ウォーレン・アドラー著作リスト

1974

Options

1976

Banquet Before Dawn
The Henderson Equation

1977

The Sunset Gang
Trans - Siberian Express
「シベリア横断急行」中野圭二訳 角川書店 1978

1978

The Casanova Embrace
「サンチアゴから来たスパイ」秦新二訳 集英社 1980(Playboy Books)

1979

Blood Ties

1980

Natural Enemies

1981

The War of the Roses
「ローズ家の戦争」上田公子訳 角川文庫 1990
大恋愛の末、学生結婚したジョナサンとバーバラは二人の子供に囲まれ、アンティーク趣味の家をかまえ、“理想的な家族”を演じていた。ところが、「ちょっとした事件」をきっかけに妻はおとぎ話のような結婚生活から目覚めてしまう。夫はふってわいたような離婚話に狼狽する。愛をおしみなくそそいだ“家”が兵器となって二人に襲いかかる。全面戦争の顛末は和解かカタストロフか?すべてのこれから結婚しようとする人、そしてもうしてしまった人に贈る、変貌する家族の肖像を描いた、辛辣なるブラック・コメディー。
Movie「ローズ家の戦争」THE WAR OF THE ROSES, 1989(米)
監督:ダニー・デビート、出演:マイケル・ダグラス、キャサリン・ターナー、ダニー・デビート

American Quartet

1983

American Sextet

1984

Random Hearts

ランダム・ハーツ (ハヤカワ文庫NV)

「ランダム・ハート」飯島宏訳 角川文庫 1990
「ランダム・ハーツ」春日井晶子訳 ハヤカワ文庫NV 1999
離陸直後の旅客機が、凍結したポトマック河に墜落した。やがて犠牲者のなかに、偽名を使い夫婦として搭乗した男女の存在が明らかになる。その男女の残された妻ヴィヴィアンと夫エドワードは、愛しあっていたはずの相手の不実を初めて知り、打ちのめされ、そして怒りに震えた。事故をきっかけに出会った二人は、それぞれの失われた夫婦生活に隠された真実の姿を探るうち、しだいに惹かれあってゆくが―大型映画化原作。

ランダム・ハーツ コレクターズ・エディション [DVD]

Movie「ランダム・ハーツ」Random Hearts, 1999(米)
監督:シドニー・ポラック、出演:ハリソン・フォード、クリスティン・スコット・トーマス、チャールズ・S・ダットン

1985

Twilight Child

1986

We're Holding the President Hostage
「我々は大統領を人質にしている」矢沢聖子訳 サンケイ文庫 1987
7月の夕暮れのカイロ。アラブ人テロリスト・グループが合衆国国務次官一行を襲った。が、襲撃は失敗。かわりにアメリカ人の親子マリア・マイケルズとジョーイが誘拐された。マリアはニューヨーク・マフィアのドン、パードレの一人娘だった。合衆国大統領は早速関係者を招集、事態の収拾にのりだすが、一向に進展をみない…。無能な政府に業を煮やしたパードレはついに直接行動に打って出る。部下をひきいてホワイトハウス襲撃を決定したのだ。

1990

Madeline's Miracles

1991

Private Lies

男は嘘つき、女は… (角川文庫)

「男は嘘つき、女は…」広瀬順弘訳 角川文庫 2000
ある春の雨の宵、二組の夫婦がディナーを共にしていた。一組は、コピーライターのケンと、コンサルタントのマギー。もう一組はマギーの雇い主で資産家のエリオットと、元バレリーナのキャロル。だが、初対面のはずのキャロルを見てケンは我が目を疑う。なんと、二十年前、熱烈に愛し合いながらも、互いの夢のために泣く泣く別れた恋人キャロルにそっくりなのだ。だが、目の前の女性は、年齢も出自もケンの知る彼女とは違う。おまけに彼女はケンを知っているそぶりはない。彼女は全くの別人なのか、それとも…。この夜を境に、二組の夫婦の塗り固められた嘘が、ゆっくりと劇的に剥がされていく―。

Immaculate Deception
「背信」飛田野裕子訳 福武書店 1994(MYSTERY PAPERBACKS)
恋人との休暇旅行を直前に控えた刑事フィオーナを現場に引きもどしたのは、妊娠中絶反対の立場をとる女性下院議員フランキーの死。状況は“自殺”を指し示す。ところが、フィオーナの上司エッグプラントの第六感は“他殺”を主張する。捜査を進めるうち、関係者の意外な実像が見えてくる。解剖の結果、フランキーは妊娠していたことが判明。形だけの夫婦となっていた夫からは、離婚を迫られていた。影のように付き従っていた第一秘書は、どうやらゲイらしい。政都ワシントンにうごめく人々の虚と実。愛と背信。フィオーナ自身も背信を秘めたまま、事件捜査にあたる。はたしてフランキーの恋人は誰だったのか?胎児の父親を探せば…犯人がわかる。

Senator Love

1992

The Witch of Watergate
The Housewife Blues

1994

The Ties That Bind

1995

Never Too Late for Love