇進試験を受けることになり、曾根一家は大騒ぎ。家族全員の協力のもと、三か月間の猛烈な受験勉強を経て、いよいよ試験当日をむかえた。しかし、試験直前に思いがけない出来事が……!?(「パパは受験生」)「パパは受験生」「ママは国際スパイ」「叔父さんは大泥棒」など、普通の家族の「誰か」を巡って大事件が発生!そしてそのとき家族はどうする?家族の絆の意味を問い直す、連作短編集。〔角川文庫〕



君を送る (新潮文庫)

君を送る

石塚深雪、23歳。OL生活も四年目を迎えた彼女の心の支えは、営業部長の矢沢晃二。新人の頃、ミスをした深雪を救ってくれたことがあったのだ。その矢沢がワンマン社長と対立して、突然辞職に追い込まれた。裏には何か事情があるようなのだが……。自分の立場を気にして動こうとしない男たちに愛想をつかした深雪は、一人で送別会を企画するが、事態は意外な方向へ進展して……。〔新潮文庫〕



三毛猫ホームズの世紀末 (角川文庫)

三毛猫ホームズの世紀末

「三毛猫ホームズ」シリーズ

あんな有名詩人との恋?考えられない!雪子は舞い上がっていた。なんてったって、本人に付き合ってほしいといわれたのだから!でも、雪子は知らなかったのだ。おなじみ片山刑事と晴美とが、TVスタジオで、詩人を殺そうと花束にナイフを隠し持った女・ユリ子に遭遇していたことを――。ユリ子は告げた、「あの男は悪魔よ!」。雪子の運命はいかに!?三毛猫ホームズシリーズ第27弾。〔角川文庫〕



変りものの季節 (角川文庫)

変わりものの季節

「全く、どいつもこいつも役立たず!」五年目のベテランOL坂爪亜矢子は変りものの新入社員を三人も引き受ける羽目に。文学青年の白河、不器用でドジな木下、まだまだ学生気分の夕紀。気を取り直して仕事に励む亜矢子のもとに、殺されたはずの出入り業者・松木からファックスが!?この事件の裏には何かある――。亜矢子は行きがかり上、部下の新入りトリオたちと真相解明に乗り出していく。企業人事、男と女、様々な思惑と策略が錯綜する怪事件は、意外な結末を迎えることに――。〔角川文庫〕



死神のお気に入り 三姉妹探偵団(12) (講談社文庫)

死神のお気に入り/三姉妹探偵団12

「三姉妹探偵団」シリーズ

美貌の元高校教師・室田春代のまわりには常に死者の影が。継父は教え子に生命維持装置を外され死亡し、教え子は教室から身を投げて自殺。春代の夫は部下に射殺され、その部下も自殺する。春代がすべてを操る犯人なのか。だが春代は国友刑事に「私は死神に狙われてるの」と訴え接近する。彼女の言葉の真偽は。〔講談社文庫〕



三次元の殺人 (コバルト文庫)

三次元の殺人

香月千晶は、ミステリー好きの十八才。ベテラン俳優の祖父、中堅女優の母、映画プロデューサーの叔父など、芸能人の家族に囲まれている。祖父・秀治の七十才の誕生日に、元女優の曽根亜也子が転落死した。事件の鍵となる彼女の回想録は、何者かに奪われて見つからない。そして、義父・久井竜郎が死んだ。死因は、睡眠薬の服み過ぎ。千晶は、二人の主治医である恋人の三崎に疑いを抱くが……。〔コバルト文庫〕



悲歌(エレジー) (角川文庫)

悲歌{エレジー}

父の自殺により、ひとりぼっちになってしまった16歳の少女晃子。彼女が唯一心を許せる相手は、鏡の中の少年“アキラ”だけだった。父・孝志は愛人を巡って殺人を犯してしまった……ということだったが、殺した男が会社から20億円を横領していた事実が発覚。そして晃子の身にも危険が迫ってきた。消えた20億円はどこに行ったのか?はたして、父は本当に自殺したのか?晃子の子供時代に隠された、悲しい心の傷とは?少女の微妙な心理描写を中心に、家族の愛とは……を問う長編ミステリー。〔角川文庫〕



瑠璃色のステンドグラス (光文社文庫)

瑠璃色のステンドグラス

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、二十二歳の夏。「姉と心中したはずの男が、生きていた」爽香が通う大学の“事務室のアイドル”和田良江は、講演に来た新人作家・五十嵐武士を見て愕然とする。しかも、五十嵐は婚約者と一方的に別れて良江に急接近してきた。相談をもちかけられた爽香も、愛と憎しみの渦の中に巻き込まれる。人気シリーズ、第8弾。〔光文社文庫〕



天使のごとく軽やかに (角川文庫)

天使のごとく軽やかに

「天使と悪魔」シリーズ

天国から「地上研修」に来ている天使のマリと、地獄から「成績不良」で叩き出された悪魔・黒犬のポチ。おなじみの落ちこぼれ二人組の目の前で、若いカップルが川に身を投げて心中した!しかもマリがその二人から預かった遺書を、テレビリポーターに騙し取られてしまったから大変。遺書がワイドショーで公開されてしまい、責任を感じるマリ。さらに、その事件をきっかけに、世間では心中が大流行。連続心中の原因をつきとめようとするマリとポチだが……。大人気シリーズ第5弾登場。〔角川文庫〕



我が愛しのファウスト (講談社文庫)

我が愛しのファウスト

逞しく筋力のついた身体。クロゼットに何十着も並ぶ上等なスーツ、そしてベットには裸身の美女……。二日酔いからさめた小野利夫は、ハンサムなビジネスエリート水上晶夫に変身しているではないか。妻の里江子の前から僕は永遠に消えてしまったのか。彼の前には不思議な影が現れ、奇妙な事件が起こり始めるが。〔講談社文庫〕



怪談人恋坂 (角川文庫)

怪談人恋坂

その日、郁子が小学校から帰ると、お姉ちゃんが死んでいた。そして通夜の晩、死んだはずの姉から告げられたショッキングな事実。不幸な謎の死をとげた姉・裕美子と自分の出生の真相を解き明かそうとするうちに、郁子のまわりでは次々と人が死んでいき……。「人恋坂」に雨の降るとき、なにかが起こる――運命の怨念がこだまする坂道を舞台に、人間の弱さと哀しみを浮き彫りにした、現代怪談噺の最高傑作。〔角川文庫〕



三毛猫ホームズの正誤表 (角川文庫)

三毛猫ホームズの正誤表

「三毛猫ホームズ」シリーズ

片山晴美の旧友・野上恵利は新人女優。次の舞台の主役に大抜擢され、晴美はお祝いの会を開いた。その席で、恵利は「私、殺されるかもしれない」と不吉な言葉を口にする。一方、恵利に主役の座を奪われたベテラン女優・丹羽しおりは傷ついた心を癒すため、グループカウンセリングを受ける。しかし、そのグループの関係者に次々と事件が発生して――!?三毛猫ホームズが「役者」としても活躍する、大人気シリーズ第28弾。〔角川文庫〕



死と乙女 (角川文庫)

死と乙女

あの人、死のうとしている――。17歳の女子高生、梓江梨は、学校からの帰り道、電車の中で偶然居合わせた男性の横顔から、死の決意を読み取る。しかも、彼は元クラスメート・なつ子のお父さんだった。江梨は迷う。自殺を思いとどまらせるべきなの?それとも見て見ぬふりをするしかない?それぞれの選択をした2人の「江梨」には、まったく別の波乱が待ち受けていた。ふたつの運命が同時進行するミステリー。〔角川文庫〕



夜に向って撃て――MとN探偵局 (角川文庫)

MとN探偵局/夜に向かって撃て

間近紀子は、レポート作成のために訪れたコンピューター会社で、硝煙の匂いのするOLに出逢う。一方、野田重人の愛人アケミは、人混みの中、何者かに拳銃で狙われる。一見、無関係なところで連続して起こる拳銃事件。犯人は何が目的なのか!?紀子と野田の行くところ、拳銃の影が見え隠れ……。女子高生のM・間近紀子と、自称実業家のやくざN・野田重人の異色コンビが活躍する、シリーズ第二弾。〔角川文庫〕



マザコン刑事とファザコン婦警 (徳間文庫)

マザコン刑事とファザコン婦警

「マザコン刑事」シリーズ

K工業グループのオーナー・北中茂也が後頭部を重いもので殴られ殺された。発見者はお手伝いの足立みち子。捜査一課のハンサムで有能な警部・大谷努と、部下で恋人の美人刑事・香月弓江が早速現場に急行すると、超過保護な大谷のママと可愛い婦人警官の川原涼子が現れた。さらに、涼子を溺愛するパパが出現し……!?人気トリオに新メンバーが加わり、さらにパワーアップした表題作他、人気シリーズ傑作集。〔徳間文庫〕



1996

幽霊はテニスがお好き (中公文庫)

幽霊はテニスがお好き

テニス同好会の合宿中、妻子ある雇問と火遊びの後、何者かに殺された“彼女”が、後輩たちの前に現れて「私を殺した犯人を捜して」と(幽霊はテニスがお好き)。再会の約束を信じ、毎年11月25日に公園のベンチに足を運ぶ布子。そして十年、ついにかつての恋人が現れるが……(待ちわびる女)。――謎と秘密、恋と絆をちりばめた、赤川ワールドを堪能する6つの物語。〔中公文庫〕



流行作家殺人事件 (講談社文庫)

流行作家殺人事件

「大貫警部」シリーズ

超流行作家の牛田竜介は誰も顔を見たことがない謎の存在。原稿は秘書の二村久江を通じて渡される。その牛田の家で強硬突破を企てた編集者が殺された。果して犯人は現場から姿を消した牛田なのか?おなじみ大貫警部・井上刑事のコンビがのり出して、とんでもない真相が明かされたのだが――。他二編を収録。〔講談社文庫〕



幽霊社員 (文春文庫)

幽霊社員

「幽霊」シリーズ

社長夫人殺しの嫌疑をかけられた社長の愛人。彼女のアリバイを証明できるのは、顔も名前もわからない謎の"幽霊社員"だけだった。〔文春文庫〕



赤頭巾ちゃんの回り道 (角川文庫)

赤頭巾ちゃんの回り道

尾田和成は二十年以上の刑事生活にピリオドを打ち、“K探偵社”に再就職することになった。そこでの初仕事は、小学生の塾への送り迎え――通称“赤頭巾ちゃんサービス”。元刑事の尾田にとっては簡単な仕事のはずだったが、一瞬の隙をついて大富豪の一人娘・美音が誘拐されてしまう。しかも、美音の父親・高田には、十二年前の殺人事件の容疑がかけられていて――。過去と現在の様々な事件と人間関係が交錯する、極上のサスペンスミステリー。〔角川文庫〕



三毛猫ホームズの好敵手(ライバル) (角川文庫)

三毛猫ホームズの好敵手{ライバル}

「三毛猫ホームズ」シリーズ

康男と茂は、小学生の時からのライバル同士。同じ中学、高校、大学へと進み、二人は常にトップの座を競い合ってきた。しかし30歳を越えた今、康男は若くして一流企業の社長となり、茂は康男に雇われている平社員。二人のライバルの運命を分けた出来事とは、一体何だったのか――?三毛猫ホームズにも灰色・縞柄の「ライバル猫」が登場!?大人気シリーズ第29弾。〔角川文庫〕



次女と野獣 三姉妹探偵団(13) (講談社文庫)

次女と野獣/三姉妹探偵団13

「三姉妹探偵団」シリーズ

佐々本家にかかってきた謎の電話。それは次女・夕里子を恋人にする、という不気味な宣言だった。謎の男は夕里子の恋人・国友刑事を卑劣な罠にかけ、長女・綾子を異様な病院に閉じこめ、三女の珠美も誘拐、監禁してしまう。やむをえず夕里子は犯人の待つホテルへ向かうが――。大ピンチの三姉妹は果して。〔講談社文庫〕



滅びの庭 (角川ホラー文庫)

滅びの庭/自選恐怖小説集

「庭……」――それが精神科医・大崎の最期の言葉だった。原因不明のノイローゼから自殺同然の死に方をした大崎だったが、彼は死の直前に自分の患者・安部綾子を同僚の山之内に引き継いでいた。綾子を診察するうちに山之内が辿り着いた大崎の死の真相とは。少女の見る夢が現実を狂わせていく――。書き下ろし表題作「滅びの庭」を含む全五編。〔角川ホラー文庫〕



回想電車 (集英社文庫)

回想電車

深夜の電車に乗った男が遇った昔の恋人、同僚、かつて一期一会の出会いをした親子。一夜のうちに過去と未来が交錯して、その翌朝は……。不思議な時間軸で描かれた表題作ほか、孤独と愛と死、そして希望が見え隠れする全9篇を収録。様ざまな人生の断片を巧みに映し出す、優しさとほのかな怖さを秘めた傑作短篇集。〔集英社文庫〕



忘れじの吸血鬼 (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

忘れじの吸血鬼

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

閉館の日が近づいている古びた映画館で『吸血鬼もの』の映画を見ていたエリカは、奇妙な冷気を感じる。終了後、近くの席で一人の女性が気を失っていた。八田佳代子と名乗ったその女性は、映画のロケ地になった村で生まれ育ち、子供の頃に吸血鬼に襲われたことがあるという――。表題作の続編『過去の眠る村』と『吸血鬼の初恋物語』を収録した、「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ第14作。〔コバルト文庫〕



子子家庭は大当り! (新潮文庫)

子子家庭は大当り!

「子子家庭」シリーズ

両親が同時に家出をして「子子家庭」になってしまった坂部家の大黒柱は、小学六年生にして主婦役をつとめる律子。最大の問題は、とにかくお金がない! 年齢を偽って結婚式場で聖歌隊のアルバイトをしたり、何とか弟・和哉との生活を支える律子だったが、次から次へと騒動に巻き込まれてしまい……。二人の生活は、そして坂部家の運命はいかに? 大好評のライト・コメディ第2弾!〔新潮文庫〕



暗黒のスタートライン (光文社文庫)

暗黒のスタートライン

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、二十三歳の秋。大学を卒業して古美術店に勤めている爽香に、元BFの明男から突然の電話。在学中から付合っていた中丸教授夫人・真理子が、ホテルで密会中に殺されたという。無実だと言う明男を信じてかくまう爽香だったが、隠れ家から明男が姿を消した直後、第二の殺人が!登場人物がリアルタイムで成長していく人気シリーズ第9弾。〔光文社文庫〕



乙女の祈り (講談社文庫)

乙女の祈り

智子は元気はつらつ高校生。友だちとクァルテットでチェロを弾くアルバイトも気に入ってる。パーティで“谷津則夫を殺せ”という声を聴いた智子は行動を開始。谷津は大好きなパパなのだ。人気番組「ブラック・ボックス」金曜日辛口キャスター・谷津を狙うのは誰か。〔講談社文庫〕



影に恋して (集英社文庫)

影に恋して

平凡な女子高生の矢部克美は、従妹の“代理”で出席したパーティで、大学演劇の旗手、坂田法夫と出会い、たちまち恋におちた。しかし、ライバルも野次馬も多く、恋の前途は多難。しかもグッと大人の“恋人候補”がもう一人出現し……。突然ドラマティックに変貌した、17歳の克美の日々!「少女」が「女性」として一歩を踏み出すまでの、危うくて、ちょっとホロ苦い成長物語。〔集英社文庫〕



おとなりも名探偵 (角川文庫)

おとなりも名探偵

二十五歳の女性ピアニストが巻き込まれたトラブルの解決に、片山刑事らが奔走する“三毛猫ホームズ”シリーズの「三毛猫ホームズの殺人協奏曲」、“天使と悪魔”シリーズの「天使の寄り道」、“三姉妹探偵団”シリーズの「晴れ姿三姉妹」、“幽霊”シリーズの「幽霊親睦会」、“マザコン刑事”シリーズの「マザコン刑事の大晦日」と、赤川作品の人気キャラクターが一冊に大集合!あの名探偵たちが活躍する、豪華ラインナップの作品集。〔角川文庫〕



三毛猫ホームズの失楽園 (角川文庫)

三毛猫ホームズの失楽園

「三毛猫ホームズ」シリーズ

美術品を専門に狙う、怪盗チェシャ猫が現れた。大胆不敵な犯行はたちまち話題に……。そのチェシャ猫から犯行予告が。標的は画壇の重鎮野上益一郎の主催する「アダムとイヴ・コンクール」。その実力と強烈な個性で君臨する暴君、野上。その妻、娘、弟子、画商、演奏家、様々な利害を持った面々が会場に集まり、そして殺人事件が――。犯人は?怪盗の目的は?ホームズとチェシャ猫が対決する、大人気シリーズ第30弾。〔角川文庫〕



盗んではみたけれど (徳間文庫)

盗んではみたけれど

「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ

今野真弓二十七歳、警視庁捜査一課の美人刑事。夫の淳一は三十四歳の泥棒。特技を活かして妻の事件解決の手伝いをする。ホームレスのヤスが鈍器で後頭部を殴打されて殺された。ヤスこと野口靖夫は真弓の大学時代の先輩で、その変わり果てた彼に偶然再会したばかりのことだった。野口はS工機を経営する大金持ちの川田家に婿入りが決まり、将来を約束されたも同然だったが、なぜか一年前に失踪していたのだ。〔徳間文庫〕



ゴールした花嫁 (角川文庫)

ゴールした花嫁

「花嫁」シリーズ

えっ!私が、フルマラソン!?いつのまにか大手新聞社主催のマラソン大会にエントリーされてしまった女子大生・亜由美。距離は四十二・一九五キロ。そう、四十二メートルじゃないのだ……。こうなったら女の意地。死ぬ気で走りはじめたマラソン会場で殺人事件が起こったから、さあ大変!!おまけに、トップ走者・市原ミキまで倒れて、大会は大混乱。果たして亜由美はゴールできるのか?そして、殺人事件の裏に潜む陰謀とは?大好評、花嫁シリーズ第十弾。表題作のほか「花嫁の卒業論文」を併載。〔角川文庫〕



1997

吸血鬼 (新潮文庫)

吸血鬼

音大生の武藤邦子は、ある展覧会で目にした一枚の絵に心を奪われた。描かれていたのは、命と引き換えに至上の演奏を可能にするという呪われたヴァイオリン「チェリーニ」を弾く一人の男。恋人の裏切りに絶望した邦子は、閉館後の美術館で絵を前にして手首を切った。だがそれこそが、邦子にとっては悲劇の始まりだったのだ……(「吸血鬼」)。様々な人間の思惑が絡み合う三編の愛憎劇。〔新潮文庫〕



幽霊教会 (文春文庫)

幽霊教会

「幽霊」シリーズ

チンピラはナイフで娘の胸を刺し、店の売上げ金を奪った――ところが数分後、犯行がばれ、周囲の男達から袋叩きにあっている彼に手を差しのべてきたのは、殺したはずのその娘だった!おなじみ宇野警部と女子大生・永井夕子の名探偵コンビがカルト宗教を巡っての陰謀をあばく表題作ほか全四篇収録。「幽霊シリーズ」十一冊目。〔文春文庫〕



めざめ (新潮文庫)

めざめ

柳原美知代と夫が自宅で殺されたのは一人娘の美沙が遠足に行っている間だった。帰宅後、両親の惨殺死体を見た美沙は、心に致命的ともいえる深い傷を負ってしまう。だが美知代は死んではいなかった。意外な形で蘇った美知代は六年後、成長した美沙と再会する。しかし美沙は深刻な人間不信に陥って、人を愛することも、愛されることもできなくなっていた……。文庫書き下ろし長編。〔新潮文庫〕



死はやさしく微笑む<新装版> (徳間文庫)

死はやさしく微笑む

戸張美里22歳、役者の卵。彼女のアルバイトは異色である。真夜中の十二時、名も知らない男から「役」の指令をうけるのだ。お年寄りの自殺が相次ぐ病院。その真相を確かめるべく「看護婦」として乗り込む美里であったが……。ボーイフレンドの今井正人とコンビを組み、幽霊からゲイクラブのスターまで無理難題の「役」をこなしてゆく。役者の卵が名探偵に!?痛快ユーモア・ミステリー。〔徳間文庫〕



あなた (角川mini文庫)

あなた

過疎が進む山間の小さな町。遠い昔、この町の少女を騙して郵便局から金を盗ませ、彼女から金だけを奪って東京へ去った青年がいた。彼はその金をもとに実業家として成功し、今、四十年ぶりにこの町を訪れた。誰も彼が昔この町を逃げ出した青年だとは気付かない。そう、ただ一人、「あのときの少女」を除いては……。〔角川mini文庫〕



三毛猫ホームズの無人島 (角川文庫)

三毛猫ホームズの無人島

「三毛猫ホームズ」シリーズ

10年前、炭鉱の閉山によって無人島となった“軍艦島”に明かりが灯った!翌朝、かつての住人たちのもとに招待状が届いた。困惑しつつも、懐かしさとともに島へと集まる、かつて島で暮らした人々。船の中には、彼らと共に島へ渡るホームズたちの姿が。島で待っていたのは思わぬ出来事、そして予期せぬ殺人――。ホームズが明らかにする10年前の哀しき真相とは?表題作他、3編収録の短編集、ますます好調シリーズ第31弾。〔角川文庫〕



心地よい悪夢 三姉妹探偵団(14) (講談社文庫)

心地よい悪夢/三姉妹探偵団14

「三姉妹探偵団」シリーズ

佐々本三姉妹、最強の三女・珠美に一目惚れ、ストーカーになってしまった大学生が自殺した。逆恨みする母親から復讐を宣言された三姉妹のまわりで殺人事件が連続発生!!ゆがんだ母親の愛情が、三姉妹を恐怖にたたきこむ。頼りになるのは次女・夕里子の恋人、国友刑事だけだが、彼にも魔の手が迫っていた。〔講談社文庫〕



崩れる (角川ホラー文庫)

崩れる

丘の上に建つ五軒の家。孤立した住宅地で、ある朝出勤途中の住民たちが発見したのは、路上に倒れた全裸の女性だった!記憶喪失の女性を招き入れたその日から、ありふれた暮らしに異変が起こり始める。妻の失踪、教え子の誘惑、過去の秘密……。だがこれは、さらなる悲劇の幕開けに過ぎなかった!!謎の女が、五軒の家にもたらしたものとは!?日常生活に忍び寄る恐怖を描いたホラー・サスペンスの傑作。〔角川ホラー文庫〕



清く正しく、殺人者 (双葉文庫)

清く正しく、殺人者

T・Hコーディネート社長の氷川呈一は、かつて裏組織の腕利きの掃除人、すなわち殺し屋だった。ある事件をきっかけに足を洗ったが、娘の沙織の周囲でおかしな出来事が続くのが気になる。カミソリを仕込んだ花束が送られたり、ドーベルマンに追いかけられたり。過去からのかげがしだいに氷川親娘に忍び寄る。〔双葉文庫〕



聖母たちの殺意 (集英社文庫)

聖母{マドンナ}たちの殺意

役者のエージェントとして働く美穂。ある日、女子大の同級生で“マドンナ”と呼ばれた笑子が殺され、驚く。しかも殺人の重要参考人である笑子の夫と、やはり女子大の同級生で富裕な人妻の克子とが、居候として家に転がり込んで来た!そして、もうひとりの親友、香は――。卒業後10年、かつてのマドンナたちの恐るべき変貌。すべては時の流れのなせる業なのか!?仄かな苦さを秘めた大人のサスペンス。〔集英社文庫〕



手首の問題 (講談社文庫)

手首の問題

仕事もイヤになり、恋人もいないOLが下着ドロに手錠をかけた。頭に来てベランダにつなぎ、顔も見ないで外出してしまう。残された泥棒はなんとか逃げようとするのだが――。意外な犯人の正体とラストシーンが印象的な表題作をはじめ、人生に追い詰められた人々が見せる、切ない真実を描く極上の短編集。〔講談社文庫〕



暗黒街の吸血鬼 (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

暗黒街の吸血鬼

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

駅のホームで、突然見知らぬ男たちに囲まれたクロロックとエリカ。黒のマント姿といういかにも怪しい格好のために、人違いされてしまったのだ。彼らが探していたのは、恐ろしい復讐心を燃やす父娘らしいが……!?暗黒街の掟に立ち向かう、正義の吸血鬼父娘が大活躍!表題作のほかに『吸血鬼は時給880円』『吸血鬼の祭典』の2編を収録した、「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ第15作。〔コバルト文庫〕



夜の終りに (光文社文庫)

夜の終わりに

高校1年の沢柳有貴は、母・智春と2人暮らし。智春は、3年前、殺人の濡れ衣を着せられ、自殺を図り、記憶喪失となっている。智春を自殺に追いつめた奈良敏子は、真犯人として服役中だが、刑期明け直前、敏子の夫・竜男が何者かに殺された!崩壊した家庭が、さらなる危機を乗り越え再生する道を描くホーム・サスペンス。前作『夜に迷って』につづく第2弾。〔光文社文庫〕



小豆色のテーブル (光文社文庫)

小豆色のテーブル

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、二十四歳の春。恋人の明男が殺人を犯した衝撃を乗り越え、高齢者向けケア付きマンションで働く爽香。担当になった元大女優・栗崎英子の子どもたちが財産目当てに計画した偽装誘拐事件に巻き込まれたうえに、爽香に共犯の疑いが!一方、勾留中の明男に判決の時が近づいていた……。登場人物が読者とともに年齢を重ねる画期的シリーズ第10弾。〔光文社文庫〕



夜会 (徳間文庫)

夜会

沢井聡子は、15歳で水泳の世界大会に優勝した金メダリスト。しかし栄光と引き替えに、その後の三年間で人を信じる心を失い、疲れ果てて失踪を決意。その途中、川で溺れかけた少年・正敏を救い、母親に招かれて豪華な夏休みを過ごす。一方、援助交際の後で焼身自殺をとげた親友の死の真相を追う女子高生・佐山清美は、ある豪邸のパーティに潜入することになる。それは正敏の13歳の誕生会“夜会”だった……。〔徳間文庫〕



ふまじめな天使 (角川文庫――冒険配達ノート)

ふまじめな天使/冒険配達ノート

夢なんて見る暇ない!?それなら、ピコタンに会いに行こう。だってピコタンは、冒険が大好きで、いっつも夢を見ているから!ある日、間違えてつけられた天使の羽根を取り返そうと泥棒を追いかけるうち、十五歳の女の子と出会ったピコタン。「誰も私のこと可哀そうだと思ってくれない!」女の子の言葉に、ピコタンはいいことを思いついた!!泥棒だって天使になれるはず……。『夢から醒めた夢』のピコタンが飛び込んだ、新しい冒険世界の物語。〔角川文庫〕



くちづけ〈上〉 (角川文庫)

くちづけ

金倉亜紀、十七歳、今日はじめてのキスをした!それも一日に二人の人と……!!いったいなんだって、男っていきなりキスするわけ?ところが恋をしているのは亜紀だけではないらしい。おじいちゃんは“恋人”らしき人と電話しているし、お母さんは誰か男の人と会っている。ただでさえ大変な毎日なのに、突然モテだした亜紀は、もう大忙し。でもそんな頃、お父さんは大変な事件に巻き込まれていた――。少女の姿をみずみずしく描いた青春小説。〔角川文庫〕



三毛猫ホームズの四捨五入 (角川文庫)

三毛猫ホームズの四捨五入

「三毛猫ホームズ」シリーズ

N女子学園にやってきた、時期はずれの編入生、棚原弥生を見て、担任の竜野は激しい衝撃を受けた。その仕草や表情が、20年前の彼女に似ていたから……。弥生に両親はいない。母は5年前に他界し、そして父は4ヶ月前、あの片山刑事を狙った銃弾で不慮の死を遂げていた――。N女子学園での不穏な情報を得た片山は、弥生と再会する。弥生の周辺で次々と起こる事件に、三毛猫ホームズの面々が立ち向かう!シリーズ第32弾。〔角川文庫〕



その人の名は、殺意 (双葉文庫)

その人の名は、殺意

名門篠崎家の八江、詩子、ちづるは明るく伸びやかに育ってきた三姉妹。そんな一見平穏な篠崎家に八江のフィアンセ金井正紀が波乱を巻き起こす。彼は密かに少女に対しての異常な殺意をだきつづけていたのだ。青春サスペンスの会心作。〔双葉文庫〕



血を吸う花嫁 (角川文庫)

血を吸う花嫁

「花嫁」シリーズ

「これは事故なんです――」男はそういい残し、亜由美の目の前で飛び降り自殺した。そして彼の妹も、団地の公園で血を抜かれ殺された。まさか、吸血鬼のしわざ!?いやいや、どうも“吸血鬼みたいな女”が怪しいらしい……。亜由美は愛犬ドン・ファンを引き連れ、新米主婦に扮し潜入捜査を開始する!表題作のほか「花嫁たちの名誉」を収録。大人気、花嫁シリーズ第11弾。〔角川文庫〕



1998

一億円もらったら (新潮文庫)

一億円もらったら

莫大な財産をもてあましている大富豪・宮島勉。彼と青年秘書・田ノ倉は、とんでもない遊びを思いついた。田ノ倉が選んだ見ず知らずの人間に一億円を進呈し、その後の人生がどう変わってゆくかを観察するのだ。というわけで、ある日突然、大金をもらってしまった男女五名。一億円に翻弄される人、見事に使う人、泣く人、笑う人……。名手・赤川次郎の紡ぐ五億円の物語をご堪能あれ。〔新潮文庫〕



作者消失 (角川文庫)

作者消失

榎本悦子は23歳の新米編集者。入社してすぐにまかされた初仕事が作家・赤川次郎の連載小説担当だった。今日はいよいよ最終回の締め切り日。一体誰が犯人なのか見当もつかない『少女漫画家殺人事件』が、ついに完結するのだ。「真犯人」を一番最初に知ることができるのは担当編集者の特権というもの。心躍らせて赤川邸に向かった悦子だが、何と赤川先生が行方をくらましていて――!?三毛猫ホームズや『天使と悪魔』のマリとポチなど、赤川作品の人気キャラクターたちが総出演。さらに作者「赤川次郎」自身も登場する、超豪華な一冊。〔角川文庫〕



幽霊結婚 (文春文庫)

幽霊結婚

「幽霊」シリーズ

「人生は謎に満ちてるのよ」――。永井夕子と宇野警部のカップルが謎に挑む「幽霊シリーズ」第12弾。バーの裏口で中年の男が殺された。一見、何の変哲もないありふれた事件。だが、残された若い婚約者に、死んだはずの男から電話がかかってきた……!表題作のほか「幽霊聖夜」「面影は消えず」「生命のバトン」の全四篇を収録。〔文春文庫〕



呪いの花園 ――ミステリー組曲「幻影稼業」 (集英社文庫)

呪いの花園/幻影稼業

男は、その人形をいとおしむように撫でて、「これを使えばあなたの望みは叶いますよ」と言った……(表題作「呪いの花園」)。夜の街でノッペラボーの“呪い人形”を売る男や、“悪夢”を買わせてくれと頼む黒装束の人物――この世にはあなたの知らない「幻影稼業」がうごめいている!心の闇に潜むさまざまな願望や欲望の顛末を描いた、異色の連作ホラー6篇。〔集英社文庫〕



明日に手紙を (中公文庫)

明日に手紙を

欠陥洗濯機で女性が感電死した。製造元のK電機は責任を認めず、世間の非難を浴びる。管理課係長の成瀬は不買運動を潰すため、妻の真知子に被害者の娘夫婦――平田敬・充子の仲を裂く手紙を書けと命じる。真知子は夫のためと自分に言い聞かせ、敬に「あなたの妻は不倫をしている」という手紙を宛てた……。一通の手紙が人々の心に投げかける意外な波紋とは。〔中公文庫〕



危いハネムーン (徳間文庫)

危いハネムーン

事件記者の浜中悠一は、7年越しの婚約者・亜紀とついに結婚式を挙げる。昼も夜もない因果な仕事に別れを告げ、妻と家庭を大切にする新生活を始めようと心に誓ったのだ。ハネムーンはドイツへ。ところがその機上で爆弾騒ぎが起こる。乗り合わせた浜中の遠縁の高校生・村川昌子の活躍で事なきを得るが、フランクフルト、ローテンブルクと彼らの行く先で、次々と事件が……。ノンストップの傑作ミステリー。〔徳間文庫〕



ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)

ふるえて眠れ、三姉妹/三姉妹探偵団15

「三姉妹探偵団」シリーズ

「君のお母さんは殺された。そうだろう?」怪しげな老人にささやかれ、三女・珠美は思い出した。三姉妹の母親を殺した犯人が、長女の綾子であることを……。三姉妹に襲いかかる魔の手、姉妹間にわだかまる疑惑。そしていつも不在の父親にも不倫疑惑が!一体誰が何故、三姉妹を追い詰めるのだろうか。〔講談社文庫〕



三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)

三毛猫ホームズの暗闇

「三毛猫ホームズ」シリーズ

崩落事故発生!瓦礫で出入り口が塞がれたトンネルに、1台のバスが閉じ込められた。運悪く乗っていたのは、おなじみのホームズ一行。そして、ある殺人事件の被害者と加害者の家族も乗り合わせていた!真っ暗闇のなか、漂う異様な緊張。そしてついに、あらたな事件が起こってしまった――。2つの事件に隠された秘密を、ホームズたちが解き明かす表題作をはじめ、5編が収録された、大人気シリーズ第33弾。〔角川文庫〕



本は楽しい――僕の自伝的読書ノート

本は楽しい/僕の自伝的読書ノート

創作でなく,自分のことを書くというのは,とても気疲れするものです-小説家となり,若者を描いて21年.出版した本の数は360冊を越える当代の人気作家赤川次郎が,今年50歳を迎え,はじめて少年時代の読書体験,両親への思い,1冊の本,文章作法について読者に語りかける.あわせて鶴見俊輔氏との対談を収録.〔岩波書店〕



散歩道――赤川次郎ショートショート王国 (赤川次郎ショートショート王国)

散歩道/赤川次郎ショートショート王国

指揮者に恋をした女、応答する落とし物、こぼれたソフトクリームなど、赤川次郎のファンクラブ会員から寄せられたタイトルに著者が書き下ろしたショートショート27編を収録。きらめく赤川ワールドへの招待。〔光文社〕



吸血鬼と怪猫殿 (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

吸血鬼と怪猫殿

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

正統吸血族の血を継ぐ由緒正しき吸血鬼であるクロロックは、現在「クロロック商会」の雇われ社長でもある。取引先の大企業のパーティに招かれて、エリカと一緒に出席することに。社長の恋人だったという若い女性が猫を抱いている彫像に、妙に心を魅かれたエリカだが……。表題作のほかに『土曜の夜と吸血鬼の朝』『吸血鬼に賞罰なし』の二篇を収録した「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ第16作。〔コバルト文庫〕



非武装地帯 (新潮文庫)

非武装地帯

浅川家が引っ越してきた、白亜の豪邸。それは1500万円という破格の金額で、購入されたものだった。でも世の中、そんなうまい話はなくて――ご近所で、フェラーリが炎上したのをはじめ、周りで不穏な出来事が相つぐ。なんと、豪邸はもともと亡くなった暴力団会長のもの。組の跡目争いが始まったのだ。夢の新居はたちまち、銃弾飛び交う抗争の中立地帯にされてしまう。浅川一家の運命は。〔新潮文庫〕



泥棒も木に登る (徳間文庫)

泥棒も木に登る

「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ

自称「ジェットコースターおたく」の桜田陽子の指摘によると「T遊園地」のジェットコースターは「その内脱線して大事故起こす」そうである。今野淳一の今度の仕事は「T遊園地」の神中弥吉が持っているという、ナイフを手に入れることだった。ところが依頼主の野坂綾子が、日曜日の人出でごったがえす「T遊園地」で殺された。淳一の妻、警視庁捜査一課の美人刑事・今野真弓も部下の道田刑事とともに現場に急行した。ご存知人気シリーズ「夫は泥棒、妻は刑事」表題作他四篇の絶好調ユーモア・ピカレスク。〔徳間文庫〕



銀色のキーホルダー (光文社文庫)

銀色のキーホルダー

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、二十五歳の秋。大学を卒業して2年。服役中の恋人・明男の仮出所を待つ日日。そんななか、《G興産》の御曹司・田端将夫に誘われて、爽香は海沿いの別荘にやってきた。婚約者がいるのに好意をもって接近してくる将夫に、不安を感じながら……。そして、その夜、事件が!爽香は田端家一族の争いの渦の中に巻き込まれていく。〔光文社文庫〕



涙のような雨が降る (幻冬舎文庫)

涙のような雨が降る

お前は今日から川中歩美だ――少年院を出たその日から、私は財閥令嬢の身代わりとなった。しかし何不自由ない生活を与えられても逆に不安が募るばかり。本物の歩美はどこにいるのか?なぜ私が選ばれたのか?陰謀が渦巻く中、自分の力で真相をつきとめようと試みた私が見たものは、大人たちの論理が支配する哀しい社会の現実だった……。〔幻冬舎文庫〕



保健室の貴婦人 (双葉文庫)

保健室の貴婦人

水上碧の通う学園の保健室に早乙女俊子が赴任してきた。やって来て早々、偏屈な校長も簡単に手なずけてしまう不思議な力をもった白衣の教師は、碧を助手に任命する。そんな矢先、夜の校内で碧の担任教師が何者かによって殺された。一体、犯人は誰なのか!?次々と巻き起こる事件に2人が挑む。〔双葉文庫〕



三毛猫ホームズの大改装 (角川文庫)

三毛猫ホームズの大改装{リニューアル}

「三毛猫ホームズ」シリーズ

警視庁の片山刑事は、夜の盛り場で悪い遊びに興じる16歳の女子高生、立石千恵と出会う。その日を境に改心した千恵は、片山刑事の「彼女」になると宣言する。一方、彼女の父で売れっ子漫画家だったみつぐは、マンション改装計画推進に利用されようとしていた。そして同じ頃、窓際編集者の平栗悟士は、雑誌編集長に抜擢され――。3つの“大改装”がホームズたちをとんでもない事件に巻き込むことに!人気シリーズ第34弾。〔角川文庫〕



試写室25時 (集英社文庫)

試写室25時

若さだけが取り柄、さして特技もないのに“何でもやる商会”を始めた4人の男女。「悪魔ばらいをお願い」「殺し屋から身を守って」「田舎の両親の前で“一日女房役”を」「オペラ観劇中に眠らない方法を教えて」などなど、奇妙な依頼ばかりが舞い込み、大騒ぎ!「日曜日のエクソシスト」「プリティ・ウーマン・イン・クラシック」「学校の“裏”怪談」など全7篇。名画のエッセンスが香る、傑作連作ミステリー。〔集英社文庫〕



「縁切り荘」の花嫁 (角川文庫)

〈縁切り荘〉の花嫁

「花嫁」シリーズ

なぜか住人は独身女性ばかりというオンボロアパート、通称「縁切り荘」の住人、呉早智子が婚約した!しかしほどなくして当の相手が転落死してしまう。事件解決に乗り出した亜由美にも、恋人の谷山をめぐって思いがけず手強いライバルが現れて……!?一筋縄ではいかない女の心理を鋭く軽やかに描きだす表題作ほか、一億円の当たりくじをめぐってさまざまな人間の思惑が入り乱れる「花嫁と女神の微笑」を併録。〔角川文庫〕



ひとり夢見る (光文社文庫)

ひとり夢見る

女子高生・浅倉ひとみの母・しのぶは元女優。これまで女手ひとつで、ひとみを育ててくれた。だが、母にパトロンがいると聞かされたひとみは、ショックを受け、夜の町に飛び出してしまう。泣き疲れて、眠りに落ち――、ふと目を覚ますと、そこは18年前の撮影所だった。母と共演することになったひとみは、父親が誰なのか探るが……。母娘の絆を描いた傑作ミステリー。〔光文社文庫〕



1999

ABCD殺人事件 (講談社文庫)

ABCD殺人事件

「大貫警部」シリーズ

ご存じ大貫警部の名推理が冴える!?テレビ出演中に殺人事件発生の連絡を受けて、N学園に乗り込む大貫。なぜか、教師の真似事をして生徒には大ウケ。もちろん捜査では、井上刑事の足を引っ張ることばがりだが、ちょっと生意気な学園理事長の娘に恋されたりして……。奇妙な学園ミステリー、意表をつく結末。〔講談社文庫〕



怪盗の有給休暇 (角川文庫)

怪盗の有給休暇

久野原僚は、初老の美術収集家。――しかしそれは表向きの顔、実は彼はキャリア四十年のベテランの「宝石泥棒」なのだ。ある夜、久野原はダイヤモンド「月のしずく」を狙って、富豪の屋敷に忍び込んだ。ところが、「月のしずく」はすでに何者かによって盗まれた後だった!屋敷の使用人・江田邦也が疑われ、彼はそれを苦に自殺してしまう。後味の悪い結果になったこの出来事を忘れるため、久野原はヨーロッパに旅に出た。だが、旅先で江田邦也の恋人・美鈴と出会った彼は、更なる事件に巻き込まれていく……。角川文庫50周年特別書き下ろし作品。〔角川文庫〕



幽霊暗殺者 (文春文庫)

幽霊暗殺者

「幽霊」シリーズ

宇野警部と女子大生・夕子のコンビが活躍する幽霊シリーズ第13作。「子分にして下さい!」と駆け込んできた若い男に、ヤクザの親分は「あいつをやっつけりゃ……」と、バーのテレビに映っていた建設大臣に目をやった。気の弱い、心優しい青年は本当に大臣を撃てるのか?爽やかでどこか切ないミステリー短篇集。表題作ほか三篇。〔文春文庫〕



不幸、買います――一億円もらったら〈2〉 (新潮文庫)

老兵に手を出すな

「不幸買います」に改題。「一億円もらったら」(1998)の続編。

「さぁ。誰に一億円をあげようか」大富豪・宮島勉とその秘書田ノ倉は、困っている人に一億円を進呈し、その後の人間ドラマを観察するというゲームを続けている。今回登場するのは、笑いが顔に張りついてしまった男、出所したばかりの老金庫破り、財産を狙われる孤独な婦人……。金は魔物と言うけれど、果たして彼らの運命は。大好評シリーズ第二弾。〔新潮文庫〕



ゴールド・マイク (幻冬舎文庫)

ゴールド・マイク

高校生のあすかは「ゴールド・マイク新人大賞」でスカウトされ一躍トップアイドルに。だが彼女の大ブレイクにより、父は失業し、兄はあすかのスキャンダルを狙った殺人事件に巻き込まれてしまう。同僚の歌手には妬まれ、政治家には体を狙われるあすかが信頼できるのは親友の佳美だけ……。果たして新人スターの運命は?傑作長編ミステリー。〔幻冬舎文庫〕



大変身!――ママの七つの顔 (角川文庫)

大変身!ママの七つの顔

畑山恵利・31歳。小学校の女教師であり、エンジニアの妻、そして3歳の珠子のママ――。しかし彼女の幸せな人生は、学芸会の日、ひょんなことから犯罪組織の大ボスの命を救ってしまった瞬間、大きく狂い始める。殺し屋につけ狙われ、警察にも指名手配されて逃亡生活を余儀なくされる恵利。なんで私ばかりがこんな目に!?裏切られ、傷つきながらも自分を失わず、逞しく七変化していく一人の女性を追った、息もつかせぬハイパー・サスペンス。〔角川文庫〕



黒い壁 (角川文庫)

黒い壁

サラリーマン・利根は、大学時代の同級生・野川からドイツ土産に“ベルリンの壁のかけら”を受けとった。壁が崩壊してから十年が経過している。なぜ、今頃――。不審に思う利根の周りで、次々に不可思議な出来事が。目撃した射殺死体が消滅。親友・永井は「おれは、殺される!」と言い残し失踪。そして永井の妻は死体で見つかった。あの壁のかけらが、悲劇を巻き起こすのか?統一前のドイツと現代日本を結ぶ、壮大なサスペンス・ホラー。〔角川文庫〕



三姉妹、呪いの道行 三姉妹探偵団16 (講談社文庫)

三姉妹、呪いの道行/三姉妹探偵団16

「三姉妹探偵団」シリーズ

天才ピアニスト・高田恭二は、師であり愛人でもあった、深野須美子を捨て、若い恋人と駆け落ちした。須美子は恭二への恨みを綴った遺書を残して自殺した。須美子の呪詛に怯え、東京から逃れた二人は、雪深い温泉地で三姉妹と出会った。須美子の「呪い」は、三姉妹をも巻き込んでいく。殺人と怪異、果たしてその真相は。〔講談社文庫〕



吸血鬼は世紀末に翔ぶ (吸血鬼はお年ごろシリーズ) (コバルト文庫)

吸血鬼は世紀末に翔ぶ

「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ

古城のような館に住む美女から招待を受けたクロロックとエリカの吸血鬼親子。そこで、彼女からある人物への復讐を手助けして欲しい……と相談を受けるのだが!? 〔コバルト文庫〕



授賞式に間に合えば (光文社文庫)

授賞式に間に合えば

作家生活三十五年。全く「賞」と無縁だった竜ヶ崎肇が、日本文豪大賞を受賞。喜びもひとしおの竜ヶ崎のもとへ、こともあろうに授賞式の直前に脅迫電話が!かつて関係のあった女から「受賞作は盗作だ」と――。竜ヶ崎は、やむをえず指定されたホテルへ。ところがホテルの部屋にはベッドに横たわる“虫の息”の女が!果たして晴れの授賞式に間に合うのか。〔光文社文庫〕



三毛猫ホームズの恋占い (角川文庫)

三毛猫ホームズの恋占い

「三毛猫ホームズ」シリーズ

警視庁の片山刑事は、殺人犯の張り込み中、ベンチに置かれていたハンカチをふと手にした直後、駆け寄ってきた見知らぬ女子高生にいきなりこう言われた―「あなたが、私の夫になる人です」と!彼女は人気占い師から、ハンカチを拾ってくれた人が運命の人だと予言されたという。女子高生、占い師、そして“運命の人”を結ぶ意外な線をホームズと片山が追う!表題作はじめ6編を収録した大人気シリーズ第35弾。 〔角川文庫〕



拒否する教室 (小学館文庫)

拒否する教室/当節怪談事情

「当節怪談事情」シリーズ

世の中、ほんとうに、こわいことばかり……。日々起きる事件、事故、人々の想像を超えた恐怖が蔓延している。恐怖の深淵を描いた“赤川ホラー”伝説の傑作待望の文庫化である。〔小学館文庫〕



恋占い (新潮文庫)

恋占い

いつも誰かに恋しては、トラブルに巻きこまれる姉、まどか。そんな姉をサポートする、しっかり&クールな妹、みゆき。ふたりは、同じ学園の中学と高校に通う、姉妹なのです。「全く世話の焼ける人!」妹はよく思う。「私、もう恋はしないわ――」姉はたまに反省する。でも、「恋してないお姉ちゃんは、お姉ちゃんらしくない」。21世紀も、恋は事件で冒険です。キュートな9つのストーリー。〔新潮文庫〕



藤色のカクテルドレス (光文社文庫)

藤色のカクテルドレス

「杉原爽香」シリーズ

杉原爽香、二十六歳の春。友人の田端将夫が社長を務めるG興産で、爽香は畠中澄江という女性に出会った。澄江は、十年前、目の前で強盗に先輩を殺され、今もその記憶に苦しんでいた。その事件は未解決となっていたが、新たな事件が発生!事態は爽香を巻き込み、急展開を見せはじめる!登場人物が読者とともに年齢を重ねる画期的シリーズ第12弾。〔光文社文庫〕



おやすみ、夢なき子 (講談社文庫)

おやすみ、夢なき子

十歳のときに行方不明になった亜紀子が、28年たって死体で発見された。友人だった朋余は、子供のころ夢を見た記憶がなく、亜紀子が失踪した日のことも思い出せなかった。事件を知ろうとするほど深まる謎、そして連続殺人。夢を見ることのなかった少女達の心に潜む恐怖の正体とは?傑作長編ミステリー。〔講談社文庫〕



スパイ失業 (ハルキ文庫)

スパイ失業

伊原ユリ、四十一歳。夫は目下入院中。中一の娘を抱え、人材派遣会社に勤めている。しかしそれは表の顔。実は彼女、ヨーロッパにある小国、ポメラニア共和国の女スパイなのだ。だが、ある日突然、共和国が消滅してしまう。ユリはその衝撃にもめげず、新入りの河本青年を従え、仕事先に向うが、途中、駅のホームで、何者かに突き飛ばされた。誰かが彼女を殺そうとしている!!謎の敵とユリの闘いが、始まった。ユーモアミステリーの傑作長篇。〔ハルキ文庫〕



サンタクロースの嘆き (双葉文庫)

サンタクロースの嘆き

別荘で幼い弟と留守番していた中学生のしのぶは、夜中に侵入した人間を誤って殺してしまった。男は大きな袋を担ぎ、まるでサンタクロースのようだったが、実は……。その事件をきっかけに事態は思わぬ方向へと進み、姉弟は命まで狙われることに!少女が大人の企みや裏切り、そしてほろ苦い恋を知る夏を描いた長編サスペンス。〔双葉文庫〕



闇に消えた花嫁 (角川文庫)

闇に消えた花嫁

「花嫁」シリーズ

待てど暮らせど花婿は来ない……。傷心の結婚式を気に病み、自殺をはかったしのぶは記憶喪失に陥ってしまう。式に参列していた亜由美と聡子は事の成り行きを案じて追っていくうちに、意外な事実を突き止める――。雲隠れした花婿の正体、非情な殺人事件を隠蔽工作する“M電工”の内実……。企業論理に呑み込まれていく人間たちの哀しさ、したたかさを縦横に描ききった表題作ほか、非行少女集団“青いバラ”から更生しようと必死で生きる少女を追った「立ち止った花嫁」の二編を収録。〔角川文庫〕



1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
三毛猫ホームズ 幽霊 三姉妹探偵団